"20210921085051:H:0" "20210921085051:H:0" "20210921085051:H:0"

不動産会社ガイド

東急不動産

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

東急不動産

東急不動産本社「渋谷ソラスタ」

「挑戦するDNA」とグループ総合力を活かし、
新たな価値を提供し続ける東急不動産

東急不動産は、東急不動産ホールディングスグループの中核企業として、都市事業、住宅事業、ウェルネス事業、海外事業などを展開。創業時より脈々と受け継がれる「挑戦するDNA」とグループ総合力を活かし、総合不動産企業として新たな価値を提供し躍進を続けている。2019年8月にはグッドデザイン賞を受賞した「渋谷ソラスタ」に本社を移転。コミュニケーションの活性化を図ると共に、働き方改革への本格的な取り組みもスタート。グループシナジーの更なる向上と生産性の向上により、今後の事業展開にますます磨きをかける。

【ブランド紹介/「BRANZ」】東急不動産の住まいづくりの経験と知恵の結集「BRANZ」

「BRANZ」キービジュアル

常に新しい価値を求め、創造し続ける
人生を極める住まい。──「BRANZ」

 東急不動産は、1918年の「田園調布」の開発を原点に、いつの時代にも、革新的でありながら長く愛される住まいづくりを追求してきた。2006年には同社が培ってきた集合住宅の経験と知恵の結集であるブランド「BRANZ」が誕生。「BRANZ」が目指すのは、真の美しさに満ちた建物と街の将来価値の最大化。住まいとして、資産として、いつの時代も頂点で在り続けるために。次代に受け継がれていく価値のあるデザインと、安全・永住・快適のための厳しい独自の品質基準で、妥協なき住まいづくりを続け、常に新しい価値を求め、創造していく。

「ライフストーリータウン」コンセプトイメージ

一人ひとりの暮らしに、新しい住まい方を提案する
「ライフストーリータウン」を展開

 「一人ひとりの暮らしに、新しい物語を。」をコンセプトに、住まいを起点としたライフスタイル提案型の街づくり事業「ライフストーリータウン」を展開している。住まいを起点とした複合開発(ハード)に、コミュニティマネジメントなどのソフト面での取り組みを付加することで、少子高齢化、認知症問題、コミュニティの希薄化といった住まいに関わる社会課題を解決し、多様な住まい方や健康生活の社会ニーズに応える。多世代交流のある都市生活を実現し、ここから多種多様なライフストーリーが誕生するような街づくりを目指している。

↑ページの先頭へ戻る

【ブランド紹介/「COMFORIA」・「CAMPUS VILLAGE」】賃貸や学生レジデンス分野にも注力

都市型賃貸レジデンス「COMFORIA(コンフォリア)」

 東急不動産は賃貸住宅にも注力しており、都市型賃貸レジデンス「COMFORIA(コンフォリア)」や学生レジデンス「CAMPUS VILLAGE(キャンパスヴィレッジ)」を展開している。
 「COMFORIA」は、“ 住まいは単なる器ではない”という発想から誕生した都市型賃貸レジデンスだ。「LOCATION(時間の価値)」「QUALITY(上質の感触)」「SAFETY(安らぎの源)」「SERVICE(住まう人の気持ち)」の4つのアドバンテージで、期待を超える暮らし心地を届けている。2020年7月には、テレワークへの対応として、新規入居者に対し、同社が運営するシェアオフィスの利用券の配布を決定(一部物件にて実施を決定)。都市を自由に、豊かに生きる人にふさわしい都市型賃貸レジデンスとして、より一層の暮らし心地の向上に努めている。

COMFORIA 施工例

学生レジデンス「CAMPUS VILLAGE(キャンパスヴィレッジ)」

 東急不動産は、時代に合わせて変化を続ける住まいのニーズに対応するため、2017年に学生レジデンス開発事業に参入。次の社会を担う学生たちへ、安心安全な住環境とともに新しいライフスタイルを提案する「CAMPUS VILLAGE」を創造した。「CAMPUS VILLAGE」は現在、グループの一員である学生情報センターとともに、用地取得・開発から管理・運営までをグループ一体で提供している。
 また、「CAMPUS VILLAGE」は、2020年度グッドデザイン賞を受賞。「コミュニケーションが生まれるようにハードもソフトも設計されており、セキュリティも考えられ、食事の提供もあるなど、確実に学生やその家族のニーズを形にしている」等の高い評価を得ている。

