福島区は進化し続ける「うめきた」エリアに寄りそい、さらなる発展が楽しみな街

進化し続ける「うめきた」エリアに寄り添い、さらなる発展が楽しみな福島

住みたい自治体ランキングの14位大阪市福島区。その中心となるJR福島駅はJR大阪環状線で大阪駅の次に位置しています。 SUUMOが2020年10月に発表した「SUUMO住んでいる街実感調査 関西版2020」の、今後発展しそうと感じる街(駅)ランキングでは、JR東西線新福島駅、JR大阪環状線福島駅が1位・2位にランクイン。福島は大阪・梅田へ近接し、交通アクセスが良く、飲食店や生活施設が充実して暮らしやすいというこれまでの評判に加え、再開発が進み、続々と新しいスポットやマンションが登場しているからでしょう。多くの方たちが期待を寄せている街です。

再開発と下町が入り交じる福島。うめきたの未来に寄り添う、新しい「福島」の未来

再開発で整った街並みと、下町が入り交じる福島。JR大阪環状線・東西線、阪神本線、Osaka Metro千日前線が交差し、利便性も抜群。夜になると駅周辺は仕事帰りの方たちが多く集い、待ち合わせでごった返しています。
さらに、梅田周辺の再開発「うめきた2期地区開発」も近く、2023年には、「うめきた(大阪)地下」駅が誕生「大阪駅」として開業します。「うめきた(大阪)地下」駅とJR難波駅、および南海本線新今宮駅を結ぶ都心の新たな動脈「なにわ筋線」も、2031年の開業を目標に計画が進められています。新大阪駅を経由した新幹線アクセスや、伊丹空港・関西国際空港へのアクセスもスムーズになり、ますます注目を集めるエリアになるでしょう。

JR福島駅北側
JR福島駅北側ではタワーマンションが続々建設中(撮影/川谷信太郎)
うめきた2期地区開発の様子
うめきた2期地区開発の様子(撮影/川谷信太郎)

JR福島駅界隈からなにわ筋沿いに南下して行くあたりは、雑誌やTVで紹介される食通がうなるグルメな店や多彩な商店がにぎやかに軒を連ねています。ラーメン激戦区としても有名です。一方で一歩路地裏に入ると、隠れ家的な店も多く、何度訪れても楽しい街です。福島区の西側に位置するJR海老江駅・阪神野田駅あたりは、いわゆる下町の雰囲気。機械・金属製品工場や空襲から免れた古い長屋や町屋、昔ながらの商店街が残り、親しみやすさが感じられます。

福島の名物店「ポルチーニ」の系列店が並ぶ路地
福島の名物店「ポルチーニ」の系列店が並ぶ路地(撮影/川谷信太郎)

福島区の北側は「うめきた2期地区開発」に隣接。緑あふれる職住近接エリアへと進化を続ける注目のエリア

タワーマンションが続々と建設中の福島区。JR福島駅北側の旧朝日放送跡地では、現在地上51階建て総戸数871戸の大規模タワーマンションが登場しました。一方、福島駅の南西部にあたるJR新福島駅の近くには、「水都・OSAKA α」プロジェクトの一環として開業した「ほたるまち」があります。朝日放送グループの本社をはじめ、超高層マンションや多目的ホール、おしゃれなレストランやカフェ、スポーツジム、キャンパスなど、多様な施設から構成されています。このほたるまち港は、中之島リバークルーズの乗り場となっていて、全長約3kmの島である中之島を周遊し、ライトアップされた橋梁、レトロ建築、最新のビル街から成る美しい夕景・夜景をリムジンボートで愉しめるクルーズが運行中。住民にも人気のスポットです。タワーマンションや高層ビルが多い福島区では、防災面でその利点を活かし、堅固な中・高層建物の3階以上で、東南海・南海地震での津波や、淀川氾濫による洪水など水害から身を守るための、緊急的な避難先を選定、「福島区津波避難ビル」として一覧にしています。

ほたるまち
朝日放送の本社をはじめ、タワーマンションやイベントホールで構成されている「ほたるまち」(撮影/川谷信太郎)

ファミリー世帯が増え、大型商業施設も相次いでオープン

近年、急速に住宅地化が進んでる福島区、大規模マンションやタワーマンションが立て続けに誕生。それまで多かったシングル世帯に加え、多くのファミリー世帯が暮らすようになり、生活利便施設もバランスよく整ってきました。
JR福島駅とJR野田駅の近くにある「GOURMET PATIQUE BIG BEENS(ビッグビーンズ)」はこだわりの食材を扱うスーパーとして人気。阪急OASISや関西スーパー、マックスバリュー、KOHYOなど、お馴染みのスーパーも多く、住民増加に対応しています。
JR海老江駅・阪神野田駅北側には、大型商業施設「野田阪神ウイステ」が、2020年に全館リニューアルオープン。「イオン野田阪神店」など約40店の専門店で構成されています。すぐ近くには、イオンの新しい都市型ショッピングセンター「そよら海老江」がオープン。「イオンスタイル海老江」を中心に、屋上の芝生広場やキッズ向けスクール、塾、大阪市認可のベビーセンターなど、子育てファミリーに向けた施設になっています。
JR福島駅と阪神野田駅の中間にあたる鷺洲エリアも、大手スーパーや100円ショップ併設のドラッグストアなどが充実しています。

