"20200607170214:H:0" "20200607170214:H:0" "20200607170214:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:何件くらい物件を見て購入する人が多いの?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

254 件見つかりました
  • Q
    何件くらい物件を見て購入する人が多いの?
  • A

    お客様によって、様々です。

    目処としては、10件前後を見られた上で、決められるのが一番ベストかとは思います。勿論、一生に一度のお買い物ですので、沢山の物件を見て色々とお考えになられたいとは思いますが、10件、20件、30件とご内覧される物件が多ければ多いほど、最初の方にご内覧された物件の印象や記憶がほとんど残っていない状態になります。となると、最初の方に見て気に入ってはいたが、他も見てみたいというお気持ちから、本当に気に入っていた物件が既に売れてしまっている。なんて事もざらにありますので、目処としては10件前後をお勧め致します。 ( ホームアスリート(株) )

  • A
    田中聡

    お客様によって1件から∞まで。おススメは7,8件です

    家を購入するのは、大きなご決断だと思います。せっかくですから、比較検討して納得のいく、よい物件選んでほしいです。ご夫婦、ご家族で物件3~5件見学する日を、2、3回は作られると良いと思います。見ていくと知識もつき、また、自分の好み、大事にするポイントも明確になっていきます。しかし、一方、もう何年にもわたって探しているけど、見つからない!とおっしゃるお客様もいらっしゃいます。不動産、住宅もそれぞれ良いところもあればマイナスポイントもあります。すべてにおいて100点を求めてしまうとなかなか決断できなくなってしまいます。家探しで譲れるポイント、譲れない大事にしたいポイントを明確になるといいですね。。 (担当: 田中聡 / センチュリー21(株)みのパラ )

  • A

    平均的には3~4件ですね! その中でも1件だけという方も増えています。

    一概には言えませんが、3~4件の物件を比べながら、購入物件を決める方が多いです。最近はスーモ等の不動産情報サイトでいろいろな物件を比較検討した上で、実際にご覧になる方も増えています。意中の物件を確認したらすぐ申込みされる方もいらっしゃいます。すでにインターネット上で建物の外観、室内写真等を確認して物件を絞り込んでおられるので、1物件だけ見学して申し込まれるケースも多いですね。いろいろと見学したい、という希望であれば周辺の物件をピックアップして一緒に見学できるように手配致します。もちろんのことですが、お客様から希望条件をヒアリングさせて頂き、条件に合う物件をいくつかご紹介させて頂きます♪ ( リノベ不動産 ROOM73(株)ナサホーム )

  • A

    お客様によって様々ですが、整理できる程度の数をお勧めします。

    担当させていただいたお客様などは、数年前から何10件も見ていらっしゃるお客様などもいらっしゃいます。ですが、購入を決める要素が散漫になってしまい本来の住みたい条件が薄れて混乱されている方がほとんどです。もっと良い物件が出てくると思いながら機会を逃してしまったお客様もいらっしゃいます。多くても5件程度で、それぞれの条件やメリットを整理できるのが望ましいでしょう。 ( (株)Good Luck )

  • A
    中田 直樹

    5~6件のお客様が多いです

    もちろんお客様によりますが、ご条件を絞っていきますと、おおよそ5~6件の物件に絞られてくることが多いです。その中で決められる方もいらっしゃいますし、もし良い物件が無ければ条件を変えて探されることもあります。お客様がご納得いくまでとことんお付き合い致します。 (担当: 中田 直樹 / エバーハウジング(株) )

  • A

    『2・3件見てご購入されるお客さまも増えています』

    ネット社会になっている今の時代では、スーモなどを見てある程度物件を絞った上で実際の物件を見学するというお客さまが増えています。物件によっては室内の写真なども掲載されており、「実物を見てイメージ通りだったら買ってもいいかな」というお客さまもいらっしゃいます。中には1件だけ見て買うというお客さまも。気に入った物件があれば、他にもその物件を気に入っているお客さまがいると考えて、見学した件数にこだわらずに早めに決断されることをお勧めします。気になる点は何でも早めにご相談ください。 ( (株)しんやま工務店 )