CAMPUS VILLAGE 施工例

↑ページの先頭へ戻る

【永住品質の都心邸宅を創造】BRANZ品質を極めた「快適に永住できる都心の住まい」を続々と供給

港区六本木に相応しいマンション品質を追求した〈ブランズ六本木 ザ・レジデンス〉

〈ブランズ六本木 ザ・レジデンス〉外観(分譲済)

〈ブランズ六本木 ザ・レジデンス〉フォーマルラウンジ

 シンメトリーでシンボリックな外観フォルムが目を惹く〈ブランズ六本木 ザ・レジデンス〉は、洗練の街・六本木の高台邸宅街に相応しい「永住品質の都心邸宅」を追求して誕生。御影石やカーテンウォールを採用した風格ある外観、御影石で設えた重厚な門構えのエントリーゲート、約5.5mの巨大な光壁が象徴的なフォーマルエントリー、2層吹抜けのコンサバトリーラウンジ等、有名作家の作品等アートが彩りを添える共用部の豪華さと美しさは圧巻。基礎免震構造や24時間有人管理など安心安全面への配慮も「永住品質」の住まいならでは。

↑ページの先頭へ戻る

「本物」を訴求〈ブランズ ザ・ハウス一番町〉、「私邸」を追求〈ブランズ永田町〉

〈ブランズ ザ・ハウス一番町〉ロビー(分譲済)

3人の匠たちによる、日本の伝統美あふれる共用空間を創出〈ブランズ ザ・ハウス一番町〉

 コンセプトを「次世代のヴィンテージマンション」とし、「本物」の訴求を目指した同物件。同社の会員制リゾートホテル「東急ハーヴェストクラブ」等を多数手がける株式会社エィ・ディ・エィにより、シンメトリーやフレームワークによる構成美を創出。「人がゆったり過ごす空間、時間」を創り出すデザインとなっている。さらに、次代を担う3人の匠たちが集い、妥協なきこだわりを極めた住まいに。ロビーからサロンへの広がりの中で、日本の伝統美を軸とした名匠たちの世界、想いが、空間の細部にまで表現されている。

永住の「私邸」にこだわりぬいた〈ブランズ永田町〉

 永田町駅徒歩3分に誕生した〈ブランズ永田町〉は、「私邸」というコンセプトで究極の職住近接とプライベート性を両立する斬新な住まいを追求。ワンフロア1~2戸、全住戸角部屋という住戸配置に、エレベーターを降りた瞬間から居住者専用のオーナーズホールとし、宅配便やクリーニングの受け渡しができるバトラーボックスを用意。高さ約5.5mのエントランスホールにはオリジナルデザインのシャンデリアやオーダーメイドの家具を配し、都心にいながら緑景に寛げる時間も演出する等、快適な「私邸」を創造した。

〈ブランズ永田町〉エントランスホール(分譲済)

↑ページの先頭へ戻る

【2019年度グッドデザイン賞受賞】〈ブランズ六番町〉〈ブランズ二子玉川テラス〉

〈ブランズ六番町〉外観(分譲済)

日本邸宅の継承と進化を追求した〈ブランズ六番町〉

 東急不動産のマンションは、公益財団法人日本デザイン振興会主催の「グッドデザイン賞」に選ばれ続けている。2019年度は〈ブランズ六番町〉と〈ブランズ二子玉川テラス〉が受賞。
 〈ブランズ六番町〉は、都心高台の邸宅街・千代田区六番町に開発。歴史ある街並みに相応しい日本らしい空間構成にこだわり、日本らしい「閾」の感覚、「奥」を感じる空間構成を取り入れ、歴史ある街並みや自然との調和を演出。水平を基調としたデザインで内外の空間の連続を意識した日本らしい空間や風景を創造しながらも、建物を高層化することによって敷地前面に緑豊かな住環境を確保した点などが高い評価を得た。

