"20200602082905:H:0" "20200602082905:H:0" "20200602082905:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

676 件見つかりました
  • Q
    買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?
  • A
    大久保 陽

    新着 売却物件の査定をしましょう !

    お客様のご希望金額をお教えください。経験豊富なスタッフが、☆近隣の相場 ☆ 近隣の販売事例 ☆ 過去10年までさかのぼり、成約事例 等々・・。 色々な角度からお客様の資産価値を、お伝えさせて頂きます。 おおよその売却金額がわかれば、購入するご希望の価格帯が 決めやすいのではないでしょうか? 購入物件を含めた資金計画もさせて頂きますので、ご安心下さい (^O^) 買い取り保証制度も ございますので、安心して、ご相談下さい。 (担当: 大久保 陽 / (株)ひだまりハウス上尾支店 )

  • A

    売却と購入おタイミングについて

    売却と購入を同時に進めるコツは、一言でタイミングです。購入物件が決まっていても売却がうまくいかなければ、次に進めません。当店ではお客様の良いタイミングで売却と購入が可能となるよう、、買取制度・オークション制度・リースバックなどを導入しております。詳しくはお問合せ下さい。 (担当: 齋藤 / ピタットハウス蓮田店合同会社NEXTplus )

  • A
    雄勝 健二

    お買い換え相談は得意中の得意です!お客様の状況によりベストプランは違います。ご相談下さい。

    売却を先行するか、購入を先行するか、同時並行か。お買い替えの方法は人それぞれです。ご状況により選択が広がったり、狭くなったりする場合もあります。動き出す前にまずは担当者とじっくり打ち合わせをし、方向性を決めてからスタートすることが、最大の【コツ】です。「売却は決まったけど、購入物件が見つからない」、「購入先は決まったけど売却が思うように進まない」など、見切り発車で進めると後で困る場合も多いのでご注意下さい。弊社では売却物件に対し【買取保証】をお付けし、安心して先行購入して頂くことも可能です。又、同一担当者が購入も売却も一貫して担当し、スケジュールや資金計画等トータルでのご提案を心がけております (担当: 雄勝 健二 / (株)長谷工リアルエステート府中店 )

  • A
    稲垣 亮太

    買い替えで安全策は「売り」が先です。

    お引越し先が決まらないと売りに出せない、、、いいえ、実は安全策は「売り」が先です。もちろんお客様の状況によって様々ございますが、ローンの残債がある方の中で殆どの方は「売り」を先に始めるほうが安全に進められます。購入を先に行うと、売却期間に制限がついてしまうからです。残債が少ない方などは先に購入でも大丈夫です。 (担当: 稲垣 亮太 / ナイス(株)住まいるCafe湘南 )

  • A
    亀野 圭祐

    まずはご売却の相談を先に進めて頂くことをお勧めします

    ご自宅に住宅ローンが残っている、もしくは、次のお住み替え先の資金としてご自宅のご売却をお考えでございましたら、ご自宅のご売却を優先的に進めることをお勧め致します。お客様のお買い換えのご事情をお伺いさせて頂き、ご提案させて頂きます。 (担当: 亀野 圭祐 / ナイス(株)住まいるCafe川崎東 )

  • A

    まずはご売却の相談を先に進めて頂くことをお勧めします

    ご自宅に住宅ローンが残っている、もしくは、次のお住み替え先の資金としてご自宅のご売却をお考えでございましたら、ご自宅のご売却を優先的に進めることをお勧め致します。お客様のお買い換えのご事情をお伺いさせて頂き、ご提案させて頂きます。 ( ナイス(株)住まいるCafe菊名 )

  • A
    鈴木 拓海

    まずはご売却の相談を先に進めて頂くことをお勧めします。

    ご自宅に住宅ローンが残っている、もしくは、次のお住み替え先の資金としてご自宅のご売却をお考えでございましたら、ご自宅のご売却を優先的に進めることをお勧め致します。お客様のお買い換えのご事情をお伺いさせて頂き、ご提案させて頂きます。 (担当: 鈴木 拓海 / ナイス(株)住まいるCafe蒲田 )

  • A
    中島 由裕

    まずはご売却の相談を先に進めて頂くことをお勧めします

    ご自宅に住宅ローンが残っている、もしくは、次のお住み替え先の資金としてご自宅のご売却をお考えでございましたら、ご自宅のご売却を優先的に進めることをお勧め致します。お客様のお買い換えのご事情をお伺いさせて頂き、ご提案させて頂きます。 (担当: 中島 由裕 / ナイス(株)住まいるCafe武蔵小杉 )

  • A
    高力 真也

    住まいるcafe川崎は皆さまに安心のお住み替え計画をご提案します!

