床下換気扇や床下換気口はなぜ必要? 知らないと怖い床下換気

床下換気扇や床下換気口はなぜ必要? 知らないと怖い床下換気

床下に湿気がこもると、ひどい場合には土台の腐食やシロアリ被害を引き起こします。それを防ぐために床下換気扇や床下換気口を設けるのですが、ではどんな家の場合にこうした対策が必要になるでしょうか。一級建築士の佐川さんに教えてもらいました。

床下換気扇や床下換気口って効果があるの?

床下の換気(湿気対策)が必要な理由

床下に湿気がこもると、建物やそこで暮らす人の生活や健康に悪影響を及ぼしかねません。ではどんな悪影響が考えられるのでしょうか。主に次のようなことが考えられます。

・木造住宅の土台が腐食する
・シロアリの発生を誘発する
・室内にカビやダニが繁殖する原因になる
・室内の建具などが湿気で膨張し開閉しにくくなる

床下に湿気がたまると暮らしや健康に悪影響を与える
床下換気がうまくいかないことで起こりうる悪影響
カビやダニが繁殖して健康に悪影響を与えたり、建具が開閉しにくくなる

土台の腐食やシロアリ被害がひどくなれば、地震で家が倒れてしまう危険性があります。またカビやダニは喘息や皮膚炎、アレルギー性鼻炎といったさまざまな病気を引き起こす原因になります。

部屋の湿気の原因が床下かどうか確認を

実は上記のような悪影響が出ている理由は、床下の湿気以外にも考えられます。例えば断熱性が低い家の場合、室内と室外の温度差によって窓等に結露が生じ、それが原因でカビが生えることがあります。あるいは部屋の風通しが悪いだけかもしれません。

そこで、本当に床下に湿気がたまっているのか確かめるために、もし床下点検口のある家ならば、床下の湿度がどれだけあるのか、一定期間測ってみることをオススメします。点検口から手が届く場所の床下に市販の湿度計を置いてもいいですが、より正確に知りたいのであれば、点検口から床下に入り、水まわりの床下などに置き、定期的に測るようにしてみましょう。

室内と違い、外気とほぼ同じ湿度になる床下は、季節や天気によって湿度が上下しますが「床下の湿度が一年を通して50%以上あるようなら、床下換気扇や床下換気口など、リフォーム会社などに相談するといいでしょう」

床下換気口の一例
床下点検口の一例。洗面所やキッチンの床に設けられていることが多い。ここから基礎の床に湿度計を置いて床下の湿度を計測することができる(画像提供/PIXTA)

一方で点検口がないなど、床下に湿度計が置けない場合は、床を剥がさないと湿度計を置くことができません。それでは床下の湿気対策の前に費用がかかってしまいますから、例えば間取り変更など床を剥がすような大がかりなリフォームを行う際に、床下の状況を合わせて見てもらうといいでしょう。そこまで待てないというのであれば、床を剥がして戻すための費用が余計にかかりますが、リフォーム会社に相談して一度床下を見てもらいましょう。

床下に湿気がこもりがちなのはどんな家?

本来、床下は空気の通り道が設けられています。「ベタ基礎の場合は基礎部分と構造体の間に基礎パッキンを挟んで、布基礎の場合は土台部分に4mに1つ程度の間隔で床下換気口を備えることで床下の空気の通り道をつくっています」。こうした基礎パッキンや換気口へ自然の風が流れこむことで、床下の空気が動いて湿気がたまりにくくなります。

ベタ基礎に用いられる基礎パッキン
布基礎に備える床下換気口
ベタ基礎の場合は基礎部分と構造体の間に「基礎パッキン」、布基礎の場合は土台部分に「床下換気口」を備える(画像提供/PIXTA)

「特にキッチンや浴室、トイレといった水まわりの下は湿気が高くなりがちです。本来は自然の風の力で撹拌して湿気がこもらないようにするのですが、風の向きをうまく計算していないと、湿気がたまりやすくなります」。水まわり部分の基礎は、大きなリビングなどと比べるとどうしても細かく区切られることになり、風が抜けにくくなりがちだからです。

換気がうまくいっていない床下
(画像提供/PIXTA)
●床下換気が必要な家

1.湿気の多い土地
・もともと田んぼや湿地を宅地に転換した土地に建つ
・窪地や坂の下など、周囲と比べて低い場所に建つ

2.風通しが悪い土地
・風の通りが悪い場所に建つ
・隣家が近い、密集地(風の通り抜けが悪い)

3.風通しを妨げている
・換気口の前に常に荷物やエアコンの室外機等が置かれている
・床下に人が入れないほど基礎が低い(低いと空気が流れにくくなる)

床下の湿気対策にはどんな方法がある?

