横浜で家族が増え、部屋数が足りないとお困りの方へ

こんにちは!

土屋ホームトピアです。

 

さて今回は「 部屋数が足りない~ 」のテーマです。

設計担当が少し悩んでしまうのが、子供が増えたので部屋数が足りない・・・。

片親になって同居することになり部屋数が足りなくなって・・・。

と「 部屋数が足りない 」ときのご相談です。

f:id:hometopia:20200307094923j:plain

 

横浜では土地の広さの関係もあり、

増築ができなかったりということもあります。

さらにマンションは増築や小屋裏利用もできないのでとても悩みます。

そこで弊社のプランナーたちのアイディアから

3つの事例についてご紹介させていただきます。

 

1.マンションでもできるミドルロフト

 

部屋数が足りなくなったとき、もう1つ考えることは、

お子さんが独立などすると、家族数が減りますので、

その後の事も考えながらの事例のご紹介になります。

部屋数を増やすときの一般的な考え方は、

2つある部屋を3つにするなど、いくつかの部屋を

改築するパターンが多いのですが、今回は1つの部屋で

2人分の寝室確保の事例です。

6畳のお部屋に1.5畳の収納があるお部屋を2人分の寝室にします。

1.5畳の収納を撤去して7.5畳のお部屋にして

下記写真のミドルロフトをつくります。

 

f:id:hometopia:20200307094559j:plain

 

上がベッドで下がクローゼットと収納の事例となります。

お子さんが同性の場合などの場合は

下図のように左右にミドルロフト。

 

f:id:hometopia:20200307094618j:plain

 

又は2段ベットのようにミドルロフトをつくり

間仕切りにしてしまう方法。

 

f:id:hometopia:20200307094632j:plain

 

たくさんの部屋を改築して部屋数を確保すると、

たくさんの費用が掛かりますが、この方法ですと

1部屋分の改築ですみます。

 

2.LDKの一部を寝室に

 

次にご紹介する事例は、高齢になった親の寝室を

LDKの一部に作った事例となります。

将来的な介護も楽にできる事例となります。

 

f:id:hometopia:20200307094655j:plain

 

リビングから見ると

f:id:hometopia:20200307094710j:plain

 

他の事例でリビングのTV上に、ご夫妻の寝室用の

ミドルロフトをつくった事例(戸建て2世帯事例)

 

f:id:hometopia:20200307094725j:plain

 

3.使っていない和室を利用する

 

使っていない和室を寝室にした事例ですが、

和室を完全な寝室とするとLDKが狭く感じてしまうため、

日中は解放できるように、さらに収納量を増やすために

小上がりにして畳の下を収納にした事例です。

小上がりですので普段はソファのように座ることもでき

とても好評です。

 f:id:hometopia:20200307094740j:plain

 

f:id:hometopia:20200307094751j:plain

4.部屋数を増やす方法のまとめ

 

マンションでは1番のミドルロフトの提案が喜ばれています。

お部屋やLDKなどでも応用ができます。

また2.3番のようにLDKや和室を利用したプランは

戸建ての方にもマンションの方にも好評です。

f:id:hometopia:20200307094840j:plain

 

1つの1つの部屋を狭くして部屋数を増やす方法も

ありますが、空間を利用する、平面で考えるのではなく

立体的に考えると色々な工夫ができるかと思いますので、

気軽にご相談いただければと思います。

 

 

この記事を投稿した会社について詳しく知る

https://suumo.jp/remodel/ki_0001408/?ar=030

 

ー 記事を投稿した店舗 -

◆店舗名:土屋ホームトピア

◆施工可能エリア:東京、神奈川、京都、兵庫、福岡 全国(一部エリアを除く)

◆会社・店舗ページ:https://suumo.jp/remodel/ki_0001408/?ar=030

◆IP電話(無料):0120-093-033

◆会社概要

 【定休日】水曜日

【営業時間】9:00~18:00