システムキッチンのサイズってどのくらい?目安や規格を知って自分にぴったりのキッチンをつくろう

システムキッチンのサイズってどのくらい?目安や規格を知って自分にぴったりのキッチンをつくろう

システムキッチンにはレイアウトやパーツごとに標準的なサイズがあり、それぞれのサイズの目安や規格を把握しておくことで、自分たちにぴったりの使いやすいキッチン空間を実現できる。そこで、システムキッチンメーカーのLIXILに、システムキッチンのサイズについて伺った。これから注文住宅を建てたり、リフォームを検討している人はぜひ参考にしてほしい。

システムキッチンの標準サイズとは?

サイズは奥行き65cm×間口255cm×高さ85cmが標準

システムキッチンのサイズや型は家に合わせて選択できる。ちなみに標準サイズは、奥行き65cm×間口255cm(I型)で、マンションに搭載されているシステムキッチンは概ねこのサイズ。システムキッチンのモジュール(基準寸法)は15cm単位でつくられていて、奥行きは65cmが標準だが、旧型やコンパクトサイズは60cmの場合も。
調理スペースの広さは60~90cmが目安で、狭すぎても広すぎても作業しづらいため、まな板を置いたときに物が置けるゆとりがあると良い。

システムキッチン標準サイズ
(画像提供/LIXIL)

また、キッチンの高さは85cmが主流で、キッチンを使う人や使うシーンに合わせて選ぶことが可能。高さは80~90cmの間で5cm単位になっている商品が多いが、2.5cm単位で選べるタイプもある。

壁との間口が15cm単位の幅に満たないスペースにキッチンを設置する場合は、その分をフィラーで埋めて調整する。フィラーを付けると、キッチンサイズを調整しながらすっきりとしたインテリア性の高い空間にすることができる。

システムキッチン標準サイズ
(画像提供/LIXIL)

標準的なシステムキッチンサイズにプラスして空間を広げると、よりキッチンのスペースを有効活用することも可能になる。

システムキッチン
システムキッチンの天板を標準サイズ+32cmの97cmの奥行きにし、その分の奥行きスペースには収納をつくったり、カウンターとして利用したりと、さまざまな使い方をすることができる。特にアイランドキッチンの場合にオススメだ(画像提供/LIXIL)
キッチン一体型のテーブルがつけられる商品
キッチン一体型のテーブルがつけられる商品も。ダイニングテーブルの高さで奥行きも40cmあり、下に足も入るため使いやすく、ダイニング空間もコンパクトにまとまる(画像提供/LIXIL)

システムキッチンのサイズによる価格の違い

システムキッチンはサイズごとに価格変動するが、扉の選び方や食洗機をつけると15万円前後プラスになるなど、その他のパーツなどの選び方によっても価格は大きく変動する。まずは下記の間口の広さ別の価格を参考にしながら予算感を掴もう。

<壁付I型 奥行65cmキッチンの価格比較例>
壁付I型 奥行65cmキッチンの価格比較例
間口 価格
285cm ¥899,000
270cm ¥821,000
260cm ¥821,000
255cm ¥805,000
240cm ¥790,000
225cm ¥776,000
210cm ¥760,000
※木製キャビネット(引き出し底板ステンレス)の場合
(画像提供/LIXIL)

レイアウト別のシステムキッチンのサイズ

システムキッチンは対面式I型のキッチンが主流だが、ライフスタイルなどに合わせてさまざまなレイアウトから選べるようになっている。主なレイアウトごとのキッチンサイズも参考にしてみよう。

L型 ペニンシュラキッチンのサイズ

ペニンシュラレイアウトのL型キッチンの例。奥行97cm 間口272.4cm。作業スペースが広々としていて、収納力も◎。リビングダイニングに向いて料理ができる

ペニンシュラレイアウトのL型キッチンの例
間取り図
(画像提供/LIXIL)

II型 アイランドキッチンのサイズ

アイランドレイアウトのII型キッチンの例。サイズは、アイランド型:奥行97cm、間口184.8cm+壁付I型:奥行65cm、間口184.8cm。キッチンを回遊できるので、大人数で料理をする人にオススメのレイアウトだ

アイランドレイアウトのII型キッチンの例
間取り図
(画像提供/LIXIL)

システムキッチンのパーツ別サイズの目安は?

