表示登記

表示登記(ヒョウジトウキ)の意味・解説

表示登記とは、登記されている不動産の特定を目的に、「不動産登記の表題部になされる登記」のことです。土地については、所在、地番、地目、地積などが登記され、建物については、所在、家屋番号、種類、構造、床面積などが登記されます。

住宅を買う場合、既に表示登記がされているので、所有権移転登記(新築建物は所有権保存登記)や抵当権設定登記だけで済むケースが一般的です。一方、一戸建て等を新築する場合、表示登記も行うことになります。

所有権移転、保存登記等は司法書士が代行するのが一般的ですが、表示登記に必要な土地や建物の現況や面積の調査は、土地家屋調査士に委託するのが一般的で、登記の代行まで頼むケースも多くみられます。

表示登記(ヒョウジトウキ)に関する物件ピックアップ

表示登記(ヒョウジトウキ)に関する記事ピックアップ

  • 登録免許税|制度編お金・制度編マニュアル|SUUMO
    るケースがほとんどだ。なお、家を建てる際には建物の表示登記も必要だが、登録免許税はかからず、不動産会社などを通じて土地家屋調査士に手数料を支払えばよい。一定の要件を満たす住宅は税率が軽減される土地の売買による所有権の移転登記や、…
  • 土地権利書とは土地登記費用の相場は権利書を紛失したらどうなるの土地の売買などにかかわる登記や権利書に…
    行するのが一般的です。また、土地の概要を明確にする表示登記というのもあります。土地を売買や相続で分割する場合は「土地分筆登記」、複数の土地をひとつにまとめる場合は「土地合筆登記」、農地を宅地するなど土地の地目変更を行う場合には「…
  • 想定外の出費|SUUMO(スーモ)
    費用増築したときに床面積の変更などについて法務局に表示登記をしなければなりませんが、この場合は登録免許税はかかりません。しかし依頼する土地家屋調査士への報酬が必要です。料金は事務所によってさまざまなので、依頼する前に確認しましょ…
ページトップへ戻る