システムキッチンの基礎知識

 

主婦の関心度が高いキッチン。ダイニングやリビングの間取りプランを考えたり、キッチンレイアウトや収納やシンクなどの機能性、手入れのしやすさなどをチェックしよう。

 

システムキッチンの基礎知識

 

好みや必要に応じて素材やビルトイン機器を選べる

システムキッチンは、キャビネットやビルトインタイプの設備機器の上部に、継ぎ目のない天板を組み合わせたもの。キャビネットのサイズは数種類あり、隙間を調整するカバー部材も用意されていて、キッチンのレイアウトパターンに合わせどんな空間にもほぼぴったりと収められる。扉の素材や色、デザインのバリエーション、設備機器の種類も豊富で選択肢は広い。

 

【選び方のポイント1】オープンかクローズドか、対面式か壁付けか。キッチンのスタイルを決める

キッチンは、ダイニング空間とのつなげ方によってオープン、セミオープン、クローズドといったスタイルに分けられる。その中で、キッチンセットをI型、Ⅱ型、L型、U型、アイランド型など、どんなレイアウトにするかを決めるのが一般的な手順だ。

 

キッチンのスタイル

■クローズド型

キッチンセットの前後に壁があり、ダイニングが別室になっている。煙や作業の音が流れにくい

 

■セミオープン型

ダイニングに向かった壁が部分的にオープンになっている。作業しながら会話も楽しめる

 

■オープン型

ダイニング側には壁も吊戸棚もなく、フルオープンになっており開放的。現在は最も人気

 

キッチンのレイアウトパターン

■I型

■Ⅱ型

■L型

■U型

■アイランド型

■ペニンシュラ型

 

選択のポイントは、キッチンの広さと、キッチンに主に立つ人がどう作業をしたいかによる。キッチン空間だけ別にとるスペースの余裕がない、または家族と一緒に調理や片づけをしたい場合は、ダイニングと同一空間に設けるオープンスタイルがオススメ。最近では、アイランド型のカウンターを広めにとったプランが人気だ。作業の手元だけは隠したいという場合は、吊り戸棚などでダイニング間の一部を隠すセミオープンに。作業は集中して行うのが習慣、といった家庭では、クローズド型が適している。

 

【選び方のポイント2】収納やシンク、天板などのパーツは機能性と使い勝手のよさを考慮する

パーツは、使い勝手のよさを考えて選ぶことが大切になる。例えば収納。シンク下のフロアキャビネットは、現在では引き出し式が主流で、奥のほうまで見渡しやすく出し入れもしやすい。高さのある物や鍋を重ねて入れたい場合は、従来の開き戸式を選択するとよい。吊り戸棚は、あまり高い位置にあると使いにくい。そこで天井から頭の位置までのロングタイプや、昇降式の戸棚を利用しよう。安全面は、耐震ラッチなどを備えているかもポイント。

天板はステンレスと人造大理石の2種類が一般的。いずれも機能的なことに違いはないが、ステンレスのほうが汚れ落ちもよく、より耐久性に優れる。人造大理石は質感が美しく、キッチンのインテリア性を重視したい人向きだ。

シンクはステンレスや樹脂素材がある。奥行きが50cm前後の広いものが標準で、このサイズだと中華鍋や大皿が洗いやすい。最近では、水道水の水ハネの音を低減する機能も登場。リビングとつながるオープンキッチンなどで、作業中の音が気になるという家庭では、ぜひチェックしておこう。

 

【選び方のポイント3】手入れのしやすさも要チェック

水栓金具は、いくつかの種類があるが、最近のシンクは大型化しており、その分、内部の清掃に手間がかかる。引き出して隅々まで洗えるホース式のシャワータイプを選ぶと便利だ。キッチンの扉材も、汚れの落としやすさがポイントに。光沢のある鏡面仕上げで、かつ凹凸の少ないデザインだと、汚れがつきにくく埃もたまりにくい。淡い色では汚れが目立つので、掃除をまめにする習慣もつく。壁材にも留意を。最近はパネル素材のものが一般的になっており、表面がツルツルして、簡単な拭き掃除できれいになる。

 

【選び方のポイント4】価格が変わるポイントを知り、予算に合った選択を

キッチンはシンクと吊り戸棚、ガスレンジ、レンジフードのついたセットで基本価格が設定され、扉や天板、収納部材を変更したり、設備機器を加えていくことで価格が変わる。中でも扉材は種類が多く、どれを選ぶかで価格に大きく差が出る。ちなみに新築時の、キッチンのトータルの購入金額は、リクルートの調査では、平均すると148.5万円という結果が出ている。

 

住まいの設備を選ぶ本(2016年春 1月26日発行)掲載

 

文/川成亜紀