【平屋】20坪ではどんな間取りができる?住みやすい間取りをつくるポイントは?

【平屋】20坪ではどんな間取りができる?住みやすい間取りをつくるポイントは?

核家族が増えている今、家族構成やライフスタイルに合うコンパクトな平屋を建てたいと考えている人は多いでしょう。そこで今回は、20坪で建てられる平屋の間取りを紹介。さらに、間取りづくりにおける注意点について、一級建築士事務所 秋山立花の秋山怜史さんに伺いました。

20坪の平屋、何部屋が目安?

20坪の平屋は1~2人暮らしに適したサイズ

20坪(約67m2、約40畳)の建築面積で2階建てを建てるとすると(※建ぺい率等は考慮しない)、間取りは3~4LDKも可能になる広さですが、同じ20坪の建築面積で平屋というと、2階がない分、ややコンパクトなイメージです。20坪の平屋の場合、居住人数が何人程度であれば、快適に暮らせるのでしょうか。

「20坪の平屋であれば、人数は1人か2人。3人家族でも暮らせない広さではありませんが、大人3人で暮らすとなると、ゆとりはないイメージです。部屋数については3LDKにすると個室が狭くなってしまうので、1LDK~2LDK程度ということになるでしょう」(秋山さん、以下同)

例えば、子どもが家を出たシニアや一人暮らし、または、別荘のような用途で考えている場合には20坪の平屋は十分快適に暮らせる広さと言えるでしょう。小さな子どもがいるファミリーが20坪の平屋を建てるということであれば、子どもが成長したり、家族人数が増えたタイミングで、住み替えを考えることになるかもしれません。

平屋に住む夫妻のイメージ
20坪の平屋は、1~2人暮らしなら快適に暮らせる広さ(画像/PIXTA)

20坪の平屋 間取りづくりの注意点は?

居住空間を広くするには、廊下を減らすことがポイント

平屋の場合、同じ床面積の2階建ての家と比べると、敷地面積をより多く確保する必要があります。さらに、平屋は基礎や屋根の部分が2階建てよりも大きくなるため、同じ建築面積の2階建てよりも、建築費用が高くなるのが一般的です。

土地代も建築コストもかかるため、限られた床面積をより有効に使いたいと考えるものですが、そもそも、同じ床面積の2階建てと比較すると、平屋の方が空間は広々と感じられるといいます。

「2階建ての場合、階段や2階の廊下などをつくるための面積が必要になります。平屋はそれらが必要ないため、約3坪(約10m2、約6畳)程度は平屋の方が居室などに使える面積は広くなり、同じ床面積20坪でも、平屋の方が空間を広く感じることができます。

また、限られた床面積をより有効に使いたいということであれば、廊下のスペースをできるだけつくらないようにするというのがポイントです。廊下に割く面積を減らせば、その分、リビングや個室などに使える面積を増やすことができます」

廊下のイメージ
廊下に割く面積を減らすのがポイント(画像/PIXTA)

平屋の断熱性には配慮が必要

空間を広く使え、上下移動もなくシンプルな動線で暮らせる平屋ですが、快適に暮らすためには、間取りのプランニング以外にも注意しておく点があると言います。

「平屋の場合、生活スペースがワンフロアで完結するため、地面からの冷えや、屋根からの熱などの影響を考えて断熱対策をしっかり行う必要があります。特に屋根については、平屋の場合面積が大きくなるので、注意が必要です」

断熱対策が不十分だと、住みはじめてから冷暖房費などのランニングコストがかさむなどの問題がおきかねません。平屋を建てる際には、設計者などとしっかり断熱対策について相談しておくようにしましょう。

家の断熱対策のイメージ
快適に住まうには、断熱対策が重要(画像/PIXTA)

20坪の平屋の間取りを紹介

20坪の平屋といっても、そこで暮らす人のライフスタイルなどによって、間取りプランはさまざまです。今回は20坪の平屋の間取りを考えるヒントになるよう、20坪の平屋を建てた実例を3つ紹介します。

【実例1】延床面積約19.6坪 
バリアフリーで住みやすい、木造の平屋

車椅子でも移動しやすい、玄関前のスロープ
車椅子でも移動しやすいよう、玄関の前にはスロープを設置
木のぬくもりを感じられるLDK
木のぬくもりを感じられるLDK。廊下をつくらず開放的な間取りに

