"20200531040157:H:0" "20200531040157:H:0" "20200531040157:H:0"

不動産会社ガイド

日鉄興和不動産

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

日鉄興和不動産

同社が手掛けた東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅直結の大規模複合ビル「赤坂インターシティAIR」(2017年8月竣工)。本社も同ビルに構える

多様化するニーズに対応するため日々研究・
開発を重ね、新しい発想の住まいを創造する

 日鉄興和不動産は、みずほグループと日本製鉄グループとの強固なパイプを基盤に、ビル事業と住宅事業というストック事業とフロー事業を両輪にバランスのとれたポートフォリオを持つ総合デベロッパーだ。ビル事業ではオフィスビルの《インターシティ》シリーズ、住宅事業では《リビオ》《リビオレゾン》《グランリビオ》に代表される分譲マンションの開発や老朽化マンションの建て替え、市街地再開発など幅広いノウハウを有する。
 同社の住まいづくりの思想は「Quality(品質)」「Value(価値)」「Creative(創造)」である。品質については、設計・施工段階からアフターサービスまで自社直営の一貫体制をしき、価値・創造については、環境や美観に優れたデザインからコミュニティ形成まで視野にいれた「永続する価値のある住まい」を提供する。
 顧客の声を基にした「新しい住まいの創造」にも積極的だ。2019年にはミレニアル世代(単身向け)向けの新商品を開発。コンパクト間取りのパイオニアとして、業界でも注目されている。今回、代表取締役社長の今泉氏に、同社の「Value(価値)」を語ってもらった。 

【Value(価値)】総合デベロッパーとしての幅広いノウハウを活用

日鉄興和不動産株式会社
代表取締役社長 今泉 泰彦(いまいずみ やすひこ) 氏

1980年 東京大学経済学部卒 日本興業銀行入行。2013年 みずほフィナンシャルグループ副社長執行役員。2018年 新日鉄興和不動産副社長を経て、2019年4月より現職

――マンションの分譲戸数が減少に転じてきていますが、御社は今後どのようなポジションを目指されるのでしょうか。

 「新築マンションマーケットは中長期的な観点から、少子高齢化などの影響により縮小傾向が続くと予想されます。そのようななかでお客様に選ばれるデベロッパーとなるには、当社のさらなる存在感の発揮が求められると考えます。当社の強みは都市部の市街地再開発や等価交換、老朽マンションの建て替え、外国人向け賃貸マンション「ホーマット」シリーズ、地方都市開発、物流施設開発など、総合デベロッパーとして幅広い事業領域の中でさまざまな開発ノウハウを保有していることです。今後も一定戸数の分譲を続けながら、ノウハウや技術を磨き、マーケットニーズに合ったマンションを提案していくことで需要が喚起されていくでしょう。そうした企業努力を続けることで、お客様からも“一目置かれる”存在になることを目指しています」

――2019年の4月に社長に就任されましたが、今後注力していきたいことについてお話しください。

 「当社の主力事業である分譲マンションやオフィスビルの開発にいっそう磨きを掛けていきます。分譲マンションについてはこれまでと同様、品質とコストにこだわり、お客様から選ばれる魅力あるモノづくりに注力します。多様化する単身世帯やシニア世代、ミレニアル世代を中心に、ハードだけでなく暮らし方や住まい方といったソフトを通じて、需要に合った新しい価値観を提案していく考えです。最近の取り組みでは、生活情報誌を出版する「オレンジページ」と提携したオリジナルキッチンや、美容・コスメ関連のソーシャルメディアとタイアップした洗面化粧台などを開発しました。また2019年度はミレニアル世代の新たな需要に対応した商品を勝どきや月島の物件で採用していきます」

築50年超えの団地から渋谷区神宮前の新たなランドマークとして2013年に竣工した20階建のタワーマンション〈ザ・神宮前レジデンス〉(原宿団地建替え・2013年分譲済)

↑ページの先頭へ戻る

【Value(価値)】時代に応じた新しい価値観を提案し、住む人に寄り添うモノづくりを目指す

文化の香り漂う両国アドレスに、全戸南向き・エリア最高層※となる地上15階建〈リビオ両国 ザ・レジデンス〉(2019年分譲済)※1995年~2017年、両国1~4丁目の新築分譲マンション(有)MRC調べ

