自然に寄り添いながら成熟する 森のなかのレジデンス

平塚ガーデンホームズの外観

物件名:
平塚ガーデンホームズ
所在地:
神奈川県平塚市
竣工年:
1983年
総戸数:
131戸

川、海、山。湘南の自然がマンションを取り囲む

竣工から36年経つ「平塚ガーデンホームズ」は、“自然との共生”という言葉がふさわしいマンションだ。

東を見ると、そこ広がるのは花水川ののどかな眺め。花水川とは神奈川県中西部を流れる金目川の下流についた愛称だ。釣り糸を垂らせば、アユ、ハゼ、ウナギなどが上がり、土手の桜並木は花見の名所としても知られている。

南に控えるのは、湘南のシンボルである相模湾だ。“平塚砂丘の夕映え”は平塚八景の一つ。海岸を散歩したり、ランニングしたり、もちろん、サーフィンや海水浴も満喫できる。

そして、西に目を転じれば、高麗山(こまやま)の勇姿を拝むことができる。「21世紀に残したい日本の自然100選」にも選ばれた名山であり、山頂一帯は高麗山公園として整備されている。

竣工当時の航空写真

竣工当時の上空からの景色。写真の中央を流れる花水川沿いのマンションが平塚ガーデンホームズ。海も歩いて10分ほどの近さだ(写真提供/サムデザイン)

平塚ガーデンホームズから見える高麗山

平塚市と大磯町にまたがる高麗山も一望できる。広葉樹の自然林が残り、四季の移ろいや天候の変化でさまざまな表情が目にできる

森のように樹木が茂る石畳のアプローチ

三方を川、海、山に囲まれた自然環境だけでも目を見張るものがあるが、マンションに足を踏み入れてさらに驚いた。森のなかに建てられた瀟洒(しょうしゃ)なレジデンスとでもいおうか。約1万㎡の細長い敷地には2つの住棟が向かい合わせに立ち、その周りを数え切れないほどの樹木や草花が埋め尽くしている。クスノキ、ケヤキ、エノキなどの高木もあれば、ヤマボウシやエゴノキといった中低木もあり、紫陽花、水仙、バラなどの花も四季折々に咲き誇る。小鳥の囀りを耳にしながら石畳のアプローチを歩くと、日常のせわしなさが一気に吹き飛んでいく。

緑豊かな平塚ガーデンホームズ

マンション内はまさに緑の楽園。漂う空気も清々しい

木製の敷地配置図

入り口に立てられた敷地配置図。木製のため、植栽になじんでいる

白い花をつけたエゴノキ

花や実をつける樹木も多く、取材時はエゴノキが可憐な白い花をつけていた

そんな緑溢れる空間をより豊かにしているのが水のせせらぎだ。管理室の前には鯉が泳ぐ池があり、小川のような水路もつくられている。

「池や水路に流れているのは井戸水です。敷地内には4つの井戸が掘ってあり、そのうち2つから1日約10tの水を汲み上げています。最近は少し減ってきましたが、サワガニも棲みついているんですよ」

そう教えてくれたのは、竣工時からこのマンションで暮らす管理組合理事長の稲葉さんだ。

井戸水を利用した池

井戸水を利用した池は大小2つ。藻が生えるため、年に1度、大掃除をするとか

階段の上り下りを楽しくする空中庭園

緑の仕掛けは、各住戸を行き来する階段にもちりばめられていた。

「このマンションはエレベーターがなく、住戸までは外階段を使うのですが、途中にさまざまな空中庭園がつくられているんです」

そう話す理事長の案内で、早速、階段を上がってみると、ひょっこりと緑の空間が出現。階によって緑の見え方が変わるのが楽しく、おのずと足取りも軽くなる。ちなみに、階段は段差が低くステップが広いので、お年寄りでもラクに上り下りしているそうだ。

