"20180426125900:H:0" "20180426125900:H:0" "20180426125900:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

585 件見つかりました
  • Q
    買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?
  • A

    新着 現在、お持ちの不動産状況に応じて変わります。

    現在、お持ちの不動産に残債があるのか、残債がある場合は金融機関のご利用、などタイミングは異なってまいります。また完成物件なのか、未完成物件なのか、お土地から建築されるのか、によっても異なってまいります。お客様に合ったベストなタイミングを弊社ではご提案させて頂いておりますので、ご安心くださいませ。 ( (株)アルファ )

  • A

    新着 売却と購入を同じ不動産に依頼するとスムーズにお話が進みます。

    当社のような、買い取り・新築の販売を行なっている総合不動産ですと御手間取らさずにお話が進みます。買い替えで新築にお住まいになる際は、現在お住まいのご自宅からそのまま引っ越しができますので、アパートに一度引っ越す手間がかからないです。 ( (株)横尾材木店高崎店 )

  • A
    高橋 臣一

    新着 【当社の買取保証制度】をご利用ください♪

    【買い替え】は色々なリスクが伴います。お持ちの物件がいつ売却出来るのか?次の物件はいつから探せば良いのか?売却損が出てしまったら?当社の【【買取保証制度】】をご利用ください!!まずはお気軽にご相談ください♪ (担当: 高橋 臣一 / 住宅情報館(株)伊勢崎店 )

  • A

    最高の結果を得られる、売却の専門家をご紹介しています

    売却と購入を1社に頼むの利益相反になりがちです。理想は、賃貸を一度はさむことです。買い替えは、仲介する不動産屋の都合により相場よりも安く売らざるを得ないことが多く、人気のない物件の売却を前提とした住宅ローンを組む場合には、売主から条件の悪い候補者として扱われたりもします。弊社では、最高の結果を得られるよう、売却だけの専門家をご紹介しています。安心して任せられる業者に頼み、あせらないことです。また、住宅ローン控除の仕組みは分かりにくく、制度の趣旨から多くの控除が複雑に絡み合っています。弊社は、これらのお金や税金の整理についてもご支援いたします。 ( (株)カイヤナイト )

  • A
    野村 朋洋

    売却のお手伝いもいたします。

    買い替えをお考えであれば、売却もお手伝いいたしますのでご安心ください。新しいお家を考えていきながら、売却もその都度情報が入ってきますので、スケジュールも立てやすく、住み替えまでのお時間や手間といった負担も軽くなります。 (担当: 野村 朋洋 / (株)アイナハウジング )

  • A
    浜崎 大輔

    これはスタッフ次第だと思います。

    これは不動産会社の大小は関係ありません。売却と購入の同時進行になりますので、担当のスタッフがどれだけのスキルと経験があるかによって左右されると思います。その点、当社のスタッフは、新築の販売から中古の売買まで幅広くおこなっておりましたので、より良いご提案ができると思います。 (担当: 浜崎 大輔 / (株)惠桜不動産 )

  • A
    松野 章

    経験のある誠実な営業担当に依頼するのがコツです。

    不動産の買い替えは大変です。売却を先にするのか、購入を先にするのか、売却購入同時にするのか、お客様にあわせて最適な提案ができ、スムーズに価格交渉・銀行業務・引渡し等を進めることのできる経験豊富な営業に依頼することが大事です。大手不動産会社なら安心とゆうわけではございません。誠実な担当を見極めましょう。売却の依頼欲しさに高い査定を出したり、他社で購入希望のお客様がいても自社で販売したいので売主様に伝えない・・・等、不誠実な営業に依頼しないように注意しましょう。 (担当: 松野 章 / 東京リアルティ(株) )

  • A
    内山 翔

    事前のご計画が非常に大切です!!

    買い替えは、売却を先行して行う場合や購入を先行させる場合がございます。どちらも共にリスクがあるので、信頼をおける不動産会社へ一度相談することをお勧めします。売却先行の場合にはローンのニ重払いがいといったのメリットはございますが、購入物件によっては一度賃貸住宅での仮住まいが必要になる場合がございます。購入先行の場合には仮住まいの必要が無い分、ローンの2重払いが発生するなどのリスクがございます。借入銀行によっては時期等の制限により、希望額で売却できないケースもございます。お客様の住み替え物件のご希望や、現在お住いの売却物件の状況により提案内容が変わりますので是非ご相談くださいませ。 (担当: 内山 翔 / センチュリー21ライフトラスト(株)津田沼店 )

  • A
    小松 貴司

    一件目とはローンの組み方が変わります。先ずはご相談を

    お買い替えの場合で、特に住宅ローンがまだ残っていらっしゃる方(大半の方が当たると思いますが・・・)は、一件目の購入時とは住宅ローンの組み方が変わります。住宅ローンの基本は、飽く迄自ら住む家の為のローン(フラット35に於いてはセカンドハウスや親御様の住宅も一部認められておりますが)である為、一件目が専用住宅のローンであった場合は、二件目となりますので概念が違うのです。自分がそこに住む為の証明?等が必要となります。ですので、もし気に入った不動産が見つかったとしても、もしかしたらスグに購入出来るかわかりません。ご売却とご購入を一つにしてご相談にのりますので、是非当社にお気軽にご連絡くださいませ。 (担当: 小松 貴司 / 住宅情報館(株)町田店 )