  • A
    見學 文隆

    個人差がありますが、、

    見学物件数は、個人差が非常に出ます。昨今はインターネットにほとんどの情報が載っており、一件のみのご見学でご契約されるお客様もいらっしゃいますが、5~10件程度をご見学されてご決断されるお客様が多いです。ただ、ご検討出来るエリアが広かったりされる方は比較的、見学物件数は多くなります。多くの物件をご内覧する事で、ご自身のご希望条件が明確になりますので、気になる物件はご参考までに実際にご見学される事をお勧め致します! (担当: 見學 文隆 / (株)イエストア )

  • A
    目片 翔

    平均で3~5件くらいです。

    お客様によっては、1件で即決される方もいれば10件程見ても決まらない方もいらっしゃいます。弊社ではお客様からお伺いした希望条件に合う物件をお探してご提案させて頂きます。お探しのエリアや物件によって数が少ない場合やたくさん見比べれる事もありますのでご条件によって内覧できる物件も変わってきます。 (担当: 目片 翔 / イエステーション(株)高栄ホーム )

  • A

    人によってそれぞれだと思います。

    人によっては1件、2件見て決断される方もおられますが、皆様、だいたい3件~5件程見学されます。同等条件の物件比較をするのに、十分な件数です。あまり見過ぎても、何を基準に決めて良いか判断が付かなくなってきますので、ご相談の段階で条件を明確にし、数を絞って見学される事をおススメします。 (担当:小村 貴弘 / (株)ハウスコミュニケーション緑橋営業センター )

  • A
    稲津 涼麻

    平均5件です。

    不動産情報サイト事業者連絡協議会という不動産インターネット媒体を統括している協議会によれば、平均で5件問い合わせをしたというアンケート結果です。(2019年調べ) 当店のお客様でも物件の相場観や利便性、間取りなど見比べるのには4~5件ほどピックアップされる方が多いです。あくまで平均的な数ですので、皆様が納得して購入することが一番大切だと考えております。 (担当: 稲津 涼麻 / ハウスドゥ!大津際川店(株)アリスエージェンシー )

  • A
    尾澤 祐治

    最近は二極化が進行しています。

    昔は6~8件ぐらいの物件を見て決めるケースが多かったのですが、最近はネットで事前に情報収集し、実際に見に行くのは最終確認程度と極めて見学件数の少ないお客様と、希望エリアのすべての物件を見て回りたいと、20件近くの物件を見学されるお客様の二極化が進行しております。どちらにせよ、お客様ご自身で「納得いく」決断が出来るようにサポートいたします。 (担当: 尾澤 祐治 / LIXIL不動産ショップ(株)ピアライフ )

  • A
    奈良平 稔

    1~3件で決める方から、10件以上見られる方まで様々です。

    当社にてご契約のお客様はおよそ80%が3~6件でご契約されておられます。ですがなかには1件目で決められる方もおられますし、10件以上見てから決められる方もおられます。内見数に目安はあっても正解はありません。当社において少ない内見数で契約に至るには理由があります。【資金計画】【ヒアリング】【物件精査】に時間を使い注力しているからです。これにより【予算内で】【希望に当てはまった】【無理なく買える】物件のみをピンポイントでご紹介しています。不必要と思われる内見や希望に沿わない物件のご紹介を控え、お客様の大切なお時間を【価値ある有意義な時間】となるように心掛け日々応対させて頂いております。 (担当: 奈良平 稔 / ―おうちの専門家― 住sumika家 (株)エム・クリエイティング・ジャパン )

  • A

    ご納得いただけるまで、何件でもご内覧ください!

    弊社でご案内させていただく場合、平均的に3~5件ほどご内覧いただくお客様が多い傾向です。ご希望の条件にできる限り寄り添った物件をご紹介できるよう努めておりますが、万が一ご満足いただけない場合には、ご納得いただけるまで、何件でもご内覧いただきたいと思っております。一生のうちで、そう何度も経験することのない住まい探しだからこそ、心からご満足していただきたいと思っております。 ( (株)KNiiiZ )

  • A
    梅木 講平

    お客様の求めるニーズにより異なります。

    最近はあまり物件の数をご覧にならない方が増えている傾向にあるようです。某大手情報誌のアンケート調査によると、購入するまでの物件見学数は平均5件程度だそうです。現在はインターネットという情報源があり、お客様は事前にポータルサイト等で沢山の情報を収集されてから、実際にご見学にいらっしゃるケースが多くなったみたいです。 (担当: 梅木 講平 / (株)PROUD ONE )