バリアフリーで住みやすい木造の平屋を建てることにしたKさん。柱や梁を現し、床は無垢(むく)フローリングにするなど、LDKは木のぬくもりを感じられる空間に仕上がりました。天井高を高くし、ハイサイドライトを設置したことで、光や風がうまく通り抜けるようになっています。

また、廊下のない開放的な間取りにより、各空間へのアクセスもスムーズ。車椅子にも対応できるよう、ゆとりのあるプランです。

夏も冬も快適に過ごしたいと、外張り断熱+充填断熱のW断熱や高性能サッシを採用。高気密・高断熱を実現し、床暖房も備えた平屋は一年を通じて快適に暮らせると、新しい住まいに満足されているそうです。

<間取り> 2LDK
間取り 1階

【DATA】
延床面積 65.00m2(19.6坪)
敷地面積 161.13m2(48.7坪)
家族構成 2人
(実例写真・間取図提供/仁科建設)

この実例を詳しく紹介

【実例2】延床面積約20.1坪 
ドッグランとして使える庭もある、2人暮らしにちょうどいい広さの平屋

人工芝を敷き詰めた庭
西側には人工芝を敷き詰めた庭を設け、ドッグランとしても活用
白を基調とした広々と明るいLDK
広く感じられるよう、床材もクロスも白で統一。光もたっぷり取り込み、明るいLDKを実現

夫妻二人で住まう家なので、1階で生活が完結する、くつろげる平屋がよかったというHさん。夫妻のこだわりのつまった平屋は動線がコンパクトで掃除などの家事もラクになりました。

敷地の一部は人工芝を敷いた庭にしてドッグランとしても活用。LDKから庭には直接出られるよう勝手口を設けたので、庭の一角に設けた洗濯物を干すスペースへアクセスしやすく、洗濯物をスムーズに干せて重宝しているといいます。

日当たりが良く、昼間は照明がなくても快適に過ごせるというリビングのクロスや床材は白で統一。明るい色合いで、より空間を広々と演出しています。リビングの壁には飾り棚を設け、写真などを飾って楽しめるようにしたそうです。

<間取り> 2LDK
間取り 1階

【DATA】
延床面積 66.66m2(20.1坪)
敷地面積 221.95m2(67.1坪)
家族構成 2人
(実例写真・間取図提供/ヤマダホームズ)

この実例を詳しく紹介

【実例3】延床面積約21.5坪
自分らしい暮らしを楽しめる終の棲家

太陽光発電システムが搭載された平屋の外観
外壁のタイルやプロヴァンスシックな雰囲気が気に入っているという外観。屋根には太陽光発電システムを搭載
吹抜けを設け、広々としたLDK
吹抜けを設け、広々としたLDK。タタミコーナーの下は収納スペースとして活用

永く住まうことを見据え、ワンフロアで快適に暮らせるコンパクトな平屋を選択したFさん。のびやかな空間で、自分らしく楽しめるマイホームをと考え、大好きな雑貨を飾る飾り棚やニッチを各所につくり、家中にハンドメイドの作品やお気に入りの小物などを飾って暮らしを楽しんでいるそうです。

また、コンパクトな空間も広く感じられるよう、間仕切りは最小限に。LDKには吹抜けを設け、ロフトとつなげることで、明るく開放感あふれるLDKになりました。広々とした空間が物であふれることがないよう、タタミコーナーの下を収納として活用するなど、十分な収納スペースも確保しています。

<間取り> 1LDK
間取り 1階
間取り ロフト

【DATA】
延床面積 71.21m2(21.5坪)
敷地面積 201.39m2(60.9坪)
家族構成 本人
(実例写真・間取図提供/クレバリーホーム)

この実例を詳しく紹介

コンパクトな20坪の平屋でも、工夫次第で快適な住まいをつくれます。平屋ならではのメリットを活かしつつ、自分たちの暮らしにあったプランを考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

20坪の平屋は1~2人暮らしサイズ。間取りの目安は1LDK~2LDK

廊下を減らせば、床面積をLDKや居室に使える面積が約3坪程度広くなる

平屋は特に断熱対策に配慮が必要

注文住宅の会社を探す
土地を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
賃貸物件を探す
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
売却査定する
取材・文/島田美那子
公開日 2021年03月15日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る