コバログ47 『車椅子でもぐるぐる移動できる家』

数年前、脚を骨折、しばらく松葉杖を必要とする生活を送りました。

その際、強く感じたことが2つあります。

 

1つ目は松葉杖の大変さ(というか使いにくさ!)。

昔からあの形状ですが、もっともっと使う人の立場に立った改善や

商品開発がなされて然るべきだと思います。

私は早々に松葉杖使用をギブアップし別の器具に頼りました。

 

2つ目が街中や家の中での移動の不便さ。

バリアフリー社会が提唱されて久しく、エレベーターやスロープ等が

整備されてきましたが、実際使う立場に立ってみるとその設置場所は

「障がいを持つ人のために後からなんとか作りました」感が丸見え。

 

健常者の利用>障がい者の利用の最たる例として、

ある地下鉄の駅では電車を降りてホームから地上に出ようとエレベーターを

探し、さまようと、そこはまるで巨大迷路。30分以上かかりました。

 

家の中も同様で、普段気付きもしない不便さが続出。

健康時の動きが出来なくなると、こうも使いにくいものなのか!と痛感しました。

 

だからというか、必然的に骨折してからというもの、私の家造りに対する考え方も

変わりました。

 

やはりドアは使いづらい。

以前にも増して引戸を積極的に提案するようになりました。

行き止まりをなくす。

回遊できる間取りを心掛け、車椅子が回転できるスペースを意識して設計するように

なりました。

 

これはほんの一部ですが、世の中経験しないとわからないことだらけ。

より多くのニーズに応えたい。日々研鑽です。

ー 記事を投稿した店舗 ー

◆店舗名:住友不動産㈱マンションリフォーム事業部

◆施工可能エリア:札幌、仙台、首都圏、中部圏、関西圏、広島、福岡

◆会社・店舗ページ:http://suumo.jp/remodel/ki_0000062/?ar=030

◆電話(無料):0120-093ー370

◆会社概要

 【定休日】水曜日

 【営業時間】9時~21時

 【店舗所在地】〒163-0202 東京都新宿区西新宿新宿2-6-1 住友ビル2F