――貴社のマンションブランド「リビオ」シリーズのコンセプトや特徴などを教えてください。

 「“リビオ”は〈リビングオアシス(オアシスに暮らす)〉に由来しています。利便性の高い立地を厳選しながら、長年実績のある等価交換や再開発、建て替えなどの手法で用地を取得し、時間をかけて開発することで、コストが高騰しない努力をしています。マンションの特徴としては、画一的なモノづくりではなく、お客様の声に耳を傾けながら、立地特性や顧客層に適したマンションをつくっています。華美ではありませんが、基本性能が高く、住まう方にとって使いやすい、資産性を重視したマンションづくりを心掛けています」

――最後にご自身の住まいのつくり手としての信念を教えてください。

 「当社は「人と向き合い、街をつくる。」という企業理念のもと、お客様のさまざまなニーズを真摯に受け止め、信頼を得られるよう取り組んでまいります。住宅は暮らす人の想像力を高める場であり、魅力ある空間づくりがとても重要だと考えています。住まいづくりは人の暮らしにかかわる重要な仕事です。これからも住む人の気持ちに寄り添い、時代の流れに1歩先んじた提案をしていきたいですね」

“楽しい暮らし・楽な暮らし・楽しく楽な子育て”をコンセプトに緑と光と風に潤うリゾート感を演出した〈TOKYO ALOHA PROJECT(リビオシティ・ルネ葛西)〉(2019年分譲済)

↑ページの先頭へ戻る

【Creative(創造)】スタンダードじゃ物足りない単身ミレニアル世代の夢をカタチに

日鉄興和不動産株式会社 住宅事業本部
販売推進部 販売推進グループ 佐藤 有希氏

ミレニアル世代や単身世帯の価値観に沿った新しい提案を次々に実現化

 単身世帯のライフスタイルや価値観を様々な視点から考察し、求める未来像を提案する『+ONE LIFE LAB(プラスワン ライフ ラボ)』。銀座一丁目駅・徒歩1分に「+ONE LIFE LAB 銀座ギャラリー」を設け、現在研究している企画の発表をしたり、《リビオレゾン》のコンセプトルームを公開したりして、誰でも自由に見学できる場を提供している。2019年には、この+ONE LIFE LABより新たな研究の成果が発表された。
 本企画・開発に携わる佐藤氏によると、「今までの+ONE LIFE LABは30~40代の単身女性をターゲットにしてきましたが、ここ数年は単身男性やミレニアル世代の研究も行っていました。そして、2019年に『素敵なうさぎライフ研究所(ミレニアル世代向けの研究所)』から新商品をリリース。さらに、ポップアップギャラリーを開設しました」と笑顔をみせる。誕生したのはコンパクト間取り向けのメニュープランで、今後《リビオレゾン》物件で展開していくという。

コラボキッチン/ファミリータイプ(イメージイラスト)

生活情報誌のオレンジページとコラボ
家事楽になるオリジナルキッチンをリリース

 「もう1つ、私の想い入れの強いプロジェクトが『+KITCHEN PROJECT(プラスキッチン プロジェクト)』です。生活情報誌のオレンジページとコラボして、単身女性にとって使いやすいキッチン“+ONE KITCHEN(プラスワン キッチン)”を追求した商品です。キッチンに悩みがあるモニターの声を聴取しながら商品会議を重ねリリースされた渾身の企画です。意外と使われていない魚焼きグリルの代わりに作業スペースを増やすなど、革新的なアイデアが満載です」と佐藤氏。
 ほかにもコンセント付きの広々ワークトップや目線の高さにタブレットや本が置けるレシピホルダーなど、 料理が快適になるアイデア満載の+ONE KITCHEN。今後《リビオレゾン》や大規模マンション《リビオ》シリーズにも採用されていくそうだ。

↑ページの先頭へ戻る

《実績紹介》コンパクトでも快適さを追求した単身向けマンション/リビオレゾン墨田押上

〈リビオレゾン墨田押上〉外観(2019年分譲済)

都心へのアクセスが軽快な墨田区に、シングル・カップル向けの《リビオレゾン》シリーズが誕生

 《リビオレゾン》シリーズはアクセスのよい好立地で、仕事はもちろん、買い物や外食にも便利な住環境をセレクトし、空間効率を追求した設計が魅力のコンパクトマンション。
 2019年に好評・完売した〈リビオレゾン墨田押上〉は、都心へのアクセスが軽快な墨田区に誕生した42戸のコンパクトタイプのマンション。東京スカイツリー(R)や浅草などのスポットが身近で、東京を多彩に楽しめる周辺環境と、同社が開発した“黄金間取り”というコンパクトな空間を快適に暮らすオリジナルの間取りが搭載されている。
 なお、この“黄金間取り”は前述した「+ONE LIFE LAB 銀座ギャラリー」で公開中だ。スマートにシンプルに暮らすための工夫が満載のコンセプトルームは、特にシングルやカップルなら、一度訪れる価値はあると言えるだろう。