イオンスタイル海老江
そよら海老江内の「イオンスタイル海老江」は24時まで営業(撮影/川谷信太郎)

都会的オアシスである緑のスポット、子どもたちが走り回れる広い公園も点在

都心のイメージが強い福島区ですが、意外に緑のスポットである公園も点在しています。たとえば福島区内最大の広さを誇る「下福島公園」は、遊具やグラウンド、屋内・屋外プールが併設されています。また600年ほど前から“吉野の桜か野田の藤”とその美しさを称えられてきた「のだふじ」の名所としても知られています。JR福島駅北側にある「鷺洲中公園」も、遊具や思い切り走り回れる広さがあり、多くの子どもたちでにぎわっています。
「第2期うめきた地区開発」には、広大な都市公園が誕生予定。 “都会の森”を目指して8haもの大規模な緑化空間が計画されています。多様なアクティビティが展開され、カフェやレストランなども整備される予定。より光・風・緑を身近に感じながら暮らすことができるようになることに、期待が高まります。

下福島公園
福島区内最大の広さを誇る「下福島公園」(撮影/川谷信太郎)

安心して子育てができる環境も整備中。ファミリータイプの相場は?

待機児童問題の解決を重要課題とする大阪市は、保育所・地域型保育事業等の新設を積極的に進めています。福島区においても認可の保育園23か所、小規模保育園12か所、幼稚園7か所、その他認可外や企業主導型の保育施設があります(2021年3月現在)。今後も新設園は増えていくと思われますが、子育て世帯がどんどん増えているので、入所倍率は高くなりそう。福島区への転居を検討されている方は、早めに情報収集をした方がよさそうです。
JR福島駅周辺が通学校区となっている福島小学校、上福島小学校は、2020年から通学区域が変更になり、上福島小学校では増築工事が始まっています。大規模マンションやタワーマンションが建ち、急激にファミリー世帯が増えてきたからといえるでしょう。
福島区の家賃相場は大阪市内全体の中では比較的高め。梅田方面のオフィスに利便性が高いこと、新幹線や飛行機を使っての全国への移動にも便利なことから、転勤で関西に来るビジネスパーソンによく選ばれる街です。仕様・設備や広さに恵まれた分譲マンションが賃貸として出ているケースも多く、ファミリータイプともなれば、かなり高額な家賃のものもあります。ただ、JR海老江駅、OsakaMetro千日前線の野田阪神駅、玉川駅、阪神電鉄の野田駅、淀川駅など福島区内でも西側のほうは、比較的手ごろな家賃の物件も多くあります。区内でも複数の駅に視野を広げて探してみるとよいでしょう。

大阪市福島区周辺の家賃相場情報

賃貸(マンション)
ワンルーム 1K 1LDK 2LDK 3LDK
7.01万 7.16万 11.7万 15.17万 23万
賃貸(アパート)
ワンルーム 1K 1LDK
5.8万 6.8万 9万
※SUUMO調べ。調査概要はこちら

賃料も上昇中。「うめきた開発」で、さらに注目が高まると予想されます。都心でありながら、生活環境と子育て環境が整っていて、かつ梅田・大阪に近いという利便性が魅力の『福島』。お仕事が忙しいビジネスマンや共働きファミリーも暮らしやすい街です。

鷲洲上公園
鷺洲上公園横の鷺洲小学校は、2020年度時点で福島区の中で一番児童数が多い(撮影/川谷信太郎)

グランフロントが誕生した「うめきた1期」に続き、商業施設・都市型住宅・オフィス・大規模な都市公園が計画されている「うめきた2期地区開発」が完成予定。また2023年には「うめきた(大阪)地下」駅誕生予定、2031年になにわ筋線が開業予定と、目まぐるしく進化する大阪・梅田に隣接する福島区。すべてが完成する頃には、大阪・梅田の範囲がぐっと広がり、寄り添う福島界隈も“うめだ・おおさか”の一部になりそうで、期待がますます高まります。

まとめ

全般的に、近年、急速に住宅地化が進んでいます。大規模マンションやタワーマンションが立て続けにでき、多くのファミリー世帯が暮らすようになってきています。

進化する「うめきた」に寄り添い、さらなる飛躍が期待できます。

ファミリー世帯が増え、生活利便施設や教育施設も整ってきています。

●家賃相場 調査概要

【調査対象物件】賃貸マンション/駅徒歩10分以内、築年数10年以内、賃貸アパート/駅徒歩10分以内、築年数の設定なし(掲載物件が11件以上ある駅に限る)
【データ抽出期間】2021/7~2021/9
【家賃の算出方法】上記期間でSUUMOに掲載された賃貸物件(アパート/マンション)の管理費を含む月額賃料から中央値を算出

賃貸物件を探す
引越し見積もりをする
中古一戸建てを探す
新築一戸建てを探す
新築マンションを探す
中古マンションを探す
土地を探す
注文住宅の会社を探す
リフォーム会社を探す
売却査定する
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
取材・文/桜木ひかる 撮影/川谷信太郎
公開日 2022年01月10日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る