コンロとシンクは標準サイズのものをセレクトしよう

コンロの標準サイズは間口75cmもしくは60cmで、レンジフードの間口と合わせて選ぶのが基本。将来、コンロが故障して設備機器の入れ替えが発生する可能性もあるため、メンテナンス面を考慮して、標準的な寸法のものをセレクトしておくと安心だ。

トップ間口60cmのIHコンロのサイズ感の目安
トップ間口75cmのIHコンロのサイズ感の目安(画像提供/LIXIL)

また、シンクはミドルサイズと呼ばれる76cm×40cmが標準で、どんなキッチンレイアウトにも合わせやすい。間口94cmなど調理スペースが確保しやすくなる広めのシンクなどもあるが、作業スペースやコンロとのバランスからレイアウトに制限が出る場合もあるので注意が必要だ。

標準サイズのシンク
標準サイズのシンク(画像提供/LIXIL)

レンジフードとつり戸棚の高さはそろえると◎

レンジフードのサイズは、間口90cmもしくは75cmが標準で、レンジフード下部の位置はコンロから85cmの高さに設定されている。キッチンのレイアウトによって選べるコンロのデザインも変わるので、雰囲気の違いなども参考にしよう。

壁付け型、ペニンシュラ型、アイランド型それぞれのキッチンレイアウト例
壁付け型、ペニンシュラ型、アイランド型それぞれのキッチンレイアウトによって、コーディネートするレンジフードのデザインが変わる(画像提供/LIXIL)

つり戸棚は10cm単位で高さにバリエーションがあることが多く、下部はレンジフード下の高さに合わせるとラインがきれいにそろう。マンションなどは梁を避けて低い位置にコンパクトなつり戸棚をつけるケースもある。

つり戸棚例
LDKのイメージ
つり戸棚はキッチンのデザインと統一させると、LDK全体の雰囲気もまとまる(画像提供/LIXIL)

キッチンのレイアウトを決める際のポイント

ライフスタイルに合わせてレイアウト・サイズを選ぶ

一人で作業に集中したいのか、大人数で一緒に料理を楽しみたいのかなど、キッチンの使い方によって最適なキッチンのレイアウトやサイズ感は変わってくる。まずは、キッチンでどのように過ごしたいのかしっかりイメージして、理想のキッチン空間を検討しよう。
普段キッチンを使っている中での不満点をまとめたり、手持ちの調理器具や食料ストックなどのキッチンアイテムがどのくらいあるのか確認しておくと、レイアウトやサイズ選びの参考になる。

作業動線をイメージしたレイアウトにする

キッチンでの作業動線を考慮して、キッチンのレイアウトを検討しよう。シンク・コンロ・冷蔵庫の距離のことをワークトライアングルというが、作業しやすい理想のワークトライアングルは合計360cm~660cmとされているので、シンクとコンロだけでなく、冷蔵庫の位置などもしっかり考えながらレイアウトを検討しよう。

キッチンのワークトライアングル
キッチンのワークトライアングルは、シンク、コンロ、冷蔵庫それぞれの場所へ2~3歩で移動できる距離が目安(画像提供/LIXIL)

また、配膳するときの動線、作業中スムーズに人がすれ違うことができるかなどもイメージしながらキッチンの通路の幅を決めるとよい。通路の幅は一人作業の場合は90cm、二人作業の場合は~120cmが目安。どれくらいの頻度で何人で作業するかで調整しよう。

キッチンの通路幅例
キッチンの背面にオーブンや冷蔵庫を置く場合は、扉を開けてスムーズに出し入れできるスペースが確保されているかも確認しよう(画像提供/LIXIL)

そして、自分に合ったキッチンの高さは、身長÷2+5cmを目安にすると良い。システムキッチンメーカーのショールームでは、スリッパなどを履いて実際の高さを確かめよう。

ワークトップの高さ例
ワークトップの高さが低いと姿勢が前屈みになって腰への負担が出てしまい、高過ぎると肩や腕に負担がかかるので、ラクな姿勢で調理できる高さを選ぼう(画像提供/LIXIL)
まとめ

システムキッチンのサイズは、奥行き65cm×間口255cm×高さ85cmが標準

設備機器はサイズやレイアウトによって選ぶ

使う人や使う物に合わせてスムーズな動線になるようレイアウトを選ぶ

ショールームで実物のサイズ感を確かめると◎

注文住宅の会社を探す
中古マンションを探す
中古一戸建てを探す
リフォーム会社を探す
新築マンションを探す
新築一戸建てを探す
カウンターで相談する
賃貸物件を探す
取材・文/金井さとこ
公開日 2020年07月01日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る