1. 不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > 
  2. 東海 > 
  3. 住みたい街ランキング > 
  4. 住みたい街ランキング2015 名古屋

総合ランキング

みんなが選んだ住みたい街ランキング 総合

1位の「覚王山」をはじめ「星ヶ丘」「本山」「名古屋」など、通勤に便利な地下鉄東山線の8つの駅がTOP10にランクイン!
早くから住環境が整う東山線沿線東部に熱視線!
毎日の通勤を見越し、交通の快適さも大きなカギに

ランクインしたのは、いずれも通勤に便利な街という結果になった。
1位は、歴史とセンスを感じさせる街「覚王山」。そして今回、「名古屋」駅も入れて8つが地下鉄東山線の駅となり、沿線の人気を証明した。特に住環境が整う東山線の東部が憧れを集め、「覚王山」「星ヶ丘」「本山」が1〜3位を独占。以下、「藤が丘」や「千種」、「池下」も東部にあたる。そんな東山線は名古屋市で最初に開業した地下鉄路線で、市内のメインストリートである広小路通に沿って走る。そこで早くから住宅地が開発されたため、周辺に商業施設などが充実しているのだ。また、東山線は、名古屋市営地下鉄で唯一の女性専用車両を設けたり、毎週金曜日と休前日には終電時間を繰り下げるなど、うれしいサービスも実施している。

シングル・DINKS・ファミリー別ランキング

シングルは堅実的で、DINKSは外食環境を重視。ファミリーは子ども優先!
ライフスタイルに合わせた街選びが垣間見える結果

シングル・DINKSで1位、ファミリーで2位と圧倒的人気の「覚王山」。週末に散策できる参道があるなど、個性ある街並みが評価されているのだろう。
シングルでは「覚王山」をはじめとする地下鉄東山線沿線のほか、名城線が通る「本山」と「黒川」、鶴舞線と桜通線が通る「御器所」駅がランクイン。注目すべきは10位の「黒川」。環状線である名城線が通り、「栄」や「金山」まで1本で行ける。車でも国道41号線や名古屋高速の黒川ICに近く、各地へアクセス良好だ。便利だが下町的な雰囲気も残る北区に位置し、物価も抑えめ。
DINKSは総合ランキングに近い結果に。レストランが多い「池下」が5位なのは、共働き夫婦が夕食や週末の外食を楽しむためと推測できる。
ファミリーでは名古屋大学がある「本山」が1位に。特徴的なのは6〜8位。東山動植物園がある千種区の「東山公園」や教育熱心な土地柄で知られる昭和区の「八事」、学校や文化施設が多い瑞穂区の「桜山」がランクインしている。子どもによりよい環境を、という思いが順位に表れているようだ。

  • 取材・文:倉畑桐子
  • 掲載日:2015年4月30日
  1. 不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > 
  2. 東海 > 
  3. 住みたい街ランキング > 
  4. 住みたい街ランキング2015 名古屋
ページトップへ戻る