"20230128131355:H:0" "20230128131355:H:0" "20230128131355:H:0"

不動産会社ガイド

東急不動産

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

東急不動産

〈ブランズシティ世田谷中町〉シーズンプロムナード(分譲済)

「環境先進を、住まいから。」
社会課題を、暮らし心地に変えていく

東急不動産は、1918年の「田園調布」の開発を原点に、いつの時代にも社会課題の解決に向き合い、新たなライフスタイルを追求してきた。1955年には当時としては珍しい全戸洋室を採用した日本初の外国人向け高級賃貸住宅「代官山東急アパートメント」、1958年には業界初の分譲集合住宅「東急スカイライン」を供給。長年にわたる住宅供給の歴史を積み重ね、2006年には集合住宅の経験と知恵の結集であるブランド「BRANZ(ブランズ)」が誕生。近年、「BRANZ」では時代の要請にこたえ、「環境」に注力するという新たな方針を打ち出し、『環境先進を、住まいから。』を掲げている。持続可能な心地よい暮らしと環境貢献を実現する仕組みを取り入れ、未来に向けて「環境先進マンション」を提供していく。

【環境先進マンション】美しい未来を見つめた3つの価値で“GREEN LIFE STYLE”を実現する

基幹ブランドである分譲マンション「BRANZ(ブランズ)」のリブランディングにあたり、長谷川博己氏を起用したCMを発信/「BRANZ」ブランド広告

常に新しい価値を求め、創造し続ける「BRANZ(ブランズ)」

「BRANZ(ブランズ)」は、持続可能な心地よい暮らしと環境貢献実現のために新たな発想や仕組みを取り入れた環境先進マンションを提供する。長期的な安心と資産性を高め、“モノ”も“コト”も豊かな生活を、環境先進マンション「BRANZ」の3つの提供価値 DESIGN・QUALITY・SUPPORTが支える。

↑ページの先頭へ戻る

【インタビュー】「環境先進を、住まいから。」環境先進マンションへの取リ組み

取締役常務執行役員/住宅事業ユニット長
亀島 成幸氏

一番長く使う住宅こそ、一番地球にやさしいものにしたい

「当社のルーツは、渋沢栄一が1918年、田園調布を開発する目的で設立した「田園都市株式会社」にあります。創業の精神は、「挑戦するDNA」。常に時代の変化に合わせて、様々な事業を展開し、挑戦し続けてきました。1998年には一早く「環境ビジョン」を策定。環境を意識した「環境経営」を推進し、「脱炭素社会」「循環型社会」「生物多様性」の3つをテーマに、環境施策に取り組んでいます。環境先進企業として、住まいづくりを通じても社会課題の解決に向き合い、今まで以上に快適な住まいと新たなライフスタイルを実現していきます。そのために新築分譲マンションブランド「BRANZ(ブランズ)」も『環境先進を、住まいから。』を掲げ、未来に向けて “環境先進マンション” を提供していきます。一番長く使う住宅こそ、一番地球にやさしいものにしたい、という想いのもと、3つの価値で環境にも人にもやさしいウェルビーイングな暮らし“GREEN LIFE STYLE”を実現します」

↑ページの先頭へ戻る

【ZEH標準仕様化】BRANZ(ブランズ)全物件、2023年度へ実施前倒し

太陽光パネル・EV用充電器(イメージ)。将来的なEVの需要拡大を見据え、今後開発する分譲マンションの平置き駐車場においてEV対応を標準化する

脱炭素社会の実現に向けた具体的取り組みの早期実現

東急不動産は、脱炭素施策の一環として、着工ベースで2025年度約50%、2030年度100%としていたZEH※1標準仕様化の当初目標を前倒し、2023年度以降に着工する全ての分譲マンション「BRANZ(ブランズ)」をZEH相当の環境性能とする。加えて、「低炭素建築物」の認定も業界に先駆け「BRANZ」全棟にて取得する※2。
同社は、2021年度より太陽光パネルの搭載を標準化しており、太陽光で発電された電力を共用部の照明などに利用している。太陽光発電は自然の光を生かして発電するため、CO2を排出する燃料が不要な、省エネかつクリーンなエネルギーシステムだ。同社は、創エネルギー・省エネルギーの両面から脱炭素社会に貢献していく。
また、将来的なEVの需要拡大を見据え、今後開発する分譲マンションの平置駐車場においてEV対応を標準化する。
※1:「ZEH」とは集合住宅における ZEH-M(100%以上省エネ)、また Nearly ZEH-M(75%以上省エネ)、ZEH-M Ready ※2:2023年度以降着工案件が対象。同社が開発する案件が対象。JV(共同事業)案件など、一部の物件を除く