  • A
    前田 淳和

    お客様によって様々ですが、3~6件で判断される方が多いです

    しかし不動産は大きな買物!納得するまで何物件でも見てください。お客様の中には「沢山見すぎて、疲れました!」という方も多いのが実情です。弊社では希望やニーズを充分に話し合った上でご見学に行きますので、平均的には5件くらいですが、お住まい探しはご縁的なものもありますので、希望の物件に出会うまで何回でもお付き合いさせて頂きたいと考えております。 (担当: 前田 淳和 / (株)ウィズホーム )

  • A

    『5件~10件くらい内覧して購入されているお客様が多いかと思います』

    近年ではインターネットなどの普及により不動産情報を簡単に入手しやすく、またより詳細な情報を提供できています。昔はインターネットも普及していなかったので数多くの物件を見て判断頂いていたかと思いますが、今は求めた情報がより収集しやすい時代ですので内覧物件も減少傾向にあります。 ( (株)福屋不動産販売塚口店 )

  • A
    太田 博之

    何件くらい物件を見学してご購入される方が多いか

    一般的には10件まで程度が平均になろうかと思います。勿論、お探しの市場や条件に比較可能な物件が多くあるか、あり得るか、というところに左右されます。ご希望条件の物件がすぐに見つかる場合もありますが、当店では件数にこだわらず、ご希望の物件が見つかるまでサポートさせて頂きますのでご安心下さいませ。 (担当: 太田 博之 / (株)福屋不動産販売京都桂店 )

  • A
    曽根 祐貴

    答えがわかりません・・・(*^_^*)

    物件購入までに物件を何件見るのか!?答えは、お客様によって様々です。それこそ10件以上物件を見るお客様もいらっしゃいますし、1件だけ見て物件を購入されるお客様もいらっしゃいます。ですが、物件を購入される方に共通して言えるのは、物件購入のタイミングを逃さない方が多いことです。人生の中でも大きな買い物の一つですので、他にもっと良い物件がないか気になるところですが、ご希望が120%叶う物件に出会うことは、本当に稀です・・・。ご希望に100%近い物件に出会ったとき、そのタイミングがまさに物件購入のタイミングです。そのタイミングさえ逃さなければ、物件を見る件数はあまり気にならないポイントかと思います。 (担当: 曽根 祐貴 / エイブルネットワーク都島店(株)オルイエ )

  • A
    高橋 信之

    少ない方は1件で即決、多い方は数十件見て数カ月検討と様々です

    1件だけ見て購入される方も少なくないですが、当社としては少なくても4、5件は比較検討頂くようにオススメさせて頂いております。ただ、人気の物件は他のお客様も検討されていることが多いので、悠長にしていると終了してしまうケースもございます。目を変えてと言うことで、ご家族皆様やご両親や親族の方などと一緒にご見学頂くケースが多いように思います。見れば見るほど目は養われていきますので、物件に詳しくなるという点ではいいと思いますが、タイミングを逃しあの時の物件を購入しておけば良かったと後悔されるお客様はたくさん見てきました。 (担当: 高橋 信之 / センチュリー21T&M DOUBLE NINE DELUXE合同会社北野田店 )

  • A
    紙谷 一徳

    3件~5件くらいご見学される方が多いです!

    見すぎるのも逆効果。逆に決めれなくなります。何が自分にとって良い物件なのか基準をつくり、ライフプランで予算計算した上で、物件を絞って見に行きましょう。大きな買い物です「雰囲気がいい」だけでは決断できません!後で、やっぱりあの物件買っとけば良かったとならないよう、きちんと決断が出来るように、何が自分にとって良い物件なのか基準を理解して見学に行くことが大切です。   (担当: 紙谷 一徳 / (株)ワイズワンホーム )

  • A

    内覧の基準は・・・。

    人それぞれになりますが、検討するとなると記憶していかないといけませんので、限界は3件から5件だと考えます。あまり多くの物件を見すぎてしまうと、一長一短ある不動産の選択肢の中で迷宮入りしてしまう可能性が高くなります。 ( (株)福屋不動産販売高砂店 )

254 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

何件くらい物件を見て購入する人が多いの?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 土地 > 土地 関西 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
土地を探すなら|SUUMO(スーモ)土地
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。