家づくり初心者に知ってほしい「ハウスメーカー」のこと

家づくり初心者に知ってほしい「ハウスメーカー」のこと

「ハウスメーカー」って何? 工務店とは違うもの?

ハウスメーカーとは、一般的に大手住宅メーカーのこと

ハウスメーカーとは、一般的に大手住宅メーカーのことをいう。広告やテレビのCMで目にする、「○○ハウス」や「××ホーム」などがそれ。ハウスメーカー各社には、独自のノウハウをもとにした豊富な間取りプランが用意されている。また、住宅展示場を開設しており、施工前に実物を見ることで、完成時のイメージがつきやすいといった特徴がある。

一方、「工務店」や「建築設計事務所」は、ハウスメーカーと比べると小規模で、独自の間取りプランを持たない代わりに、個性的でよりオリジナリティにあふれた家づくりや、気候や生活習慣などといった地域特性に即した家づくりができる。

品質管理バッチリ!アフターフォローも充実で安心!

ハウスメーカーで家を建てる最大のメリットは安心感

ハウスメーカーで家を建てる最大のメリットは”安心感”といえる。大手メーカーだけに、建材などの品質管理が徹底している上、現場責任者や職人さんがきちんと教育されており、安定した品質の家ができるからだ。耐震性や耐火性の向上、新技術や新建材の研究・開発を常に行っているため、「最新/イマドキの家づくり」ができるのもハウスメーカーの魅力。もし”万が一”があっても、充実したアフターフォローがついているから心強い。

また、汎用的に住みやすい間取りが提案されているため、ゼロから設計プランを考える必要がなく、家づくり初心者にも敷居は低いだろう。さらに、メーカーごとに提携ローンを持つ会社があるなど、各種手続きの相談に気軽に応じてくれるのもうれしいポイントだ。

「ハウスメーカー」の選び方、どんなポイントがあるの?

お庭で遊べるのが何よりのメリット

ハウスメーカーにはそれぞれ、得意な工法や力を入れている工法があり、それが自分に合ったメーカーを探す際の大きなヒントとなる。

壁などで家を支える構造のため柱の数が少なくてす済み、広い空間を実現できる2×4(ツーバイフォー)工法、工場で組んだユニットを現地で組み立てて完成させるため工期が短縮できるユニット工法、コストはかかるが断熱性や耐震性・耐久性に優れたRC造、躯体の強度が高いため、3~4階建てに適した鉄骨造、比較的コストが低く間取りのデザインの自由度が高い木造軸組工法など、ひとくちに一戸建てといっても工法はさまざま。

「木の家に住みたい」「工期を短くしたい」「3階建ての家がよい」など、予算と希望に合ったハウスメーカーで理想の家づくりを実現しよう!

自分に合ったハウスメーカーで注文住宅を建てよう
注文住宅ランキング
文/木谷宗義
2010年3月17日
この記事の感想を投票する
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る