"20240613200351:H:0" "20240613200351:H:0" "20240613200351:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

56 件見つかりました
  • Q
    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
  • A
    寺町 裕久

    住宅ローン控除適用の目安で築20年以内の物件が理想です。戸建の法定耐用年数は約23年です

    現在、中古住宅の市場も苦戦している現状があります。新築住宅と中古住宅の価格相場逆転の状況が増えてまいりました。関東に本社を持ち株式上場の大企業が京阪神に進出し、低価格高品質の新築住宅業者が地域を独占し始めています。中古の場合、設備の維持管理や修理費用など将来的な事を支出予想にてご検討が必要です。無論、手を掛けずお金を掛けず奇麗なお家が良いのは当たり前ですよね。 (担当: 寺町 裕久 / 合同会社飛翔ハウジング鳥取支店 )

  • A

    予算や間取り・保証内容で決められて下さい。

    結論、どちらが良いとは言えません。新築には「住宅の品質確保の促進等に関する法律」より、構造体力上主要な部分は10年保証があります。中古物件も浴室、キッチン、洗面台、トイレが新品にしてあったり、アクセントクロスが貼られてオシャレに仕上がっていたりと、実際に物件をご覧になられてご確認ください。新築・中古のメリット、デメリット、予算、広さ、駅からの距離など比較していただき、ご希望条件の優先順位の中でお探しいただくことをオススメします。 ( ハウスドゥ!周南城ケ丘店(株)田村ビルズ )

  • A

    新築物件をメリット・デメリットにつきましては丁寧にご説明致します。

    新築物件と中古物件の大きな違いは、経過している築年数・価格が考えられますが、お客様のご事情に応じてどちらを選択すべきかというのは変わって参ります。弊社は新築物件のみの取り扱いとなりますので、新築物件に関するメリット・デメリットにつきましては弊社スタッフが丁寧にご説明致します。中古物件を取り扱っていらっしゃる業者さんとのお話と比較検討頂いた上でご決断されるのが望ましいと思います。 ( ハウスドゥ 倉敷駅東(株)アールイープロジェクト )

  • A
    溝口 恭平

    予算・立地・広さ・保障、何に重点を置くか考えてみましょう。

    新築住宅では予算などが合わなくても中古住宅なら希望の条件に合う物件があるかもしれません。しかし、中古住宅の場合には建物設備の改修資金が早い時期に必要です。また、売主が個人の一般的な中古住宅の場合には、設備の保証期間がない場合が多いため、保証を重視するのであれば新築住宅の方がよいかと思います。 (担当: 溝口 恭平 / 住むりえ(株) )

  • A

    予算、経過年数によっても変わってきます

    中古住宅の場合、外装、内装リフォームしなくても生活を始めることができる物件もありますが、金額が低い物件ですとそうはいかないケースが多いです。仮に物件価格が安くてもリフォーム費用がかさむこと、仲介手数料などその他費用を支出すると、築年数の割に新築戸建てとの価格差がほとんど無いということも考えられます。中古住宅にかかる全ての費用と年数 と新築住宅の価格差を比較検討してみてください。 ( ワウハウス(株)岡山支店 )

  • A
    重光 利彦

    お客様の趣味嗜好ライフスタイルによってマッチングしたものを選択する。それが大切です。

    お客様の趣味嗜好ライフスタイルによってマッチングしたものを選択する。それが大切です。どんなライフスタイルにしたいのか?どこに住み、そこで長く住むのか?また転勤などにより将来、売却または貸すことも視野に入れるのか? まずはそこから検討しなければなりません。弊社とお打合せ頂きより具体的なご提案やヒアリングさせて頂いた後にご家族様で再度ご検討されることをお勧めいたします。 (担当: 重光 利彦 / ハウスドゥ 福山松永店(株)タカハシ )

  • A

    あと何年そこに住まれるかを考えてみてください。

    金額で検討されるのも一案だとは思います。中古物件は、リノベーションをおこなえば表面的にはきれいになり新築とあまり変わりがないようになりますが、構造材(柱など)は建築した時から変わりません。検討物件によっては、年数がかなり経過していることもあります。お家の基礎が古いままなので、いざという時に何か起こりうる可能性があると言いう点を覚えていただくとよいかと思います。 (担当:佐藤 / (株)日進堂岡山支店 )

  • A

    お客様の生活スタイルや価値観によります。

    同じエリアの同じ大きさの家ですと中古の方が価格もお求めやすい傾向にはございます。反対に新築にはアフターサービスがあるなどどちらも一長一短です。新築中古問わず、ピンときた物件を買う。これにつきます。新築でも、注文自由宅や建売住宅、中古でも築浅物件、ほぼ土地価格の物件等、不動産は個々の条件がそれぞれ違います。ご相談しているうちに、お客様の優先順位が決まってくると思います。 ( センチュリー21リベルテ(株) )

  • A

    まずは条件の整理を

    新築と中古が同じ場所にあり、同じ間取り、同じ仕様、同じ金額なら当然新築が良いですが、そのようなことは考えにくいですよね。新築には新築の良いところ、中古には中古の良いところがあります。将来的に売るときの金額なども考えながら損をしない買い方をご提案します。 (担当:岡野 裕太 / ハウスドゥ!山口平川店(株)田村ビルズ )

