給湯器の基礎知識

 

キッチンや浴槽のお湯をつくる給湯器は、ガスを熱源としたもの、電気温水器、省エネ性が高いエコキュート、エコウィル、エネファームなど選択肢が広がっている。

 

ガスふろ給湯器の基礎知識

保温や追い焚き、足し湯など多機能になった

従来から広く普及しているガスふろ給湯器。

20号か24号の出湯能力(水温+25℃上昇したお湯を1分間に20~24リットル出湯可能)で、屋外の壁掛け式タイプが一般的だ。自動でお風呂のお湯張り、保温、追い焚き、足し湯などができ、操作は浴室とキッチンにつけるリモコンの操作盤で行う。

リモコンの表示は詳細で、省エネに取り組みやすい。近年では、ガス使用量を抑えてCO2を削減し節約効果もある高効率型のエコジョーズの普及が進んでいる。

 

【選び方のポイント】号数と機能を確認。自家発電の新しいシステムもチェック

号数はどれだけのお湯が使えるかの目安になり、シャワーと洗面室、キッチンで同時使用が可能なのが20号以上だ。4〜5人家族では24号を選ぶケースが多い。お風呂沸かしの機能は、フルオートとオートがあり、違いは、自動で足し湯ができるかどうか。

また、最近ではガスを使い自宅で電気を生み出しながら、そのときに発生する熱で給湯を行うシステムが登場し注目を集めている。エネファームやエコウィルと呼ばれる商品だ。エネファームは、国や自治体の補助金を活用できる。

 

電気温水器・エコキュートの基礎知識

深夜電力利用の電気温水器、ヒートポンプ式のタイプも

電気温水器はタンク内のヒーターでお湯を沸かす。深夜電力など安い電気を使って沸かし、蓄えて昼間使えるのが魅力。エコキュートは、お湯づくりをエネルギー効率の高いヒートポンプ式で行うというもの。空気の熱を利用するもので、省エネルギー性能の高さが注目されている

 

【選び方のポイント】タンク容量と省エネ性にどこまでこだわるか

電気温水器は3~5人家族では370L、それ以上の人数だと460Lのタンク容量を選ぶのが一般的。設置には電力会社との深夜電力契約が必要になる。

近年では、空気の熱を利用してお湯を沸かすエコキュートが普及。給湯以外に床暖房や浴室の暖房・乾燥もできる多機能タイプもある。さらに軽量、コンパクトで価格を抑えたネオキュートも誕生しており少人数家庭にオススメだ。

 

住まいの設備を選ぶ本(2016年春 1月26日発行)掲載

 

文/川成亜紀