エコハウス

エコハウスの意味・解説

エコハウスとは、エコロジーハウスの略です。自然・再生可能エネルギーを、地域の気候風土や敷地の条件、暮らし方に合わせて最大限に活かしながら、無垢材や珪藻土など身近な地域にある自然素材を建材として使うことで、環境に負担をかけずに建てる家のことをいいます。環境共生住宅と、ほぼ同義語です。
エコハウスで生活すれば、エネルギー消費を抑制できるため、環境に負担をかけない(=エコロジー)のはもちろん、光熱費を抑えられる効果も得られます。このため、環境省ではエコハウスの基本的な考え方を「環境基本性能の確保」「自然・再生可能エネルギー活用」「エコライフスタイルと住まい方」「地域らしさ」の4つのテーマとして、地域の特性を十分に活かした家づくりを推奨しています。

エコハウスに関する物件ピックアップ

エコハウスに関する記事ピックアップ

  • お手ごろ価格で実現中古×リフォーム|SUUMO(スーモ)
    クロス・床・畳の金額は6畳の場合■お話を伺った方:エコハウス川口憲一さんリフォームしたい部位別にチェック!「中古購入×リフォーム」のダンドリ中古住宅を購入した後でリフォーム会社を探していては、入居までに時間がかかってしまう。購入と…
ページトップへ戻る