"20240414232149:H:0" "20240414232149:H:0" "20240414232149:H:0"
ブランズシティ千葉ニュータウン中央 (取材レポート)

ブランズシティ千葉ニュータウン中央 (取材レポート)

価格未定
3LDK | 70.58m2~83.82m2 | 北総線「千葉ニュータウン中央」歩6分
SUUMO(スーモ)新築マンションのブランズシティ千葉ニュータウン中央の取材レポート情報です。

住宅専門家が考察【進化する「千葉ニュータウン」に住む魅力】

〈ブランズシティ千葉ニュータウン中央〉物件エントリー受付中

物件の詳細情報の提供には物件エントリーが必要です。エントリー頂いた方には、最新情報をいち早くお知らせいたします。「資料請求」ボタンより物件エントリーをお願い致します。(画像は外観完成予想CG)

簡単!約2分で完了
簡単!約2分で完了 以前にもチェックした物件です。まずは気軽に資料請求をしてみよう!
1
行政・文化・商業施設が集積、タウンセンターとして発展を続ける『千葉ニュータウン』
東京都心と羽田・成田に直結する“地の利の良さ”を活かし、近年は国内外の企業が進出
  • 日本が高度経済成長期に突入した昭和40年代、都市部の人口過密を解消し、都市近郊に新しい市街地をつくる目的で、全国の大都市圏では鉄道整備を伴うニュータウン開発が推進されました。千葉ニュータウンは多摩・港北に並ぶ大規模ニュータウンの1つ。中でも行政・文化・商業施設など多彩な都市機能が集積し、

  • 地域の中核を担うタウンセンターに位置付けられているのが『千葉ニュータウン中央』エリアです。近年は東京都心と羽田~成田の両空港に直結する地の利の良さが評価され、大手企業のデータセンターをはじめとする国内外の企業誘致に成功。発展への期待値が高まるグローバルタウンとしても注目を集めています。(※1)

ブランズシティ千葉ニュータウン中央の取材レポート画像
エリア概念図
“空の広さ”を感じるのびやかな街並み、計画的な街区設計がもたらす心地良さを実感
計画的な街区設計により完成した美しい街並み
千葉ニュータウン中央駅周辺(約550m)にて2024年1月撮影
  • 地下共同溝・無電柱化による防災構造のまち

    千葉ニュータウン中央駅の階下には、北総線の線路と北千葉道路を集約した通称“100m道路”が通っており、駅を中心に住宅・教育・公園・商業街区がバランスよく配置されています。この計画的な街区設計によって完成したのが、美しくのびやかな街並み。主要交通幹線を掘割構造(半地下)にすることで、地上面では歩行者優先の広々とした歩道を確保。電気・通信ケーブル、水道管を地下共同溝に埋設して無電柱化を進め、災害時もライフラインを確保しやすい防災構造のまちづくりが行われています。また、現地周辺は関東ローム層が堆肥する下総台地上に位置し、高台にありながらも地形はフラット。世代を問わず安心快適に暮らすことができそうです。

  • 財政力豊かな印西市、子育て支援策も充実

    本物件が誕生するのは、印西市中央南2丁目。印西市といえば積極的な企業誘致が税収増加につながっており、自治体の財政バランスを示す「財政力指数」は1.04と高い数値に(全国平均0.50)(※2)。その豊かな税収は子育て支援にも活かされ、2023年8月からは「医療費助成」を高校生世代まで延長。子どもの見守りや買物代行を依頼できる「子育てヘルプサービス」が実施されるなど、手厚いサポート体制が注目を集めています。

    このように行政支援が充実した環境なら、多忙な子育て期も心身のゆとりを維持しやすくなるほか、仕事と子育てのスムーズな両立によって世帯収入アップを図ることも可能。豊かな家族生活を育む暮らしの場となるでしょう。