平塚ガーデンホームズの外階段

背丈のある木も植えられた2号棟の空中庭園。階段の黒い手すりはコルテン鋼製で、マットな質感が緑と調和している

加えて、奥行き2.4mもの広いバルコニーでは植物を育てる住人も多く、それもまた目を楽しませる。どこに視線を向けても緑がある環境は、うらやましいのひと言だ。

平塚ガーデンホームズの庭園

階段を上がる途中で眼下に目をやれば、そこにも空中庭園が

広いバルコニーで植物を育てる住人

自然を愛する人が多いためか、プランターがズラリと並んだ住戸が目につく。バルコニーは2.4mもの奥行きがあり、ピアノ線状のPC鋼線で補強してあるそうだ

「都心まで電車で1時間半程度なので通勤は十分可能ですが、竣工当初は別荘として所有する人が多かったんですよ」

と理事長。確かに、敷地の内外にこれだけの自然があれば、リゾートマンションと名乗っても違和感はないだろう。

空師がつくり出す “雑木林”の心地よさ

マンションを設計したのは、SUM建築研究所(現:サムデザイン)の井出共治氏。「里山を残しつつ、そこに溶け込むマンション」を手がけてきた井出氏の設計は、長い歳月を経て植栽が成長したときに本当の意味での完成形となる。

この物件もしかりだ。今ある圧倒的な緑は、植物の成長の証であり、それは設計者の想いを受け継ぐ住人たちが大切に守り育ててきたものだ。

その主体となるのが、理事会と、約20名の住人ボランティアで構成される庭園委員会である。

委員会発足のきっかけは植栽からのSOSだった。竣工から20年ほどが経ったころ、木々が弱って枯れてしまったり、強風で倒木したりという事態に見舞われたのだという。

委員長の近藤さんは当時のことをこう振り返る。

「もともとここは土壌が痩せていて、植物が育ちやすい環境ではありませんでした。加えて、そのころ、依頼していた心ない造園業者によって多くの木がバッサリと切られてしまい、そのダメージから根がすっかり弱ってしまっていたんです。そこで、植栽の管理の方法を見直そうという話が持ち上がり、住人主導で進めていくために庭園委員会が組織されたんです」

管理員の畠山さん、稲葉理事長、庭園委員会委員長の近藤正子さんと、理事会に携わる夫の裕幸さん

お話を伺った方々。左から、長年マンションを見守る管理員の畠山さん、稲葉理事長、庭園委員会委員長の近藤正子さんと、一級建築士としての知識と経験を活かして理事会に携わる夫の裕幸さん

同時に、造園業者の見直しも遂行された。新たに植栽の管理を託されたのは、空師である「佐野森業」の佐野大介さんだ。空師とは、高木に登って木の剪定をする職業。全国でも30人ほどしかいないという、その空師の1人である佐野さんは、神社、保育園、商業施設などの植栽の剪定を任されるスペシャリストだ。

理事会と委員会がオーダーしたのは、人間の都合ではなく自然に寄り添った植栽の管理。イメージとしては雑木林のような環境づくりだ。それは自身のポリシーにも合致していたと佐野さんはいう。

「僕が心がけているのは、木の声を聞きながらできるだけ自然のままに剪定をすること。木漏れ日が差し込み、そよ風が通るような心地いい環境をつくれば、人間にも、その下にいるすべての生き物にとっても暮らしやすいんです」

佐野さん

11年前からこのマンションの植栽の管理を請け負う佐野さん。世界各国を旅した後、空師を志した。現在は長野県に住みながら、全国各地を飛び回っている

事実、佐野さんに依頼してからは、木々が生き生きと息を吹き返し、緑の輝きも増したという。鳥や虫の鳴き声が喧しく聞こえてくるのも、まさにそうした管理の賜物といえるだろう。