再生可能エネルギーを活かしながら
カーボンニュートラル社会の実現を目指す

東急不動産と東京電力ホールディングス株式会社、東京電力エナジーパートナー株式会社、株式会社ファミリーネット・ジャパンの4社は、カーボンニュートラルとレジリエンス社会の実現に向けて、実質再生可能エネルギー、太陽光発電および蓄電池等を採用する分譲マンションの共同推進を行うために基本協定を締結。タッグを組んで、再生可能エネルギーを最大限活用しながらカーボンニュートラル社会の実現を目指す。
高圧一括受電を導入する物件では、非化石証書の活用により、マンション入居者様が24時間365日、実質再生可能エネルギーを利用できる。また、蓄電池を導入する物件においては、日中に太陽光で発電した電力が余剰となる場合は蓄電池に電力を貯め、夜間などにその電力を使用することで、再生可能エネルギーを無駄なく活用できる。なお、電力を多く使用する時間帯は、蓄電池に貯めた電力を放電して使用電力の平準化を行い、基本料金の低減を図る。また、非常災害時に停電が発生した際は、蓄電池に貯めた電力を携帯電話の充電や照明等、マンション共用エリアの非常用電源として利用できる。

蓄電池併設型分譲マンションのイメージ図

↑ページの先頭へ戻る

【DESIGN】グリーンを追求するデザインで、美しい未来をつくっていくマンションへ

〈ブランズ四番町〉(分譲済)

自然とのつながりをいつでも暮らしの中に。
周辺の街並みの景観価値をも高める

環境先進マンション「BRANZ(ブランズ)」では、「人は自然とのつながりを求める本能的欲求がある」という“Biophilia(バイオフィリア)”の思想をベースに、空間デザインに植物などの自然要素を積極的に取り入れていく。緑感や樹種にこだわった植栽、自然の質感や色彩などにこだわった建築素材、住空間に採り入れるグリーン、緑に触れる体験の演出など「BRANZ」のバイオフィリックデザインで、住まう人の暮らしに快適性以上の価値を、そして幸福感の向上をもたらすことを目指している。また、近くを通られる地域の方々にもふと足をとめて季節を感じていただき、住む人はもちろん、そこに住まない人からも愛されるマンションを提供していく。

地球にも人にも良い環境を未来へ。
完成時の上質さだけではない持続可能な住まい

自然にある資源を維持し、環境に負荷をかけないように利用していく “Sustainable(サステナブル)” は、世界的な社会課題となっている。BRANZは、完成時の上質さだけではない持続可能な住まいを追求し、住む人だけでなく周辺環境や地球の未来も考えていく。
植栽は時間が経つほど成長して景観や環境を良化するサステナブルな面を持ち合わせている好例だ。また再生可能エネルギーの利用や省エネ性能、建設資材のトレーサビリティ等、先進的な取り組みをデザインすることで、日々の暮らしから環境に貢献し、資産価値が長く維持されることでの安心感をお届けする。

〈ブランズ六番町〉(分譲済)

↑ページの先頭へ戻る

【QUALITY】持続可能な未来品質で、住み続けるほどに愛着の深まるマンションへ

〈ブランズタワー豊洲〉グランドエントランスホール(分譲済)

いつまでも安心に住み継ぐ建物を。
建物の強靭性と暮らしへの適合力を大切にする

安心して住み継げる基本性能として、建物の強靭性と暮らしへの適応力“Resilience(レジリエンス)” を「BRANZ(ブランズ)」は大切にしている。集合住宅ならではの強靭な防災インフラを備えるため、基礎となる地盤の調査から躯体構造を検討、最新の事例から防災対策基準を独自に見直すことで、地震や水害など自然災害時のお客さまの安全を第一に考えている。また、幅広い世代を見据え、日々の暮らしを見守る防犯対策など、暮らしの安全に配慮している。

快適を求めた空間の暮らしやすさへ。
ライフスタイルの変化にも柔軟に対応する住まい

見た目の上質さだけでなく、五感で感じる心地よさ、暮らしの中の使いやすさ、ライフスタイルの変化に対応する可変性といった要素を満たすのが、「BRANZ(ブランズ)」の“Comfort(コンフォート)”の概念である。まずお客さまの声に耳を傾け、暮らしの困りごとや次代のニーズを発見し、解決策となる間取りや設備の検討を行っている。また、時とともに変化する個々の多様な暮らし方に対応していくため、ユニバーサルデザインやIoTソリューションを積極的に採用している。