〈リビオレゾン墨田押上〉にお住まいのMさん

<Owner's Voice>「ワインを飲んだり、ピアノを弾いたり。午後3時の日差しの中で好きなことに没頭」

 墨田区の雰囲気が好きというMさん。住まい探し当初は賃貸で検討していたものの、同僚のすすめもあり前向きに購入を考えるようになったといいます。
 「このマンションに決めた理由のひとつは立地ですね。通勤の利便性と浅草・押上・錦糸町のいずれのエリアにも近く親水公園もあって歩いて楽しいんです。それからもうひとつ、設備仕様の良さも決め手になりました。寝室が独立していてウォールドアになっている点や豊富な収納、キッチンも女性目線で考えられていて使いやすいんです」。
 なによりここに住んでライフスタイルが変わったそう。「午後3時の穏やかな日差しのなかで、のんびりワインを飲んだり、ピアノを弾いたり、ドラマを観たりする時間が好きです。マンションを購入することで生活の基盤ができ、将来の不安も消えましたね」と笑顔で話してくれた。

↑ページの先頭へ戻る

【Creative(創造)】家族構成により空間をデザインできるという発想の住まい

従来の住まいにプラスαの空間を。もっと素敵に、もっと心地いい自由空間『モアトリエ』

『モアトリエ』ロゴマーク

“家事を楽しく、効率よく”を実現するワーキングママPJ応援プラン(イメージイラスト)

一緒に過ごす時間が楽しい「家族の空間」をカタチにした家族みんなの部屋(イメージイラスト)

 住まいにもっと自由を。そんな暮らしを叶えるために生まれた『モアトリエ』。『モア(もっと、それ以上の)』と『アトリエ(創造空間)』の意味が込められており、家族構成や生活スタイルに合わせて自由に使える、プラスαの空間を加えることで、同社従来の間取りからの解放を目指し、より自由な暮らし方を提案している。例えば洋室に隣接した空間を、夫婦であれば大型のウォークインクロゼットにしたり、本格的な書斎として活用したり。家族であればキッズコーナーやファミリークロゼットなど、それぞれが快適に暮らすために空間をデザインできるのが特徴である。また、棚の位置をカスタマイズしやすくすることで住んでから収納の汎用性を高める『自由自在収納』など、同社オリジナルの様々な暮らしのアイデアが各方面から注目されている。

↑ページの先頭へ戻る

【Creative(創造)】多世代が快適に暮らすためのソフトサービスの開発も積極的

品物を自由にカスタマイズできるキャッシュレス無人コンビニ『600(ろっぴゃく) 』

多世代向けサービス(1)
キャッシュレスな無人コンビ二サービス

 2019年2月の発表によると、首都圏マンション供給数で第6位の実績((株)不動産経済研究所調べ)となった同社。今後も都心だけでなく郊外にも多数のマンションの供給を予定している。あわせてあらゆる世代が快適に暮らすためのソフトサービスの開発も積極的だ。2019年に同社が開発・導入した一例を紹介する。
 まず無人コンビニサービス『600(ろっぴゃく)』。こちらは専用の冷蔵ショーケースにクレジットカードを通し、好きな商品を取り出すだけで自動決済される無人コンビニサービスだ。利用者の要望に沿った商品を置くことも可能で、マンションごとにカスタマイズできることが大きなポイント。本サービスは先行して 〈リビオレゾン板橋本町ステーションサイド(2019年分譲済)〉で導入し、入居者の評判も上々なのだそう。今後も同物件を皮切りに導入数を増やしていく予定だという。

『sharekura(シェアクラ)』は同社のマンションに多数採用されている

多世代向けサービス(2)
好きな時に預けられるトランクルームサービス

 都心のコンパクトやハイグレードシリーズなどにも有効だが、特に郊外の戸建てから買い替えするファミリーやシニアに好評だというのが『sharekura(シェアクラ)』だ。『sharekura』は自宅に居ながらにして利用できるトランクルームサービスで、自宅のクローゼットの延長として使うことができる。本サービスは月額180円~で、段ボール1箱から預け入れが可能だ。スマートフォンやパソコン上で全ての品物を写真付で管理ができるため、何を預けているかが一目瞭然なのも魅力である。このサービスを活用すれば、住空間をより効率的に使えそうだ。