それでは、床下の湿気が「一年を通して50%以上」ある状態を、自然の風の力では解消できない場合、どんな対策方法があるのでしょうか? 主に以下の3つの方法があります。

●床下の湿気対策

1.床下換気扇(排出型と拡散型)を備える
2.防湿シート+乾燥砂を床下に敷く
3.床下調湿剤を撒く

それぞれの方法について、詳しくみていきましょう。

1.床下換気扇(排出型と拡散型)を備える

「まず、床下換気扇を備えるという方法が考えられます。風の通り道を計算して、必要な場所に床下の湿気を排出するタイプの床下換気扇を備えます」。ただし、換気扇の羽は大きくありませんから、それだけでうまく風の通り道をつくることは難しいので、基礎の真ん中などに空気を拡散する拡散型の床下換気扇を備えるといいそうです。

排出型と拡散型の床下換気扇の配置イメージ
排出型と拡散型の床下換気扇の配置イメージ
効率よく風が流れるルートを計算して、配置することが重要
●床下換気扇設置の目安

【設置台数】
30坪の家なら2~4台

【費用(目安)】
床下換気扇:約10万~30万円/台 ※家の面積により、床下換気扇の容量が異なる
月々の電気代:100円程度

ただしメーカーによって価格が異なりますし、間取りによって備える排出型の床下換気扇や拡散型の床下換気扇の数も変わりますから、必ず見積もりで確認するようにしましょう。

床下換気扇の耐久性は10年~15年ですが、各メーカーに確認を。その上で、取り付けた後は定期的に床下換気扇が動いているか確認しましょう。

2.防湿シート+乾燥砂を床下に敷く

「新築で布基礎を施工する場合、地面に防湿シートを敷き、その上に乾燥砂を敷きつめ、地面から湿気が立ち上がるのを防ぎます」。一方、ベタ基礎の場合は厚いコンクリートで地面をすべて覆うことで湿気の立ち上がりを遮断するので、この方法を用いることはほとんどありません。

布基礎の家で、後から防湿シート+乾燥砂を敷きたい場合は「床下に人が入れる高さがあれば施工できますが、床下が低くて人が入れない場合は床を剥ぐ必要がありますから、間取り変更など大がかりなリフォームの際に一緒に施工するといいでしょう」

防湿シートはその名の通り、地面から湿気が立ち上がるのを防ぐものです。乾燥砂は湿気を吸ったり吐いたりする働きがあります。「乾燥砂の代わりに炭を使う施主もいます」。また乾燥砂の代わりに下記の床下調湿材を利用する方法もあります。

防湿シートは本来40年程度、乾燥砂は半永久的に使えます。ただし日当たりの加減や湿気が多いなど床下環境によっては傷みが早くなるので、10年に1回を目安に、必ず定期的に状態を確認しましょう。

布基礎に防湿シートを敷いた様子
(画像提供/PIXTA)

3.床下調湿剤を撒く

床下に人が入れる高さがあれば、床下調湿剤を撒く方法もあります。布基礎は防湿シートを敷いてその上に、ベタ基礎の場合はコンクリートの上に撒きます。素材は布団が湿らないよう押入れなどに入れる調湿剤と同じようなものです。「ホームセンターなどで簡単に手に入りますし、自分で撒くこともできます。まずは調湿剤で試してみて、それでも床下の湿気が減らないようなら床下換気扇を検討するという順番がよいでしょう」

リフォームで床下の湿気対策を行う際の注意点は?

複数のリフォーム会社に見てもらうといい

部屋の湿気の原因が本当に床下にあるのかも含め、床下の湿気対策はどうすればいいかは1社だけに相談せず、複数のリフォーム会社に相談して見積もりをもらうことをオススメします。このとき注意したいのが、価格の比較のために複数社に見積もりを依頼するわけではないということです。

床下換気扇は、単にたくさん備えれば大丈夫というわけではありません。きちんと周辺の風向きを考えて、効率良く換気できるように設置する必要があります。「この家は細長い間取りで、水まわりがここだから、こういう風に床下換気扇を設置すれば……」とか「隣地より○センチ低いから湿気がたまりやすい。風の向きはこうだから……」など、リフォーム会社がきちんと調査して、その対策を説明してくれるかどうか。こうした“プロとしての提案”をしているかどうかを、複数社に依頼することで判断しやすくなるからです。あるいは、もしかしたら床下以外に部屋の湿気の原因が見つかるかもしれません。

普段はあまり見ることのない床下ですが、湿気がたまったままだと建物や住んでいる人に悪影響を及ぼします。まずは家の床下の湿度がどれくらいあるのか、調べることから始めてみましょう。

まとめ

床下点検口がある場合、床下の湿度がどれくらいあるのか、まずは測ってみる。常に50%以上であれば対策が必要

防湿シート+乾燥砂or床下調湿材→床下換気扇の順番で対策してみるといい

床下の湿気対策をリフォーム会社に依頼する場合、複数社に見積もりをお願いするのがオススメ

リフォーム会社を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
注文住宅の会社を探す
土地を探す
カウンターで相談する
賃貸物件を探す
売却査定する
取材・文/籠島康弘 イラスト/てぶくろ星人
公開日 2020年04月13日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る