緑に抱かれ、光や風が循環する〈ブランズ二子玉川テラス〉

 再開発で活性化する都市機能と豊かな自然が近接する二子玉川に開発した〈ブランズ二子玉川テラス〉。住民がリラックスできる空間づくりを意識し、建物中心部に吹抜を設け、太陽光追尾採光システムや通風機能により、光と風を取り込み自然が循環する仕組みを持つ建築デザインに。審査員からは、二子玉川付近の風通しが良く光溢れた環境を、集合住宅の内部でも実現しようとした居住環境向上の取り組み等が高く評価された。

〈ブランズ二子玉川テラス〉外観(分譲済)

↑ページの先頭へ戻る

【再開発事業への取り組み】〈ブランズシティ蓮田〉住・商・医・公を備えた官民一体の複合再開発プロジェクトで街を活性化

〈ブランズシティ蓮田〉外観(分譲済)

建物内に公共施設までもを整備し、
多世代が暮らしやすい住まいを創造

 1985年の「蓮田駅西口再開発事業」都市計画決定から30年超。蓮田市初となる駅前複合再開発プロジェクトとして誕生するのが〈ブランズシティ蓮田〉だ。低層階には商業施設や医療施設 のほか、子育て支援と交流のためのスペース・市民ギャラリー・会議室などの公共施設を配置。住・商・医・公の施設を同一建物内で整備することで新たなライフスタイルを提案し、子どもから高齢者まで、多世代が快適に暮らせる住まいを創造。人と人とが交流し、新たな賑わいを生み出す場所として、街の発展を担う拠点となることを目指している。

↑ページの先頭へ戻る

【オリジナル商品企画】自分らしい暮らしの質を高める。それが、「BRANZ」のクオリティ

お客さまの声をもとに誕生した、オリジナル商品企画「MEUP」

 「MEUP(ミアップ)」は、グループインタビューやご自宅訪問など、お客さまの声をお聞きする活動、「BRANZ VOICE」から生まれたオリジナル商品企画。「MEUP」が提案するのは、ニーズの本質の先にある使いやすさと洗練された美しさを備えた機能美。お客さまの声をもとに、「BRANZ」の知見と総合力による独自の視点で暮らしにあるべき機能を追求した結果、住まう人の日常を高め、使う人の所作までも美しく見せる洗練のカタチにたどり着いた。よりすぐりの機能美が、「BRANZ」での日常をより高みへと誘う。

「MEUP(ミアップ)」のイメージ図

↑ページの先頭へ戻る

【アフターへの取り組み】東急不動産ホールディングスグループの総合力で、入居者の安心・安全をサポート

入居者のご依頼から、対応実施までの流れ/入居者からの問い合わせ・連絡を東急不動産のカスタマーセンターや東急コミュニティーの管理員などが受け付け、担当者が同行して確認・補修などを実施する。※こちらのサポートは、原則としてブランズシリーズでかつ管理会社が東急コミュニティーのマンションが対象になります。

入居者からの問い合わせには、社員と管理員がスピーディに対応

 マンションとして高い品質を追求する「BRANZ」が目指すのは、ずっと長く、快適な暮らしが続くこと。そのために東急不動産では、マンションの健康を支え、入居後の安心・安全を実現するアフターサービスに力を入れている。最大の特徴は、入居後の問い合わせに対し、同社の担当社員が迅速に対応する体制にあることだ。まず入居者からの問い合わせ窓口となるカスタマーセンターでは、電話での一次対応以外は同社の社員が担当。判断が難しい案件でも迅速に対応できる体制だ。また、社員が現場へ直接赴いて確認する体制であることも大きな特徴だ。
 東急不動産が売主として直接担当するのは入居後の不具合への対応だが、入居者からの問い合わせは、日々の暮らしやマンション管理に関わるものなど様々。そこで同社では東急不動産ホールディングスグループの管理会社である東急コミュニティーと連携。東急コミュニティーは主にマンション共用部の維持管理業務を担当するほか、入居者サービス「家族力・プラス」も手がけ、緊急時の駆けつけや電球の交換、家具の移動など様々なサービスを提供。入居者の暮らしをグループ全体で継続してサポートしていく体制となっている。

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

東急不動産

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

東急不動産

分譲実績のあるエリアから会社を探す
店舗所在地から会社を探す
ほかの不動産会社を探す

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る