家探し耳より情報 アンテナSUUMO

10年12月01日
ブックマークする:
お風呂が標準的なサイズだと マンションの資産価値が高まる!?
お風呂が標準的なサイズだと マンションの資産価値が高まる!?
「1418」サイズの物件が 過半数を占めている
 東京カンテイが2010年1月~9月に分譲されたマンションのユニットバスのサイズを調べたところ、最も多いのは「1418」(1400㎜×1800㎜)サイズで、首都圏・近畿圏とも全体の過半数を占めた。ほかには「1317」や「1620」などのサイズが多くなっている。
人に貸した場合の利回りも 「1418」サイズがトップ
「 1418」のユニットバスを設置している住戸の平均専有面積は、首都圏・近畿圏とも70m²強と標準的だ。
 またマンションを人に貸した場合の平均賃料(年額)を平均価格で割った平均利回りを計算すると、首都圏で最も高いのは「1418」のユニットバスサイズの住戸で、6.68%だった。浴室がそれより狭くても広くても、賃料に比べて価格が高めになるため、利回りは下がる傾向だという。
 浴室が「1418」の住戸は広さも標準的で、賃貸需要も高いといえる。

取材・文/大森広司 イラスト/カズモトトモミ

記事一覧へ戻る

この記事を読んでいる人におススメの物件

    シティハウス武蔵小金井

    シティハウス武蔵小金井

    • もっと見る
    ノブレス新横浜エスアリーナ

    ノブレス新横浜エスアリーナ

    • もっと見る
    イニシアグラン札幌

    イニシアグラン札幌

    • もっと見る
    MJRザ・ガーデン鹿児島中央

    MJRザ・ガーデン鹿児島中央

    • もっと見る
    エスリード南草津セントラル

    エスリード南草津セントラル

    • もっと見る
    • 一覧を更新する

    ↑ページの先頭へ戻る

    ページトップへ戻る