"20220528011306:H:0" "20220528011306:H:0" "20220528011306:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

722 件見つかりました
  • Q
    買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?
  • A
    平井 渉

    新着 売却と購入同時に進める方法があります!

    「新しい所に引っ越したいけど、今住んでいるお住まいのローンもあるし、、、」「良いお家があったけど、今のお家を売ったお金がないと買えないな、、、」と悩んでいる方は少なくありません。でもご安心ください!弊社では実際に何名か同じ悩みを抱えている方で、購入と売却をスムーズに進められました。もし、同じようなお悩みがある方は是非一度ご連絡ください。 (担当: 平井 渉 / (株)OCEANSHOME川越店 )

  • A

    新着 買替物件引渡しと売却物件引渡しを同日に・・・

    買換は住宅ローンを既にお組みの場合、2重ローンが難しい場合も御座います。売却物件が早期に決まれば話は別ですが、引渡し期日も絡んで来ます。買取り保証等を利用されるお客様も増えて来ておりますが、その分、売却価格は下がってしまいますのでご注意下さい。弊社はお客様にとって一番、無理なくスムーズに買替が出来る様サポート致しますのでお気軽にお声掛け下さい。 ( (株)クリエイティブハウジング )

  • A
    石塚聖尉

    以下の3つが考えられます。

    (1) 売却後、賃貸物件に一旦仮住まいをする。賃料や引越し費用が余分にかかりますが、時間をかけてじっくり物件を探すことができます。  (2) 売却・購入を同時進行させる。購入、売却の契約を同時進行させるため、互いの引き渡し時期等の調整が必要になりますが、費用を最小限に抑えすることられるのがメリットです。 (3) 買い換えローンやつなぎ融資を利用し、売却前に購入を済ませる。売却代金にて完済が前提とし、売出価格やスケジュールの設定などに気をつけなくてはなりませんが、売却前であっても、気に入った物件が出た時点で購入できるのがメリットです。 (担当: 石塚聖尉 / ランクス(株) )

  • A

    お一人で考え込まず、まずは不動産のプロにご相談ください!

    買い替えの方は非常に労力が必要になります。売却が先か購入が先かは、お客様一人ひとりのご事情によってどちらがベストな選択かが決まります。どちらのケースもメリット・デメリットがございますので、まずはご相談してみてください。最適なご提案をさせて頂きます。 ( ハウスドゥ川越新河岸(株)ビビット )

  • A
    仲野 秀美

    売却先が決まる前に購入してはいけません。

    私も数年前に買い替えをしました。もし先に購入してしまうと、物件が売れない間は物件を2つ所有することになります。住宅ローンの支払いも終わっている方は購入先行となっても、ゆっくり売却できるため安値で買いたたかれるということにはなりません。しかし、住宅ローンの支払いが残っている方は二重ローンとなってしまい安く売却することになってしまう方がほとんどです。満足した売却・購入とするために、経験に基づいてお手伝いさせていただきます。 (担当: 仲野 秀美 / 未来こいのぼり不動産(株) )

  • A
    田中 明

    粘ってみるのもオススメです

    買い替えのお客様にとっては困惑する点だと思います。お時間に余裕があれば少しでも高値でご売却できる可能性がありますが、ご購入先を決めてからご売却に出される方がほとんどです。いきなりの買取りではやはりお安くなってしまいますので、下取り保証を付けても販売期間ぎりぎりまで粘って頂く事をオススメします。ベストセレクトでは自社買取制度、自社下取り保証制度が可能です。もちろん、いきなりの買取りでも可能ですのでお気軽にご相談下さい。 (担当: 田中 明 / (株)ベストセレクト川越店 )

  • A
    木本 裕嗣

    まずは、購入方法の流れを確認しましょう!

    当社では、購入方法の流れをご案内しております。買い替えの場合、購入方法の流れが複数ございます。例:買い替えしたいが、売却金額がローン残高より低いケース・自己資金を抑えたいなど、まずはどんな流れであれば買替えがスムーズに行くのかご説明させて頂きます。こちらの店舗では、中古物件などの仲介業務対応を行っておりません。その為、当社グループ会社の、「中古住宅情報館」をご案内しております。是非、お気軽にご相談ください。 (担当: 木本 裕嗣 / 茨城グランディハウス(株) )

  • A
    園田 大

    同時並行で考えていきましょう!