    お買い替えは一般的には売れないと次が買えないというケースがほとんどなので、スタッフの腕の見せ所です。売るのが先、買うのが先、これはどちらがいいとはいえません。大切なのはお客様に「リスクのないお買い換え」になることです。可能であれば「購入」「売却」は同じ会社で進めた方が安心に進められると思います。住まいるcafe川崎はいろいろなお住み替え経験をしているスタッフが在籍しています。一度、ご相談にいらしてみては如何でしょうか。 (担当: 高力 真也 / ナイス(株)住まいるCafe川崎 )

  • A
    五十嵐 達也

    お買い替えはまずご自宅の売却金額を把握することが大切です。

    今の住まいがいくらで売却できて、次の住まいの購入可能価格をつかまないと具体的なお買い替えの活動に移れません。お住み替えは自宅の引渡しとお住み替え物件の入居日程の調整が必要となります。当店では、買取制度もございますので、お買い替えのお客様へスムーズなお引越しのお手伝いも可能でございます。 まずは、お気軽に査定してみると良いのではないでしょうか。 (担当: 五十嵐 達也 / ナイス(株)住まいるCafe VINICE大崎 )

  • A

    資金計画に無理が生じない、買い替え計画を立てることが重要です。

    買い替えを進める上で重要なのは、全体の資金計画となります。まず現自宅が幾らで売却可能なのか、住宅ローン残高があと幾ら残っているかを把握します。それにより購入可能な物件価格及び現自宅売却のタイミングが異なります。当社でも高額買取を強化しております。当社を選んで頂きましたお客様には、無理のない資金計画の立案や仮住まいせずに新居への引っ越し、また、買い替え計画を優位に進めて頂けるよう努めております。 ( (株)コームラ企画 )

  • A

    ご売却とご購入を同じ不動産業者にご依頼いただくとスムーズに進めていただけます♪

    まずはご予算などを踏まえた資金計画やタイミングなどご要望をヒアリングさせていただいて、進め方についていくつか提案させて頂きながら、最終的に最適な方法をご選定いただければと思います(^^)/ ( (株)カナガワエステートDEAR HOME )

  • A
    野村 真都

    まずはお気軽に、お客様の状況をお聞かせ下さい。

    持ち家のローン残高やご購入希望の物件の価格等、お客様の状況により、ご購入を先行、売却を先行、又はご購入とご売却の同時進行などの方法がございます。また当店は、提携業者の買取保証制度があり、お客様が安心してお買替えが出来るよう最高のサポートを致します。まずは、持ち家の売却相場を把握し、時期と依頼会社の選択こそ買替えがスムーズにいく方法です。 (担当: 野村 真都 / ピタットハウス東大和市店(株)エメラルドホーム )

  • A
    安田 眞史

    信頼できるパートナー選びが肝要です。

    お買い替えを考えていらっしゃる方にとって不安なことは、今のお住まいが売れるのかということと、希望通りの新居が買えるのかという2つに大別されます。多くのケースで大切なことは、購入と売却を同じパートナーに相談する事です。購入を先に決断なさった場合には、先行して物件をご購入なさった後に「ご売却の時間をゆったりとれる特別なローン」のご提案や、ご売却をまずスタートする場合には、これまでの豊富な実績を活かした具体的な販売戦略のご提案など、お客様のご要望に副った提案が出来るかを確認なさるのが大切です。 (担当: 安田 眞史 / ナイス(株)住まいるCafe綱島 )