2
東京・秋葉原・新橋など、都心の主要ビッグターミナルまで1時間以内でアクセス可能
乗り入れ路線が多く、乗り換えなしの直結エリアが首都圏広域に広がる北総線の利便性
  • ブランズシティ千葉ニュータウン中央の取材レポート画像
    アクセス概念図
    • ブランズシティ千葉ニュータウン中央の取材レポート画像
      日本橋へ直通44分
    • ブランズシティ千葉ニュータウン中央の取材レポート画像
      新橋へ直通50分
羽田・成田両空港へのアクセスも便利

成田スカイアクセスで『成田空港』へ23分、エアポート快特で『羽田空港』へ85分。首都圏の空の玄関口である2つの空港へ乗り換えなしで直結する(画像/成田国際空港)

長年首都圏で暮らしていても「北総線がどこを通っているのかよくわからない」という方も多いのではないでしょうか?北総線は『京成高砂』から『印旛日本医大』を結ぶ千葉ニュータウンの通勤路線ですが、実は相互運転を行う乗り入れ路線が多く、京成本線・京成押上線・都営浅草線・京急本線を経由することで、直通エリアは広域に広がります。

本物件最寄りの『千葉ニュータウン中央』駅は、普通・特急・アクセス特急のすべての列車が停車する北総線の主要駅。上野から成田空港へ直結する「成田スカイアクセス線」や、羽田~成田の両空港を結ぶ「エアポート快特」も停車するため、出張や旅行の際も乗り換えなしで軽快に移動できます。

■日本橋まで44分で直結
都営浅草線に接続するアクセス特急を利用すれば『日本橋』へ44分、『新橋』へ50分、『品川』へ58分と、都心主要駅まで乗り換えなしで直結。また、『東京』『上野』『秋葉原』などのビッグターミナルにも1時間以内で到着でき、意外にも“都心への近さ”を実感できます。

なお、都市近郊立地の駅では「通過待ちのストレスがないこと」「都心までスピーディに直結すること」が駅力評価を高める上で重要な条件となりますから、この点も『千葉ニュータウン中央』駅の特筆すべき強みと言えます。

「運賃が高い」と言われ続けた北総線、遂に2022年から15.4%の値下げを実施
2022年10月から値下げされた北総線の運賃
  • 通学定期は半年で5万円以上の大幅値下げ

    北総線といえば、1979年の開業当初から路線建設の膨大な債務を抱え「運賃が高い路線」と言われ続けてきました。しかしそれは過去の話。2022年10月から、累積赤字解消の目途が立ったとして「15.4%の運賃値下げ」が実施されたのです。初乗り運賃は210円から190円となり、ICカード利用の値下げ幅は最大で105円。通学定期はなんと64.7%の値下げ率で、6か月定期は5万円以上の大幅減額となりました(※3)。この料金改定を受けて「北総線沿線の利便性が改めて見直されるようになった」という点は注目すべきポイント。沿線の住まいニーズは今後さらに高まりそうです。

  • 北総線沿線には休日レジャースポットも充実

    千葉ニュータウンは船橋市~白井市~印西市の3市に広がっており、北総線沿線では『西白井』から『印旛日本医大』までがニュータウン地域に該当します。この沿線周辺は利根川や印旛沼といった水資源にも恵まれ、豊かな自然環境が残るエリア。そのため、千葉ニュータウンでは緑のネットワークを保護する目的で、タウン全体の約10%を公園・緑地として整備し、地域本来の生態系を守っています。

    タウン内にはバーベキューガーデンやドッグランのある『北総花の丘公園』をはじめ、キャンプ場やゴルフ場も充実。都心直結の利便性だけでなく、休日レジャーの楽しみが広がる点も、北総線沿線生活の魅力です。

3
日常の用事がご近所で完結&“敷地内駐車場100%”だから近隣施設へはマイカーで
深夜0時まで営業の商業施設に隣接、関東有数の売り場面積を誇るイオンモールも徒歩圏
  • ブランズシティ千葉ニュータウン中央の取材レポート画像
    北総花の丘公園(徒歩9分/約680m)
    • ブランズシティ千葉ニュータウン中央の取材レポート画像
      イオンモール千葉ニュータウン(徒歩9分/約660m)
    • ブランズシティ千葉ニュータウン中央の取材レポート画像
      ベルク フォルテ千葉ニュータウン店(徒歩2分/約130m)
住宅専門家 福岡 由美氏

