家探し耳より情報 アンテナSUUMO

14年06月18日
ブックマークする:
4月のマンション発売戸数が減少 平均価格は首都圏と近畿圏で差
4月のマンション発売戸数が減少 平均価格は首都圏と近畿圏で差
発売は首都圏で4割減 近畿圏は1割の減少
不動産経済研究所の調査によると、4月に首都圏で発売されたマンションは2473戸で、前年同月比39.6%の減少となった。近畿圏は1222戸で同9.3%の減少だ。マンションの発売はこのところ減少気味となっており、首都圏は3カ月連続、近畿圏は5カ月連続のマイナスだった。
首都圏・近畿圏とも売れ行きは好調を維持
マンション市場では建材価格や人件費の高騰で物件価格も上昇気味といわれる。4月の平均価格は首都圏が4846万円で前年同月比2.5%アップしたが、近畿圏は3430万円で同0.1%ダウンした。さらに首都圏では1㎡当たりの単価が同6.4%アップした。
売れ行きを示す契約率は首都圏・近畿圏とも好調の目安となる7割を超えた。4月から住宅ローン控除が拡充され、すまい給付金もスタート。引き続き住宅ローン金利も低く、住宅が買いやすい状況は続いている。

取材・文/大森広司 イラスト/カズモトトモミ

記事一覧へ戻る

この記事を読んでいる人におススメの物件

    プラウドタワー栄

    プラウドタワー栄

    • もっと見る
    ロイヤルガーデン道後樋又

    ロイヤルガーデン道後樋又

    • もっと見る
    ザ・パークハウス 目黒青葉台

    ザ・パークハウス 目黒青葉台

    • もっと見る
    ファミリアーレ名駅アクシス

    ファミリアーレ名駅アクシス

    • もっと見る
    ピアース武蔵小杉

    ピアース武蔵小杉

    • もっと見る
    • 一覧を更新する

    ↑ページの先頭へ戻る

    ページトップへ戻る