ランドリールームで洗濯をラクに!使いやすい間取りや広さは?

ランドリールームで洗濯をラクに!使いやすい間取りや広さは?

近ごろ、洗濯はもちろん室内干しやアイロンがけもできる「ランドリールーム」へのニーズが増えています。そこで今回は、旭化成ホームズのくらしノベーション研究所の担当者の方に、ニーズが高まっている背景と、使い勝手が良いランドリールームをつくるコツについて教えていただきました。

ランドリールームってどんなスペース?

洗濯に関する一連の作業を行う空間

料理やお掃除、洗濯は毎日行われている家事です。なかでも洗濯は、洗ってから畳むまでに手間や時間がかかり、お天気に左右されやすいため、負担に感じている方も多いのではないでしょうか。

「洗う、干す、取り込む、畳む、しまうという、洗濯にまつわる作業をすべて行える空間がランドリールームです。家の中を移動することなく作業ができるため、洗濯にかかる時間を短縮できます。当社では、洗濯機を置くスペース、室内物干し設備、換気設備、収納スペースを備えた空間を、ランドリーサンルームとしてご提案しています」(旭化成ホームズ くらしノベーション研究所 根本由美さん。以下同)

ランドリーサンルーム
ランドリーサンルームは、洗う、干す、畳む、収納するなど、洗濯に関する作業をすべて行える空間です(画像提供/旭化成ホームズ)

共働き家庭の増加によりニーズが高まっている

近年ニーズが高まっているランドリールームですが、その理由は2つあると根本さんはお話されます。

「ひとつ目の理由は、共働き世帯の増加です。厚生労働省の調査によると、2019年には共働き世帯数が専業主婦世帯数の約2倍になりました。つまり、今の主流は共働き世帯と言えます。共働きで、暗くなる前に帰宅するのが難しい場合、室内干しをされる方が多くなります。そうするとランドリールームが欲しいと考える方は増えるでしょう。

また、フルタイムで働く妻に聞いた“共働きで働く理由”が、近年大きく変わっています。以前と比較すると『自分の能力を活かせる仕事がしたい』『生活を維持するため』は下がり、『生活にゆとりをもたせたい』が大きく増えています。

時間や心の“ゆとり”をつくるために住まいが出来ることは、家事動線を短くして無駄な動きを減らし、家事の時短につなげることです。そこで当社では、家事動線を短くする方法として、洗濯を一部屋で完結できるランドリーサンルームのある間取りをおすすめしています」

フルタイムで働く妻に聞いた「共働きで働く理由」(複数回答)
フルタイムで働く妻に聞いた「共働きで働く理由」
2012年と2018年を比較すると「生活にゆとりをもたせたい」が大きく増えていることが分かります(データ提供/旭化成ホームズ 共働き家族研究所1989年、2012年、2018年調査結果)

花粉症やPM2.5など、外気がリスクを持つ時代に

「もう一つの理由は、外気がリスクを持つようになったことです。国内ではスギやヒノキ、ブタクサ、イネなど、さまざまな花粉が一年中観測されていますし、春先には黄砂やPM2.5による大気汚染が問題になっています。家族に花粉症の方がいる場合や、大気汚染による健康被害を防ぐために、洗濯物は年間を通して室内に干したいというニーズが増えていると考えられます」

花粉症かゆい
大人・子ども問わず、花粉症に悩んでいる人は多いのではないでしょうか(画像提供/PIXTA)

家のどこに設けると使いやすい?広さの目安は?

家事動線や外干しも考慮したプランニングを

洗濯専用の空間ともいえるランドリールームは、家のどこに設ければ使い勝手が良くなるのでしょうか。

「家事動線を短くするためには、キッチンの近くが良いでしょう。例えば、2階にLDKがあり、1階に浴室と洗面室がある間取りの場合、家事動線を考えてキッチンの横に配置するご提案をします。キッチンと近いと料理や片付けと洗濯を同時進行しやすくなりますし、行き来もラクになります」

2F キッチン隣接したランドリーサンルーム間取り図
2階のキッチンに隣接させてランドリーサンルームを配置した間取り(プラン提供/旭化成ホームズ)

「休日やお天気が良い日は外に干したいという方には、ベランダに隣接させて配置するのも良いでしょう。ランドリーサンルームの近くにたたみコーナーを設けると、乾いた洗濯物の一時置きや畳み作業がしやすくなり、家事の時短にも効果的です。

また、洗濯物は濡れると重くなります。家族4人分の洗濯前の衣類が6kgとすると、洗濯後は8.6kgになります。この重さを考慮すると、外干しする可能性のある場所の近くにランドリーサンルームを配置することをおすすめします」

2F ベランダに隣接したランドリーサンルーム間取り図
2階のベランダに隣接させてランドリーサンルームを配置した間取り(プラン提供/旭化成ホームズ)

4人家族の場合、ランドリールームの広さの目安は約2畳

ランドリールームをつくるとき、どの程度の広さにすれば良いのでしょうか。

家族4人分の洗濯物(約6Kg)を干したい場合、2畳程度の広さを目安にしてください。約2畳あれば、2mの物干し竿を2本設けられるため洗濯物を十分に干せますし、洗剤・柔軟剤などを収納できるスペースも確保できます」