「ヒューズ・エンタープライズ」代表。東京・名古屋を拠点に住宅専門誌・住宅情報サイト等で執筆。FP技能士・住宅ローンアドバイザー(現地より約900mにて撮影)

本物件の現地はもともと温浴施設があった場所で、西側には土日祝日も窓口営業を行う「印西郵便局」が。東側には2021年にオープンしたばかりの新しい商業施設「フォルテ千葉ニュータウン」があり、スーパーのほか、100円ショップやドラッグストア、学習塾、クリニックも隣接しています。中でも、スーパーの「ベルク」は深夜0時まで営業しているため、コンビニ感覚で気軽に利用可能。品揃え豊富なスーパーが“すぐ隣”にあれば、いつでも買い物できる安心感から無駄な買い貯めを防ぐことができ、冷蔵庫や収納の省スペースにもつながりそうです。

■イオンモール・イオンシネマへ徒歩9分
普段の生活用品の買い物はフォルテが便利ですが、家族で映画や食事を楽しみたい時は、駅北口にあるイオンがオススメ。2006年に誕生した「イオンモール千葉ニュータウン」は、モール棟・シネマスポーツ棟・エンジョイライフ棟と次々に増床を重ねており、売り場面積は約7万9000m2と関東有数の広さ。生鮮食料品からファッション、コスメ、家電、シネマコンプレックスまで約180店舗の専門店が揃っているため、日常の主な用事はイオンモールの中で完結します(※4)。このタイムパフォーマンスの良さも、駅×大型商業×住宅街区がコンパクトに近接している『千葉ニュータウン』ならではの暮らしの快適さと言えます。

駅に近い立地ながら“敷地内駐車場100%”、近隣の大型商業施設へマイカーでお買い物
  • ブランズシティ千葉ニュータウン中央の取材レポート画像
    ビッグホップ ガーデンモール 印西(約5,100m)
    • ブランズシティ千葉ニュータウン中央の取材レポート画像
      ジョイフル本田(約4600m)
    • ブランズシティ千葉ニュータウン中央の取材レポート画像
      キャンプガーデン印西(約4,400m)
大塚前公園(徒歩11分/約850m)

駅前にある「大塚前公園」では、子ども神輿が登場する夏祭りが毎年開催されるなど、地元の季節行事も充実。

一般的に、駅に近い便利な立地のマンションでは、駐車場台数が制限されることも多いのですが、本物件ではゆとりをもたせた配棟計画により、敷地内に全戸分駐車場をすべて“自走式”で確保。エントランスには、乗降や荷物の積み下ろしに便利な「車寄せ」を配置するなど、快適なマイカーライフをサポートする設計になっています。

北総線沿線には多彩な大型商業施設が集積しているためマイカーショッピングの楽しみも広がります。特に、親子連れから人気を集めているのは「ビッグホップ ガーデンモール 印西」。観覧車や屋内動物園、室内遊園地などのキッズスペースが充実しており、長雨のシーズンも元気に遊ぶことができます。また、低価格&大容量の「コストコ」や、アウトドア用品の品揃えに定評がある人気ホームセンター「ジョイフル本田」は、「キャンプガーデン印西」へオートキャンプに出かける時の買い出しに便利。キャンプ準備のワクワク感も、子どもたちにとって楽しい体験になりそうです。

ショッピングも、レジャーも、イベントも…「休日の楽しみの選択肢」が広がるウェルネスな住環境こそ本物件最大の魅力であり、家族の“心身の豊かさ”を育む生活ステージとなるでしょう。

〈ブランズシティ千葉ニュータウン中央〉物件エントリー受付中

物件の詳細情報の提供には物件エントリーが必要です。エントリー頂いた方には、最新情報をいち早くお知らせいたします。「資料請求」ボタンより物件エントリーをお願い致します。(画像は外観完成予想CG)

簡単!約2分で完了
簡単!約2分で完了 以前にもチェックした物件です。まずは気軽に資料請求をしてみよう!