  • A

    うまく進めるには事前の計画が重要になってまいります

    買い替えについては売却先行、購入先行共にリスクや条件があるのでプロに一度相談することをお勧めいたします。売却先行の場合にはローンの2重払いがなく支払い面のメリットはございますが、購入物件によっては一度賃貸での仮住まいが必要になる場合がございます。購入先行の場合には仮住まいなどの必要が無い分、ローンの2重払いが発生するなどのリスクがございます。また、借入銀行によっては売却までの時期を制限される場合もあり、希望額で売却できないケースもございます。それぞれの方法をご検討いただいた上で判断されるとスムーズに進めることができると思います。 (担当: 藤堂 実 / (株)ゴールドライフ )

  • A

    いまある資産の金額を

    まずは1.今お住まいの、不動産の売却査定をすること※3社不動産の売却査定はしてください。2.上記にて、不動産の相場わかります、買い替え希望物件の金額とおおよそいくら違うか??現金を払わなくてはいけないのか?または、そのまま持ち出さず買い替えできるのか?分かると思います。3.買い替え時期注意!!物件を現金で購入の方、ローンで購入の方、購入の流れが変わります、不動産会社と密に連絡を取り合い、相談が必要です。 ※書ききれませんので、詳細希望の方は、ご相談下さい。 (担当:鈴木 / (株)ミライ )

  • A
    大島 哲郎

    自宅の適正な売却可能価格を知っておくこと

    自宅がいくらで売却可能かを知っておくことにつきます。それと、住宅ローンの買い替えの際の条件をしっておくことです。不動産会社にとっては、助かる仕事ですが大変な仕事でもあります。買い替えの場合、自宅の売却が進まないと、購入の契約をしてくれない不動産会社もあります。その場合、良い物件が見つかると、急いで売却を勧められるケースが多々あります。そして、大幅な減額をして売却をするということになります。うまく進めるためには自宅の売却価格を知っておくことと、住宅ローンの買い替え条件を知っておくことです。 (担当: 大島 哲郎 / (株)じゅうしん )

  • A

    引き渡し時期や資金計画が必要

    既存のローンがある場合、残債によっては新居を先に購入できないケースもございます。その場合、一度売却をして賃貸に仮住まいをし、気にいる物件が見つかるのか。との不安や引っ越し費用の捻出など、様々な事案が出てきます。お買い替えの場合はお引渡し時期や資金計画が売却と購入の双方を考えなければなりません。 (担当:松江 秀幸 / (株)大成住宅ふじみ野店 )

  • A
    栗原 毅

    まずは、査定をおすすめします。

    ご希望の金額で販売活動は可能ですが、1、市場や路線価等から算出する方法(一般ユーザーさんへ販売活動)2、不動産会社が買い取る方法(相場値よりも安くなります)大きく2つの査定方法があります。2の場合は相場よりも安い価格になりますが、住み替える方法としては、スムーズです。ケイアイスター不動産では、無料で査定を行っております、お気軽にご相談下さい。 (担当: 栗原 毅 / ケイアイネットリアルティ1st(株)本庄ハウジングセンター )

  • A

    タイミングが重要だと思います。

    余裕があれば、自分が納得できる物件を購入し、売却を進めるのが一般的です。しかし、売却金額を流用しての買替をお考えでしたら、まず売却の募集を行う。次に購入希望の候補を2~3件決める。売却の話が入ったらすぐにその物件の中から物件を選び購入の流れを取る。と考えるのが一番良いと思います。しかしいざ決まったときに買いたい物件が無く、妥協せざるを得ない、という事もあります。どちらも一長一短です。ですので当社では、買い取りをオススメしています。当社が物件の買い取りとご購入を合わせてご提案致します。現在の状況などを教えて頂き、最適なタイミングをご相談しながら進めて行ければと考えております。 (担当:上西 駿平 / ケイアイネットクラウド(株)はなまるハウス前橋けやき営業所 )

  • A
    松金 巧

    いくつかの提案方法があります。不動産売買は資金計画が大切ですので詳しく相談してください。

    (1)住宅ローンに問題がない場合は買い先行型!ご希望に合う物件をゆっくり選んで頂くお手伝いをします。新居にご入居後今お住まいの家を空家にしてハウスクリーニング後売りに出します。空家の方が高く早く売ることができます。(2)住みながら売却活動をする。希望に合う物件を見つけてローンの事前審査を行います。審査の結果次第では現在の住宅ローンの完済条件が出る場合がございます。その場合は売却活動を開始して購入希望者を先に見つけます。万が一購入希望者が見つからない場合は当社が買取り致しますのでご心配はいりません。(3)どこかに引越してから売却活動をする。お客様のご負担のない一番いいご提案をしますのでご事情を教えて下さい。 (担当: 松金 巧 / センチュリー21(株)タクミ不動産 )

585 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 新築一戸建て > 新築一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
新築一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)新築一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。