    売却を先行する場合、売却額に合わせて買替え先を探すため、予算に狂いが生じることが少ないですが、売却後、購入先が見つからないと仮住まいが必要となるのがデメリットと言えます。これに対し、購入を先行する場合、仮住まいの必要は少なくなりますが、購入後売却がうまくいかないと、予算での狂いが生じることがあります。この2つは買替え先のご希望や住宅ローン残債の有無、現在の住宅の売却予想額によって選択が異なります。家もんでは、独自の査定システムと購入を先行した場合、万一売却が出来なかった際の保険である『買い取り保証制度』をご用意し、お客様に最適なお住替えをご提案いたします。是非お気軽にご相談ください! (担当: 園田 大 / (株)家どっと足立 )

  • A

    まずは住宅ローン審査をお勧め致します。

    ご売却後に物件をお探しするのも良いと思いますが、場合によっては1度賃貸物件を借りなければならない可能性もございます。ご購入を先行で行えるのであれば、ご購入物件にお引越し後に売却を行えば良い事になります。金融機関によってはご売却予定の物件の住宅ローンをお借入無しとみなしてくれる場合もございます。詳しくはお問い合わせ下さい。 ( (株)LIXILリアルティマイルーム館ひたちなか営業所 )

  • A
    西嶋 光夫

    買い替えは資金計画の調整が肝です!

    買い替えには、(1)先に売却を終えてから新居を購入するパターン、(2)売却と新居購入を同時期に進めるパターン、と大きく分けて2つあります。「(1)」が主流であり、進めやすいと言われています。理由は住宅ローンが組みやすくなるためです。多くの人は住宅を銀行などの住宅ローンを利用して購入しますが、これにはお客様ごとに限度額が決まっています。利用可能枠不足により買いたい物件が購入できない事態が起こるため、まず売却を終えることでローン残債を支払って、新たにローン利用をできる状態を整えます。「(2)」の同時期に進める方法もありますが、色々とクリアすべき課題が多い方法です。詳しくは当社へお問合せください。 (担当: 西嶋 光夫 / (株)イエハチ )

  • A
    矢島翼

    まずはいくらで売れるのかを把握しましょう。

    売却価格がローン残債より少ない場合、残債を一括で返済するか、審査が通れば新居の住宅ローンとのダブルローンとなる場合があります。売却したのに金銭面で苦しい思いをしない為にも、売却を価格をしっかり把握する必要があります。弊社では買取も行っておりますので、買取保証を付けて売却活動を行うことが可能です。 (担当: 矢島翼 / (株)UNCOLORED JAPAN )

  • A
    嶋 大輔

    売却を先に進めるケースと購入を先に進めるケース

    【売却を先に進めるケース】売却の売買契約を先に締結しますので、お金がいくら入ってくるのか明確になり資金計画をたてやすくなります。【購入を先に進めるケース】購入の売買契約を先に締結する際に『買換え特約』を入れた契約ができれば、万一売却がうまくいかなくても白紙解除できますので安心です。 (担当: 嶋 大輔 / ハウスドゥ 浅草駅前(株)エム・アライブ )

  • A
    野崎 雅浩

    売却価格を把握して、無理のない返済にすることが大切です。

    売却価格がローン残債より少ない場合、残債を一括で返済するか、審査が通れば新居の住宅ローンとのダブルローンとなる場合があります。売却したのに金銭面で苦しい思いをしない為にも、売却を価格をしっかり把握する必要があります。弊社は販売だけではなく、売却も注力しておりますので、ぜひご相談ください。 (担当: 野崎 雅浩 / 住協グループ(株)住協ふじみ野支店 )

  • A
    野田 哲郎

    売却価格を把握して、無理のない返済にすることが大切です

    売却価格がローン残債より少ない場合、残債を一括で返済するか、審査が通れば新居の住宅ローンとのダブルローンとなる場合があります。売却したのに金銭面で苦しい思いをしない為にも、売却を価格をしっかり把握する必要があります。弊社は販売だけではなく、売却も注力しておりますので、ぜひご相談ください (担当: 野田 哲郎 / 住協グループ(株)住協大泉支店 )

