階段の手すりの高さ 取り付けるのは何cmが正解?

階段の手すりの高さ 取り付けるのは何cmが正解?

階段の安全な歩行に欠かせない手すりですが、住まいの階段の手すりの高さはどの程度にするべきか、目安などはあるでしょうか。今回は階段の手すりの高さについて、生活デザイン設計室サンクの古屋茂子さんと、建築資材などを幅広く扱う大建工業(DAIKEN)に伺いました。

階段の手すりの高さに基準はある?

階段の手すりは75~85cmの高さが目安

階段の手すりの高さに法的に規定はありませんが、目安として床から手すりのトップまでで75~85cmの高さに設置するのが一般的です。

「階段の手すりの標準の高さは75~85cmと言われています。リフォームの場合は施工時に実際に手すりに手を当てて、手の力が入りやすい場所に合わせて高さを調整することも少なくありませんが、大体標準的な高さの範囲で設置することがほとんどです」(古屋さん)

家族で身長差がある場合は、階段の手すりの使用頻度の高い人に合わせて設置するなどの対応をすることになりますが、日本人の標準的な身長の場合、階段の手すりの高さが75~85cm程度であれば問題なく使用できるそうです。

ただし、家族に子どもがいる場合などには、高さ75~85cmの手すりの下にもう1本、子ども用の手すりをつけることもあります。

「子どもの成長は早いので、自宅の階段に子ども用の手すりをつけるケースは多くはありませんが、その場合、低い方の手すりの高さの目安は60~65cmとなります。この程度の高さであれば、幼児が大人に手を引かれて歩くときの手の高さと同じくらいになるので、階段を昇降する際の子どもの安心感にもつながると思います」(古屋さん)

手すりの高さの目安
標準的な階段の手すりの高さは75~85cm。二重手すりにする場合は、低い方は60~65cmが目安(イラスト/長岡伸行)

高齢者がいる場合、手すりの高さの注意点は?

高すぎる位置の手すりは後ろ重心になり危険

築年数が古い家は階段に手すりがないというケースは少なくありません。要介護認定で要支援もしくは要介護に認定されている場合、階段に手すりをつけるリフォームは介護保険を活用することができるため、高齢の家族などのために、手すりを設置するリフォームを検討する人も多いと思います。

リフォームの場合に限ったことではありませんが、腰が曲がり、うつむき加減で上り下りをするような高齢者が階段で手すり使用するケースでは、手すりを低めに設置した方が使いやすいこともあります。

「階段の手すりが高すぎると重心が後ろになり、安定感を欠きます。また、腰が曲がっていたりすると、階段を下りる際の不安感も増すので、低めの手すりの方がつかみやすく、バランスをとりやすいと思います」(古屋さん)

使いやすい手すりの高さは、身長だけに左右されるのではなく、使う人の身体の状態によってもさまざまです。高齢者や、持病のある人が使用する場合は、標準的な高さや位置にとらわれ過ぎず、身体の状態などを建築会社やリフォーム業者に伝え、相談して使いやすい高さに設置するようにしましょう。

階段の手すりを持って歩くシニア女性
高齢者が使用する場合は、高すぎる位置に手すりを設置しないよう注意(画像/PIXTA)

階段に手すりを設置する際、高さ以外にも気をつけるポイントは?

階段に手すりを取り付けるとき、高さ以外にも気をつけておきたいことがあります。より安全・安心に階段を昇降できるようになるポイントを教えてもらいました。

手すりを壁の両側に取り付ける

階段の手すりは片側にだけ設置されていることが多いですが、両側に設置した方がより安全に階段を昇降することができます。

「従来の一般的な住宅では、廊下や階段の幅は壁芯から壁芯で91cm程度。実際の幅は75cm位しかありません。さらに両側に手すりを取り付けるとその分狭くなるため、片側にだけ設置するというケースが多くなります。しかし、やはり両側の壁に手すりがあった方が安全性も安心感も高まるので、階段の幅に余裕がある場合は、検討するのも良いでしょう」(古屋さん)

両側の壁に設置した手すり
両側の壁に設置した手すり(画像/PIXTA)

手すりの両端を壁側に曲げる

手すりの先端に洋服などを引っ掛けてしまうと、転倒などの事故につながることもあります。そのような引っ掛かりを防ぐためには、手すりの端を壁側に曲げておくことが有効です。

「手すりの先端を床側に曲げるケースもありますが、引っ掛かりを防ぐという目的では、壁側に曲げた方がより安心です。壁側に曲げておけば、小さな子どもが先端に頭をぶつけるようなことも防ぐことができます」(古屋さん)

壁側に曲げて設置した手すり
壁側に曲げて設置した手すり(画像/PIXTA)

グリップを取り付ける

高齢者の場合は、握力が弱くなっていることもあるため、グリップ付などすべりにくい手すりにすると安心です。また、リフォームで後付けすることができる手すり用グリップなどもあるので、そのようなすべり止め部材を従来の手すりに取り付けるという方法もあります。

「グリップをつけることで階段の昇降を補助でき、滑り止めにも効果的です」(大建工業)

手すり用のグリップ
手すり用のグリップ(画像提供/大建工業)

上階の壁に縦の手すりをつける

さらに、高齢者の場合などは、動作のサポートとして上階の壁に縦の向きに手すりをつけると、体を引き上げやすくなります。

縦の手すり
縦の手すり(画像/PIXTA)

上り口、下り口の水平部分の手すりを長めにする

また、階段を昇降し終える部分には、体の幅程の長さの手すりがついていると、動作の転換時に体を上手く支えられるそうです。

「30~40cm位の水平の手すりがあれば十分ですが、50~60cm程度取り付けられるのであれば、なお良いと思います」(古屋さん)

水平部分の手すり
水平部分の手すり(画像/PIXTA)

使う人に合った適切な高さの手すりが階段についていると、階段の昇降が安心です。新築・リフォームの際には、階段に手すりを設置することも検討してみてはいかがでしょうか。

「階段 手すり」についてもっと詳しく

階段に手すりを取り付ける リフォームの注意点や費用の目安は?

まとめ

階段の手すりは75~85cmの高さが目安

高すぎる位置の手すりは後ろ重心になり危険

グリップ付きなど、使用する人に合わせて使いやすいものを選択する

注文住宅の会社を探す
土地を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
賃貸物件を探す
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
売却査定する
取材・文/島田美那子 イラスト/長岡伸行
公開日 2021年06月04日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る