  • A
    小西 涼太郎

    買い替えで安全策は「売り」が先です。

    お引越し先が決まらないと売りに出せない、、、いいえ、実は安全策は「売り」が先です。もちろんお客様の状況によって様々ございますが、ローンの残債がある方の中で殆どの方は「売り」を先に始めるほうが安全に進められます。購入を先に行うと、売却期間に制限がついてしまうからです。残債が少ない方などは先に購入でも大丈夫です。 (担当: 小西 涼太郎 / ナイス(株)住まいるCafe鶴見西 )

  • A
    佐々木 裕

    ズバリ、売り先行です

    ご売却を先に進めるのが良い方法です。意中の物件、購入する物件が決まってしまっている場合で、資金的な理由などから「売却しなければ買えない」というケースが多々見受けられます。すぐに売却できる方法はひとつだけ。相場よりも極端に安ければ売れます。場合によっては買取してもらうことも。それで資金計画が成り立つ方は選択肢のひとつですが、そこまで安くしなくても、ある程度宣伝広告して時間をかければ売れるケースもまた多くあります。急いで安く売るか、納得した価格で売って、購入物件をゆっくり探すか。どちらを選びますか? (担当: 佐々木 裕 / イオンハウジングイオン品川シーサイド店(株)フォーメンバーズ )

  • A
    福澤 海児

    まずはご売却の相談を先に進めて頂くことをお勧めします

    ご自宅に住宅ローンが残っている、もしくは、次のお住み替え先の資金としてご自宅のご売却をお考えでございましたら、ご自宅のご売却を優先的に進めることをお勧め致します。お客様のお買い換えのご事情をお伺いさせて頂き、ご提案させて頂きます。 (担当: 福澤 海児 / ナイス(株)住まいるCafe星川 )

  • A

    次に住みたい物件次第で購入優先か売却優先か同時か順序が変わります。

    次の住みたい物件によって購入優先か売却優先か順序が異なります。例:(1)現在のお住まいを売って購入する場合(売却優先)メリット:売却した資金を購入資金をプラスできるのでより良い物件購入できる。デメリット:次の物件を購入するタイミングが読めない(現在のお住まいが売れるまで新しく物件が買えない)お客さまによって一番いい方法を提案させていただきます。 ( (株)ゆくりば )

  • A

    ずばり「資金計画」です。

    お住み替えに関して現在の不動産を買取いたします。また一定期間ご売却活動をしたのち、売却ができなかった場合はお約束した金額で買い取ることも可能です。資金計画をきちんとすることが大切です。 ( SAZAIE(株) )

  • A
    大重達也

    まずは売却を進める事をお勧めいたします。

    お買い替え、今お持ちのご売却資産の残債がある場合、購入する住宅ローンが通らない事がございます。まずは売却を進め、残債が無くなったところで購入先を選定していくことがスムーズなお買い替えに繋がる事が多いです。 (担当: 大重達也 / (株)テシオ )

  • A

    不動産売却に強いモデストへお任せください!

    自宅を売却した資金の一部を新たな住宅の購入資金に充てる場合には、まずご自宅の売却を成立させる必要があります。しかし、売却成立時に住み替え先の物件が見つかっていない場合、アパートなどに仮住まいすることにもなってしまいます。ご自宅の売却と新たな住宅のご購入のスケジュールをバランスよく調整する必要があります。ご希望の引っ越し時期等をご相談いただければ、リスクを最小限に抑え、リスクの無い住み替えのサポートをさせていただけます。 ( (株)モデスト )

  • A
    鈴木優也

    住宅ローン残債があると買いと売りを並行して検討頂く可能性があります。詳細は回答を参照下さい

    まず住宅ローンの残債がない場合ですと、新居の住宅ローンの影響はほぼありません。お客様によっては、新居にお住まいになりつつ焦らずなるべく高く売却できるように動く方もいらっしゃいます。ですが、残債があるケースですと慣例として原則ローンを完済しないと売却はできません。自己資金にて完済可能なのであれば、問題はありませんが、大多数の方は売却したお金による返済を検討されると思います。そうなりますと、売りと買いの同時決済となる可能性が高いです。新居を検討するメーカーに売りも相談するか、複数社に買取の相談をされるのをおすすめします。とはいいましても、複雑なお話になりますので、まずはお気軽にご相談下さい。 (担当: 鈴木優也 / (株)横尾材木店熊谷店 )

676 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 新築一戸建て > 新築一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
新築一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)新築一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。