  • A

    資金計画を把握した上で、「購入先行」か「売却先行」かを決めましょう。

    購入と売却が同時に成立するのが一番の理想ですが、案外これが難しいのです。そのため、まずは残債や購入代金など資金面から、購入先行かご売却先行かをご検討下さい。購入先行の場合は希望物件をじっくり探すことができますし、仮住まいも必要ございませんが、ご自宅とご購入物件との2重ローンやご希望の金額で売れるかどうかなど不安が残ります。売却先行は仮住まいが必要になる場合はございますが資金は明確になります。弊社は売却先行をおすすめ致しますが、気に入った物件があり先に購入したい場合は、弊社の買取保証サービスを一度ご検討下さい。また契約で居住延長を認めてもらえる場合もございますので、詳しくは担当者に相談下さい。 ( (株)なないろ不動産 )

  • A
    須田 直企

    ご売却予定物件の現在の相場での正確な売買価格を事前に相談すること!!

    ご売却予定の物件を今現在の不動産相場でどの位で売れるのかを事前に相談。販売価格・売却価格・最低売却価格など販売方法や売却シュミレーションを事前に担当者と準備することで、買い替え先のお家がどれ位の価格まで選ぶことが出来るか?がしっかりイメージ出来ます。また、自己資金やご売却物件の住宅ローン残債も把握することが大切です。そして売りを先行するのか買いを先行するのかを話し合い、スムーズに「売り・買い」を進めて行きます。まずはお気軽にご相談頂き、少しづつイメージシュミレーションを行っていきましょう! (担当: 須田 直企 / センチュリー21ホームライフ(株)登戸店 )

  • A

    まずは今お住まいについての状況(住宅ローンの有無やお支払い内容等)確認!

    買い替えをご検討されている多くのお客様は、売却されて得た費用で新たな物件を購入したいとお考えになられていると思います。そうしますと、自ずと売却が先になるかと思います。また売却した際に次の購入物件が決まっているのであれば定期借家契約等を利用して同時期に売り買いが出来、スムーズなお取引きが可能ですが、そうでない場合には一度、仮住まいを設けていただき、そちらにお住まいになりながら次の物件をお探しすることになるかと思います。 (担当:森島 / 旭栄不動産(株) )

  • A
    坪井清

    現在のローン残高や資金計画によって進め方を考える必要がございます。

    「ご自宅の住宅ローンがどのくらい残っているのか」 「ご購入される方のご収入がいくらくらいなのか?」などお客様の状況により購入を先行する もしくは売却を先行する または購入と売却の同時進行ができるのか などの方法がありますので まずは気兼ねなくお気軽にご相談いただくことがお薦めです(*^^)v (担当: 坪井清 / (株)ハートフルランド水戸支店 )

  • A
    小島 飛将

    買い替えには複数の方法があります!

    買い替えにあたっては、色々な方法があります。お客様に合った買い替え方法をご提案させていただきます。先に購入をするのか、それとも売却が先か。既存の住宅ローンを残したまま、新居の為の住宅ローンを組めるのかなど。お客様の買い替えにあたってのイメージを担当営業に具体的にお伝え頂く事が、上手く買い替えを進める為の方法だと思いますので、担当営業にご遠慮なくお申し付け下さい。 (担当: 小島 飛将 / (株)クオリティオブライフ )

  • A
    野口 勇

    失敗しないためにはまず計画をきちんと立てることです!

    お子様の成長や転勤などをきっかけに買い替えを考えるお客様はとても多いです!例えば今住んでいる家のローンを完済してからでないと新たにローンが組めない場合もあります。売ってから買うという流れもスムーズにできますが、売却した場合、退去しなければいけないので、新居を見つけるまでの間"仮住まい"になるケースもございます。その分コストも手間もかかることも視野に入れておかなければいけません。まずは家を売るにしても購入するにしても、自己資金やローンの残債、順序、タイミングなど、様々な角度から見て効率よく失敗しない計画をきちんと立てることが大切です。 (担当: 野口 勇 / ララハウス(株)高崎支店 )

  • A

    なお、住宅ローン返済中でも買い替えは可能です

    何よりも先に住宅ローンの事前審査をしてください。意外に否決の方は多いです。次の購入が現金一括でない場合は、それに尽きます。現ご自宅を購入希望のお客様が仮に既にいらっしゃっても買えなければ事実上、売れません。相手方の購入計画にも迷惑がかかってしまいます。なお、住宅ローン返済中でも買い替えは可能です。 ( たんぽぽ不動産合同会社 )

722 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 新築一戸建て > 新築一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
新築一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)新築一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。