シングル女性の住まいと生活 じっくりレポート 2021

シングル女性の住まいと生活 じっくりレポート 2021

女性を含め、人々のライフスタイルがどんどん多様化する現代。一人暮らしをするシングル女性たちは、どのような部屋に住み、どのようなシングルライフを謳歌しているのだろう。彼女たちの年収、家賃、さらには愛用している家電まで、その実態に迫ってみた。
※調査データのパーセンテージは四捨五入により合計が100%にならないことがあります

みんなの家賃は?年収は? 住んでいるのはどんな部屋?

シングル女性の【年収】は200万~400万円が6割以上

シングル女性の「年収」データ
(Q.1)シングル女性の年収

⇒こちらをクリックするとPDFでご覧いただけます。

シングル女性で一人暮らしをしている人の年収は「300万~400万円」が最も多く、ついで「200万~300万円」が多い。これらを合わせて約6割を占めている。

【家賃】は6万~8万円台が約6割

シングル女性の「家賃」データ
(Q.2)シングル女性の家賃

⇒こちらをクリックするとPDFでご覧いただけます。

家賃は「6万円台」「7万円台」が多く、それぞれ2割以上。次いで「8万円台」が多く、これらを合わせると、6万円~8万円台で全体の約6割を占める。そして「10万円」を境に、急激に少なくなっていく。

家賃の目安は「月収の3分の1以内」と言われるが、上記データの年収のボリュームゾーンである「300万~400万円」と合わせて考えると、多くの人がその範囲内に収めていることがわかる。

一人暮らしをする、シングル女性の生活実態とは

片付けが「得意」な人が前回調査より増加傾向に

シングル女性の「片付けは得意なほう?」データ
(Q.3)片付けは得意なほう?

自分は片付けが得意なほうか、不得意なほうかを聞いたところ、「どちらかといえば得意」が4割弱と最も多く、「どちらかというと不得意」よりもやや多いという結果となった。

ここで注目したいのが、2017年の前回調査からの変化。

「得意」「どちらかといえば得意」の合計は前回39.9%→今回49.1%
「どちらかというと不得意」「不得意」の合計は前回60.1%→今回51.0%

このように「得意」「不得意」の半分に分けると、全体で約1割も変動があったことになる。

家で過ごす時間が増え、持ち物の整理をしたり、収納計画を見直したりする人が増えたことにより、片付け上手になった人が増えているのかもしれない。

なお、片付けが得意な人・不得意な人が、どんなときにそう思うのかを聞いたので参考にしよう。

【得意/どちらかといえば得意】
● 「いつでも人を呼べる程度に片付いているし、綺麗な部屋にいると心が落ち着くから」(30代)
● 「基本的に不要なものが家にない。こまめに持ち物の見直しをする習慣があるから」(20代)

【不得意/どちらかというと不得意】
● 「やろうとは思っても、なかなか行動に移せないとき。きれいになると気持ちがいいのに、ついついだらけてしまい、掃除や片付けを後回しにしてしまう」(20代)
● 「平日のうちに部屋が散らかっていって、休日のたびに片付けなくてはならないから」(30代)

掃除は「週1」・洗濯は「3日に1回」・シーツの取り換えは「週1以下」

シングル女性の「掃除・洗濯・シーツの取り替え頻度」データ
(Q.4)掃除・洗濯・シーツの取り替え頻度

⇒こちらをクリックするとPDFでご覧いただけます。

掃除は「1週間に1回程度」が約3割。洗濯は「3日1回程度」が4割近く。シーツの取り換えは「1週間に1回よりも少ない」が最も多く、6割近く。大きな洗濯物は天気によってできないこともあるため、休日にやろうと思ってもできないことがあり、このような頻度になると考えられる。

洗濯をする人のイラスト

家で使うキッチン家電は「炊飯器」「電子レンジ」がマスト

シングル女性の「キッチン家電」データ
(Q.5)キッチン家電について

⇒こちらをクリックするとPDFでご覧いただけます。

家で使っているキッチン家電・欲しいと思うキッチン家電を聞いたところ、「炊飯器」「電子レンジ」「電気ポット(ケトル)」はほとんどの人が所有。「オーブンレンジ」も半数以上の人が持っている。特に電気ポット(ケトル)は2017年の前回調査で51.1%だったところ、65.5%と大躍進している。

また、今欲しいキッチン家電は、「ない」を除くと「食器洗浄機」「ホットプレート」「コーヒーメーカー」がトップ3。特に食器洗浄機は前回10.7%から今回23.3%と大きく票を伸ばした。自炊をする機会が増えた今、「なくても生活はできるが、あるとより豊かに暮らせる」家電に注目が集まっている。

電気ケトルを使う女性のイラスト

便利に感じている設備・仕様は「エアコン」「バス・トイレ別」

シングル女性の「住宅設備」データ
シングル女性の「住宅設備」データ
(Q.6)住宅設備について

現在の家にあって便利に感じている設備・仕様、そして次に引越しをするときに欲しい設備・仕様について聞いたところ、「エアコン」「バス・トイレ別」が2トップ。これ以降、順位の入れ替えこそあるものの、「TVモニター付きインターホン」「独立洗面台」「クローゼット」「コンロ2口以上」「2階以上」と、上位7項目は同じ顔ぶれが続く。現在の家で便利に感じているため、次も絶対欲しいと思っている人が多いようだ。

理想のバスタイムを想像する人のイラスト

以上が、シングル女性の一人暮らしの実態。さまざまな切り口から調査したが、200万~400万円の年収で、家賃6万~8万円の賃貸住宅に住み、最近は片付け上手な人が増えてきている……など、さまざまなことがわかった。自分のケースと比べて、部屋探しの参考にしてみよう。

まとめ

一般的な一人暮らしのシングル女性の年収300万円台、家賃は6万円台が標準

片付けが「得意」な人が増加。掃除は「週1」・洗濯は「3日に1回」

人気の家電は「炊飯器」「電子レンジ」、設備・仕様は「エアコン」「バス・トイレ別」

→前回の調査を紹介した記事はこちら
シングル女性の住まいと生活 じっくりレポート2017

賃貸物件を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
土地を探す
注文住宅の会社を探す
売却査定する
リフォーム会社を探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
文/前川ミチコ イラスト/ery
公開日 2021年08月17日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る