(※1)千葉ニュータウンオフィシャルガイドより(※2)千葉県 令和3(2021)年度 財政状況資料集(令和5(2023)年10月25日)(※3)北総鉄道株式会社ニュースリリース(2021年11月19日)(※4)イオンモール株式会社/イオンモール千葉ニュータウンニュースリリース(2015年9月17日)

※掲載のエリア概念図は地図を基に千葉ニュータウン中央駅エリアと印西牧の原駅エリアを概念的に表現したもので、周辺建物等及び一部道路は省略しております。また各施設等の距離は実際とは多少異なります。※掲載の環境写真は2023年10月に撮影したものです。周辺環境は将来にわたり保証されるものではございません。※掲載のアクセス概念図は地図等を基に概念的に表現したもので位置、距離等は実際とは多少異なります。※掲載の所要時間は通勤時、( )は日中平常時のもので時間帯により異なります。また、乗り換え・待ち時間を含みます。通勤時は7:30~9:00、日中平常時は11:00~16:00に目的地に到着する最多本数の時間帯の所要時間を表記しています。2023年5月時点のダイヤによるものです。「ジョルダン」調べ。※「成田空港」駅へ23分(22分)京成成田スカイアクセス線アクセス特急利用直通、「日暮里」駅へ40分(37分) 北総線特急利用、「京成高砂」駅にて京成本線通勤特急乗り換え(京成成田スカイアクセス線アクセス特急利用、「青砥」駅にて京成本線快速特急乗り換え)、「日本橋」駅へ44分(42分)・「新橋」駅へ50分(46分) 京成成田スカイアクセス線アクセス特急利用直通、「品川」駅へ58分(56分) 京成成田スカイアクセス線アクセス特急利用、「泉岳寺」駅にて京急本線特急乗り換え(京成成田スカイアクセス線アクセス特急利用直通)、「羽田空港第1・第2ターミナル」駅85分(72分) 京成成田スカイアクセス線アクセス特急利用、「三田」駅にて都営浅草線快特乗り換え(京成成田スカイアクセス線アクセス特急利用直通)※印西郵便局(約130m/徒歩2分)、コストコホールセール千葉ニュータウン倉庫店(約2,020m)、ジョイフル本田 千葉ニュータウン店(約4,600m)

【この物件広告についての注釈】

※価格は物件の代金総額を表示しています。消費税が課税される場合は税込み価格を表示しており、10000円未満を切り上げている場合があります。

※住戸別の価格(帯)表記については、そのタイプに含まれるすべての住戸の情報を掲載していない場合があります。住戸タイプと各住戸の価格帯表記について、単位(1000万円・100万円・10万円)が異なる場合があります。

※「モデルルーム」とは、間取りや仕様・設備などを知ることができる施設全般を指し、それらの一部のみ展示している「サンプルルーム」や「ギャラリー」、「インフォメーションセンター」なども含みます。

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。

ブランズシティ千葉ニュータウン中央 物件概要

所在地
千葉県印西市中央南2-3-2(地番)
地図を見る
交通 北総線「千葉ニュータウン中央」歩6分 総戸数 401戸
間取り 3LDK 専有面積 70.58m2~83.82m2
価格
未定
引渡可能時期 2026年3月下旬予定
販売スケジュール 販売開始予定 2024年9月中旬

情報更新日:2024/4/10

お問い合わせ先

<ブランズシティ千葉ニュータウン中央>販売準備室

0120-109-163 無料

お問合せの際は『SUUMO(スーモ)を見て』とお伝えいただくとスムーズです。

営業時間:10:00AM~6:00PM

定休日:毎週水・木曜日および第1~第3火曜日(祝日除く)

【67729827】ブランズシティ千葉ニュータウン中央
他の物件も見てみる!

あなたにオススメの物件

条件を変更して物件を探す

ページトップへ戻る
簡単!約2分で完了
以前にもチェックした物件です 簡単!約2分で完了 まずは気軽に資料請求をしてみよう!