住みたい街ランキング 2018

住みたい街トップ3は、1位「横浜」、2位「恵比寿」、3位「吉祥寺」という結果になった。「横浜」を選んだ人の理由は「交通アクセスの良さ」と「何でもそろう買い物の便利さ」を挙げた人が多い。また、地元・神奈川県の人だけでなく、東京都や埼玉県など他の都県から幅広い支持を集めているのも特徴だ。

他の駅と圧倒的な得点差をつけて、1位は「西宮北口」に! 次いで2位「梅田」、3位「神戸三宮」だった。実は、上位3位は所在府県以外からの投票シェアが高い。広域から支持をされた街が順位を上げたことが分かった。

2018 調査概要

<調査方法の変更について>

住みたい街ランキング調査は、2010年に開始して以来2011年を除いて毎年実施してきましたが、本年の調査では統計の精度を向上させるため、調査母数を増やし、標本抽出方法を従来の「世帯構成(ライフステージ)×性別による均等割付」から「都道府県×性別×年代による人口分布割付」に変更いたしました。また駅の選択方法を「沿線→駅」→「都道府県→沿線→駅」と今年から「都道府県」選択を追加しました。調査方法を変更しているために、過去の調査の得点や順位は参考値としてご覧ください。

関東 関西
調査目的 関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)の住みたい街(駅)や自治体を明らかにすること。またその選択理由を把握すること。 関西圏(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県)の住みたい街(駅)や自治体を明らかにすること。またその選択理由を把握すること。
調査対象
関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)在住の20歳~49歳の男女。

平成27年国勢調査の構成に合わせて、都道府県×性別×年代で以下のように割付けた。
関西圏(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県)在住の20歳~49歳の男女。

平成27年国勢調査の構成に合わせて、都道府県×性別×年代で以下のように割付けた。
調査方法
インターネットによるアンケート調査
  • ・「住みたい駅」は、画面上にプルダウンリストを3つ設置し、都道府県→沿線→駅の順で選択肢を絞り込む形。「住みたい自治体」は、都道府県→自治体の順で選択肢を絞り込む形。
  • ※昨年まで「沿線→駅」という順の絞り込み。今年から「都道府県」を追加した。
  • ・「住みたい駅」の対象駅は、1都4県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県) にある駅(新幹線の単独駅の本庄早稲田を除く)が対象。
  • ・「住みたい自治体」の対象は1都4県(同上)のすべての自治体(「市区郡」まで。町村名は除く)が対象。
インターネットによるアンケート調査
  • ・「住みたい駅」は、画面上にプルダウンリストを3つ設置し、都道府県→沿線→駅の順で選択肢を絞り込む形。「住みたい自治体」は、都道府県→自治体の順で選択肢を絞り込む形。
  • ※昨年まで「沿線→駅」という順の絞り込み。今年から「都道府県」を追加した。
  • ・「住みたい駅」の対象駅は、 2府4県(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県)にあるすべての駅が対象。
  • ・「住みたい自治体」の対象は2府4県(同上)のすべての自治体(「市区郡」まで。町村名は除く)が対象。
調査期間
  • スクリーニング調査:2017年12月19日(火)~2018年1月15日(月)
  • 本調査:2018年1月5日(金)~ 2018年1月18日(木)
  • ●スクリーニング調査対象数:178,789人 スクリーニング調査回収数:29,468人
  • ●本調査有効回答数:7,000人
  • スクリーニング調査:2017年12月19日(火)~2018年1月22日(月)
  • 本調査:2018年1月5日(金)~ 2018年1月22日(月)
  • ●スクリーニング調査対象数:113,370人 スクリーニング調査回収数:22,938人
  • ●本調査有効回答数:4,600人
調査実施機関 株式会社マクロミル 株式会社マクロミル

ランキング得点の算出方法

<住みたい街(駅)、住みたい自治体ランキング得点の算出方法>
Q.あなたが、今後「住んでみたいと思う街(駅)」はどこですか。
最も住んでみたい街(駅)→3点 / 2番目に住んでみたい街(駅)→2点 / 3番目に住んでみたい街(駅)→1点
Q.あなたが、今後「住んでみたいと思う行政市区」はどこですか。
最も住んでみたい行政市区→3点 / 2番目に住んでみたい行政市区→2点 / 3番目に住んでみたい行政市区→1点

として、各街(駅)、各行政市区ごとに各々上位3つを回答してもらい、上記ルールにて重みづけ配点をしたものを合算してランキングを作成した。
<上記以外のランキング得点の算出方法>例)穴場だと思う街(駅)ランキング
Q.あなたが、今後「住んでみたいと思う街(駅)」はどこですか。3つまでお答えください。
1つめ、2つめ、3つめとして、街(駅)を最大3つまで回答してもらい、重みづけはせずその合計数でランキングを作成した。
※集計方法を昨年(2017年)より変更
  • ※ 本調査時の回答データを、1位3点、2位2点、3位1点として、数値化しております。そのなかで一定のポイントを獲得した情報を掲載しています
  • ※ 表示されている沿線名について、複数路線が乗り入れている駅の場合は得票数が最も多かった沿線名を表記しています
  • ※ 無断転用禁止。引用の際はご一報ください
【本件に関するメディア掲載・取材に関するお問い合わせ先】
株式会社リクルート住まいカンパニー 企画統括室統括部 カンパニー・コミュニケーショングループ
プレスリリース:
ページトップへ戻る