↑ページの先頭へ戻る

《実績紹介》ワンランク上の設えとクオリティ、強固なセキュリティシステム/グランリビオ ザ・レジデンス

〈グランリビオ ザ・レジデンス〉外観(2018年分譲済)

同社の最上級グレード《グランリビオ》シリーズが文京区湯島に誕生

 《グランリビオ》はリビオに“GRAND“を冠したハイグレードブランド。次代に誇る邸を創造する志のもと、細部に至るまで「本物」を追求したマンションを供給する。 
 その代表作が〈グランリビオ ザ・レジデンス〉だ。文京区湯島の丘上に佇むハイグレードレジデンスで、最寄り駅へ徒歩4分ほか、10駅8路線が徒歩圏内になるマルチアクセスが魅力である。
 建物デザインは先進を感じさせるモダンな造形に和の趣向を取り入れ本郷台の気風に調和する、凛とした佇まいを醸成。湯島天満宮のシンボルである梅をはじめとした季節を告げる和の樹種を敷地内に配すなど、ワンランク上の設えにこだわった。

〈グランリビオ ザ・レジデンス〉エントランスホールにて、同物件にお住まいのAさん(長女)とご両親

<Owner's Voice>「都心でも、無事に暮らしてほしいから。子どもたちの安心を願って、選んだマンション」

 群馬県にお住まいのAさん夫妻は、上京した3人の子どものために〈グランリビオ ザ・レジデンス〉を購入。一番の理由は安心できる住環境を備えた住まいだったからだそう。
 「立地的には下の子が通っている学校に近く、交通の便がいいところという点、それからエリアについては様々な観点から本当に安心できる場所を選びたかった」(Aさんの妻)。マンション自体のセキュリティや管理面もきちんと確認したうえで納得の購入だったという。「ここはオートロックシステムや24時間セキュリティシステムなど安心の設備が整っていました。管理人の方はとても優しく真面目な方という印象で、清掃も行き届いて安心です。管理組合からのこまめな連絡によって、今どんな問題があり、何が議論にあがっているかが把握できるのも助かる」と評価。
 住んでいるAさんの娘も住み心地は「ウォークインクローゼットが備わり、収納が豊富です。24時間のゴミ出しや宅配ロッカーなども非常に助かっています。都心にいながら故郷の群馬で暮らしていたときのように、自然体で安心して暮らせています」と満足のようだ。

↑ページの先頭へ戻る

【Quality(品質)】「確かな品質」を創造するため、同社直営によるアフターサービスを導入

本社で実施したフィードバック会議の様子

定期的にフィードバック会議を実施
社員一体となって、住まいづくりに活かしていく

 同社は、会社内に同社直営体制のアフターサービス窓口を設置し、経験と知識豊富な専門スタッフがスピーディに顧客をサポートしているのも特徴だ。本社で定期的に開かれるフィードバック会議では、定期的に各種マニュアルの改訂なども実施されている。会議の場にはアフターサービスを担当するCS推進部のスタッフはもちろん、開発や商品企画スタッフなどが積極的に参加し、各マンションからあがっているお客様の声やトラブルに関して熱心に耳を傾けていた。「売って終わりではなく、いつまでも当社物件のファンになってほしいと思っています。現場から出てきた声を吸いあげて、モノづくりに活かしていくために、フィードバック会議も部署間を超えた社員が参加します。新オフィスになって、同じフロア内に用地仕入れから開発やアフターサービススタッフが各部門揃っているので、日々現場で起きている問題点や改善点をすぐ共有し合えるのも良いところです。(CS推進部 アフターサービスグループ グループリーダー)」。

住み始めてからも安心
日鉄コミュニティによる24時間コンシェルジュ

 住んだ後の暮らしをサポートしてくれるのが、日鉄興和不動産グループの管理会社「日鉄コミュニティ」だ。マンション内の異常や火災などの非常情報を検知し、警備会社と連携して24時間・356日体制で対応するセキュリティサービスはもちろんのこと、修理・修繕サポート、家事代行サポート、見守りや介護などのシニア関連サポートといった日常の場で発生する様々なケースに、24時間電話で対応する『サービスデスク24』を導入。お客様の暮らしが安全で快適になるようきめ細かくサポートしてくれる。

『サービスデスク24』ロゴ

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

日鉄興和不動産

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

日鉄興和不動産

分譲実績のあるエリアから会社を探す
店舗所在地から会社を探す
ほかの不動産会社を探す

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る