もう一つ、このマンションで特筆すべきは伐採した木を循環させる取り組みだ。通常は廃棄してしまう幹や枝を細かいチップにして土に還す。すると土壌が肥えて樹木が丈夫に育ち、同時に雑草を抑えることもできる。こうした取り組みをしているマンションは非常に珍しいそうだ。

伐採した木のチップを蒔いた土壌

伐採した木のチップを蒔いた土壌。雑草が生えにくくなり、庭園委員会を中心に行う草取りの負担も軽減された

もちろん、このマンションの魅力は緑だけにとどまらない。

目を引くのは住居棟の配置だ。4〜6階建ての建物がそれぞれ独立しながら階段によって雁行型に連結し、横に長い1つの棟を構成している。

1号棟と2号棟の間には渡り廊下のようなスペースがあり、唯一の共用施設である集会室がここに置かれているのもユニークだ。

平塚ガーデンホームズの外観

高さの異なる建物がつながり、1つの住居棟を形成。2回目の大規模修繕で屋根を赤く塗り替えた

2棟をつなぐ渡り廊下のような集会室

石畳のアプローチを進むと、中央付近に2棟をつなぐ渡り廊下のようなスペースが出現

ガラス張りが美しい集会室

渡り廊下の正体は集会室。理事会や委員会の会議ほか、新年会などのイベントもここで開かれる

ガラス張りが美しい集会室

集会室は壁がガラス張りで明るく、天井も高い

100㎡前後、23タイプの個性豊かな住戸プラン

住戸の広さは100㎡前後が中心。間取りは23タイプとバラエティに富み、どの住戸も窓が大きく取られているため、たっぷりと光が差し込んで周囲の緑をリビングから満喫できる。

では、実際、マンションの住み心地はどうなのだろう。理事長の稲葉さんと庭園委員会委員長の近藤さんに、一住人としての感想を伺ってみた。

「そもそも僕がこのマンションを選んだのは、自然の中で子育てしたいと思ったから。その子どもたちが巣立った現在は妻と2人暮らしですが、緑に囲まれたのどかな生活を満喫しています。私は海岸までウォーキングしたり、妻は周囲の自然の景色を絵にしたり。わが家は窓から高麗山が見晴らせるのですが、季節や天候で山の景色はさまざまに変わって見飽きることがありません」(理事長)

「外出先から帰ってきたとき、木々の緑が見えるとほっとしますね。バルコニーで植物を育てている人は多いですが、うちの場合は少しだけ。外に緑が見えるからそれでいいかなって(笑)。家にいながらリゾート気分が味わえるから、連休があってもわざわざ遠くまで旅行しようという気にならないんです」(委員長)

木製の郵便受け

木製の郵便受けは巣箱を思わせる愛らしいデザイン

木製ドアの玄関

1つの階段に対して各フロア2戸ずつ配置したプライベート感の高い住戸配置。玄関ドアや表札も木製だ

木の面材がナチュラルなキッチン

ほぼ竣工当時のままのキッチン。木の面材がナチュラルで穏やかな雰囲気を生み出している

木々の緑が楽しめる室内

リビングダイニングは高い天井と大きな窓が特徴。室内からも木々の緑が存分に楽しめる

理事長によれば、植栽の管理を佐野さんに一任しているのと同じように、他の部分についても信頼できる業者に任せていく方針が打ち出されているという。

「例えば、石畳ならこの業者、階段はこの業者というように固定して、同じやり方で保全していけば、このマンションならではの価値は先々も維持していける。いわば専門性の高いホームドクターをつけるようなイメージです」

現在、居住者の顔ぶれは半分ほどが入れ替わり、幼い子どものいるファミリー世帯が増えているというが、そんな第二世代の子どもたちにとっても、緑あふれるマンションはふるさとの景色として心に刻まれていくことだろう。

平塚ガーデンホームズの入口

構成・取材・文/上島寿子 撮影/一井りょう

この物件の空室状況をみる

※物件の状況によって、空室情報がない場合もございます。