  • A
    松富正

    今後何年住む予定かを基準に選ぶと良いと思います。

    きれいな新築が良いか、安い中古が良いか。その辺りを重視して、選ぶのが一般的かと思います。ただ、それ以外に住宅に今後何年住む予定かで判断するという考え方で選んでみるのも良いと思います。つまり、年齢が30才で今後30年は住むという方の場合、築30の中古住宅を購入すると、途中で立て替えの必要が出てきたり、修理費用が多大になってしまう事があります。そこで、長く住む方ほど築年数の新しいものを選ぶべきだと考えます。マンションの場合は、築60年経ったからといって住めなくはならないと思いますが、次世代に資産として残したいと考えると新しいものの方が良いと思います。 (担当: 松富正 / イエステーション防府店アイテム(株) )

  • A

    様々な物件の中から、これと言うものを。。。。。

    確かに、新築は綺麗で真新しい住まいに新しい生活と考えるとよいですよね。多分、新築の中にも、注文なのか建売なのかと出てまいります。建売でも時期や販売会社によってはセミオーダーが出来る場合もございますので、お打合せの際に、それらの物件もご提示できたらと思います。また、中古物件に関しても、そのまま住めるリノベーションがしてある物件もあれば、セミリフォーム程度、何もしていない等、様々です。色々な物件を見て考えながら、ゆっくりと資金的な部分やリフォームの部分も含め新築か中古があっているのかを考えていきましょう! ( (株)エヴァーホーム )

  • A

    実際に目視してみて下さい

    カスケは不動産だけでなく、リフォーム・リノベーション事業部がございます。実際にリフォームやリノベーションをした物件を見たことがありますか?カスケのお客様のリフォーム・リノベーションをした物件を1度見てみませんか? ( (株)カスケ不動産 )

  • A

    長く住むことを想定するなら新築がおすすめです!

    中古のメリットはやはり価格が新築より割安なことですが、古い設備の取り替えができないケースや、修繕にかかるコストが高めになってしまいます。長く住むことを想定するなら、後々リフォームなどでお金がかかる可能性がある中古よりも、新築をお勧めします! ( はるかホーム(株) )

  • A
    藤本 誠二

    住む人のこだわりだと思います。

    どんなライフスタイルを望んでいるか。それにはどれだけの予算をかけられるか。その予算は毎月の支払いに見合っているか。費用面は大事です。お家以外にも趣味や行楽にもかけたいと思います。これから購入するお家を、家族のライフスタイルで決めていく。結局はそこになるんじゃないかと思います。 (担当: 藤本 誠二 / ベスト不動産(株)ベストホーム高島店 )

  • A

    新築・中古のメリット・デメリットからの総合的判断をするとよいです。

    新築のメリットは「保証面」「税制面」です。中古のメリットは「価格」です。お客様の予算等とも相談しながら最適な物件をご紹介させていただきます。詳しくは担当スタッフまでお気軽にお申し付け下さい。 ( ハウスドゥ 下松(株)スクエア )

  • A

    ご予算の関係もあると思いますので、様々な要素を加味しながらご提案させていただきます。

    基準はお客様それぞれです!新築であればもちろんすべてが新しいですが、中古でもリフォームがされてあって新築同然のような物件もあります!どう選んでいくかはお客様次第です! ( (株)アイディオー )

  • A
    三代(ミシロ)

    価格でご判断されるのはキケンです。

    新築に比べ比較的安価なイメージのある中古ですが、お住まいになられてから、リフォームや修理をしたりして手を加えなくてはいけない場合もありますので、費用負担が重くなる可能性があります。価格だけの比較ではなく、ご条件や周辺環境等も含め、総合的にご判断された方が良いと思います。きちんと比較できるように、ご提案させて頂きます。 (担当: 三代(ミシロ) / イエステーション安佐南店エネック(株) )

  • A
    石原 大輔

    耐震基準やインスペクション

    1981年の新耐震設計基準以降の建物かどうか。インスペクション(建物診断)を実施している建物かどうか?も判断材料では大きな点です。中古住宅の場合は上記2点の内容の確認を。又、今後のメンテナンス費用がとれくらい必要な建物かどうか?まで総合的にアドバイス差し上げることができますので、土地だけでなく建物にも強い弊社をお選びください。 (担当: 石原 大輔 / LIXIL不動産ショップ しんくら環境不動産(株) )

  • A
    杉山 祐基

    住宅購入の物件による違いについて

    住宅を購入する場合、選択として「注文住宅」「建売住宅」「リフォーム済みの中古住宅」そして「何もしていない中古住宅」4つがございます。それぞれ建築会社や元々の建築金額に違いはありますが、大体注文住宅から何もしていない中古住宅へと金額が下がっていきます。それぞれ善しあしですが、注文住宅が一番に自由度が高く、費用面で見れば中古住宅が負担が少なくなります。そこはお客様の要望により変わってくると思いますので、ヒアリングによって最善の物件選びをしていくことをお勧め致します。 (担当: 杉山 祐基 / (有)玉野プレス )

56 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 新築一戸建て > 新築一戸建て 中国 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
新築一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)新築一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。