〈ブランズ代々木参宮橋〉エレベーターホール(分譲済)

↑ページの先頭へ戻る

【DXへの取り組み】マンション販売のDXを推進、マンション丸ごとデジタルツイン化へ

販売拠点の集約化を順次進めサステナビリティにも貢献

同社ではデジタルコンテンツを活用したCX(カスタマーエクスペリエンス)向上にむけた取り組みを行っている。そこで、アクセンチュアが提供するCGI技術(※3)を活用し、あらゆる顧客接点でデジタルコンテンツを活用したCXの向上を図る。今後デジタルコンテンツをベースにした販売活動を推進し、販売拠点の集約化も順次進める。標準的なモデルルームの建設、運営および撤去による環境負荷を低減することで、サステナビリティにも貢献する。
都内で販売予定の「BRANZ(ブランズ)」においてデジタルコンテンツを活用した販売に取り組む。デジタルツインが精緻なシミュレーションツールである点を最大限に生かしながら、モデルルーム見学と遜色のない体験価値の提供を追求。従来CGパースなど静止画で提供していた情報もウォークスルーとして自由な視点で体験できることで、契約時点でお客様が得られる建物情報を従来よりも、より可視化しやすい状態で提供することが可能になる。
※3:(Computer Generated Imagery:コンピュータが生成した画像・映像)

↑ページの先頭へ戻る

【再開発事業】住宅×商業×駅前広場×公園・広場を一体とした駅前複合再開発プロジェクト

〈ブランズタワー大船〉外観(分譲済)

住宅・商業一体の複合再開発により、駅前の利便性を飛躍的に向上

同社が手掛けた代表的な大規模再開発事業の一つが、住宅・商業一体の大規模複合再開発タワープロジェクト〈ブランズタワー大船〉だ。同物件は、横浜・都心方面を結ぶ計6路線が乗り入れている交通の要所「大船」駅から、ぺデストリアンブリッジ(横断歩道橋)で直結徒歩1分に誕生。総面積約1万7000㎡の広大な敷地には、駅前広場、大規模商業施設、公園・広場、住宅といった多彩な都市機能が集積。住宅棟の〈ブランズタワー大船〉は、駅前新街区のランドマークにふさわしい地上21階建・高さ約74mのタワーレジデンスで、タワーライフを優雅に彩る共用施設を多数備え、制振構造も採用。低層階大規模商業施設「GRAND SHIP(グランシップ)」がオープンし、「FOOD & TIME ISETAN OFUNA」などの魅力的なテナントが多数入居。住宅・商業一体の複合再開発により、「大船」の交通結節点としての機能強化を図り、ビッグターミナルに相応しい高い利便性と豊かな華やぎを創出。地域の発展に寄与した好事例だ。

↑ページの先頭へ戻る

【アフターへの取り組み】東急不動産ホールディングスグループの総合力で、入居者の安心・安全をサポート

入居者の依頼から、対応実施までの流れ(こちらのサポートは、原則としてBRANZ(ブランズ)シリーズでかつ管理会社が東急コミュニティーのマンションが対象です)

入居者からの問い合わせには
社員と管理員がスピーディに対応

東急不動産では、入居後の安心・安全を実現するアフターサービスにも力を入れている。最大の特徴は、入居後の問い合わせに対し、同社の担当社員が迅速に対応する体制にある。まず入居者からの問い合わせ窓口となるカスタマーセンターでは、電話での一次対応以外は同社の社員が担当。判断が難しい案件でも、迅速に対応できる体制となっており、社員が現場へ直接赴いて確認するという体制であることも大きな特徴である。

購入者を対象として行った「アンケート調査」に基づくSUUMO AWARD 2022受賞

同社はSUUMO AWARD 2022首都圏分譲マンションデベロッパー・販売会社の部において、アフター点検満足度部門優秀賞を受賞した。最初の住戸内アフター点検について、関係者の連携、対応スピード、補習要望箇所の仕上がりなどが高く評価され、受賞に至っており、同社では入居後、入居者からの問い合わせ・連絡を東急不動産のカスタマーセンターや東急コミュニティーの管理員などが受け付け、担当者が同行して確認・補修などを実施する。その姿勢や対応が受賞につながったといえるだろう。

同賞は新築分譲マンション購入者を対象として行った「アンケート調査」に基づく

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

東急不動産

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

東急不動産

分譲実績のあるエリアから会社を探す
店舗所在地から会社を探す
ほかの不動産会社を探す

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る