約2畳のランドリーサンルームのイメージ
約2畳のランドリーサンルームのイメージ。コンパクトな空間に洗濯機、物干し、小物収納スペースが凝縮されています(画像提供/旭化成ホームズ)

ランドリールームと洗面室を兼ねる方法も

スペースが限られた住宅の場合、洗濯専用の空間に2畳も使うのは……とためらうかもしれません。

「独立したランドリールームを設けるのが難しい場合、洗面室と兼用するプランをおすすめしています。一般的な洗面室は2畳程度ですが、約1畳分広くして3畳にすれば、室内物干し金具や部屋干しファンが無理なく設置でき、干場も十分に確保できます。

さらに、収納スペースを広めにとり、洗濯・柔軟剤の他にタオル類や家族の下着・パジャマを入れられるようにすると、入浴時にも便利で使い勝手のよいスペースになると思います」

ジメジメや生乾き…不快なスペースにしないコツは?

換気扇、部屋干しファン、除湿器を活用しよう

室内干しによくある悩みには「なかなか乾かない」「洗濯物に生乾きのニオイが!」「乾かしているお部屋がジメジメする」などがあります。洗濯物がすっきりと乾きやすいランドリースペースをつくるには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

「当社の施設で行った実験研究より、夜干しでも、換気扇と除湿器があれば約8時間で、換気扇と部屋干しファンがあれば約14時間で乾燥レベルまで達することが分かりました。つまり、夜に洗濯して部屋干しをしても、換気扇と除湿器を使えば翌朝までに乾きます。夜に干しても十分に乾くことから、日差しは必ずしも重要ではないのです」

室内干しで洗濯物が乾く条件
室内干しで洗濯物が乾く条件
環境条件を変えて、6kgの洗濯物が乾く時間を測定。縦軸は洗濯物に含まれる水分重量、横軸は干し始めてからの時間。実施期間:2~3月、外気温6.3~16.9℃、湿度43~53%、(データ提供/旭化成ホームズ)

窓の有無は洗濯干しに大きな影響はない

洗濯物を干すときには日差しが必要と思いがちですが、先の実験結果より、乾燥させるためには換気や送風が重要で、日差しは必ずしも必要でないということが分かりました。

「この結果を踏まえて、当社のランドリーサンルームは“窓の大きさ”を必要条件にはしていません」

部屋干しファンと換気扇の設置で洗濯臭を抑制
部屋干しファン(イラスト内・青色)と換気扇(イラスト内・緑色)の設置で、洗濯物の部屋干し臭を抑制できます(画像提供/旭化成ホームズ)

【間取り紹介】ランドリールームのある住まい実例

実例1:キッチンをランドリールームの横に配置して家事をしやすく

ここまでランドリールームのプランのポイントを解説しましたが、実際の住まいではどこに配置され、どのように使われているのでしょうか。そこで、使い勝手の良いランドリールームがある2つの実例をご紹介しましょう。

共働きのFさんご夫婦は、家づくりにあたり「家事がしやすいこと」と「LDKのそばに学習コーナーを設けること」を希望されていました。

間取りは、採光が期待できる2階に広々としたLDKを配し、キッチンに両隣にはランドリールームと学習コーナーを設けています。キッチンとランドリールームをワンフロアにまとめたことで家事をスムーズに進められ、共働きの忙しい毎日でも家族一緒の時間を大切にできる住まいになりました。

洗濯機をランドリールームに置いたことで、洗濯関連グッズも収納されるため、散らかりがちな洗面所が片付くのもうれしいそうです。

ランドリールーム間取り図
ランドリールームは、キッチンと浴室・洗面室との間に配することで、効率的な家事動線を実現しています(プラン提供/旭化成ホームズ)
格子付きランドリールームの窓で開けたままでも安心して通風が取れる
ランドリールームの窓は縦格子付きをセレクト、開けたままでも安心して通風がとれます(画像提供/旭化成ホームズ)
ランドリールームに隣接するLDK
ランドリールームに隣接するLDK。天然石貼り壁の後ろ側が学習コーナーで、リビング側からは見えない設計に(画像提供/旭化成ホームズ)

実例2:ランドリールームを洗面室とWICに隣接させて洗濯から収納をスピーディーに

都心のマンション暮らしが長かったRさんは、丘の上にある土地を散歩中に偶然発見。間取りを自由につくれ、マンションのような眺望も叶えられると家づくりを決意されました。

間取りは、眺望を楽しめるようにLDKを3階に配置。2階は浴室・洗面室を中心に配し、ランドリールーム、ウォークインクローゼット、個室を効率よく配置。洗濯や衣類収納を最短距離で行える動線にすることで、忙しいご夫婦の家事の時短をサポートしています。

ランドリールーム間取り図
2階に配した、3カ所から入れるランドリールーム。キレイになった洗濯物は、両脇のウォークインクローゼットにそのまましまえるように(プラン提供/旭化成ホームズ)
天窓付きランドリールーム
天窓から自然光が差し込む明るいランドリールーム(画像提供/旭化成ホームズ)
間仕切りを引き込み戸にした開放感のあるランドリールーム"
間仕切りを引き込み戸にすることで開け放しても扉が邪魔になりません(画像提供/旭化成ホームズ)

洗濯をラクに行える工夫により、“ゆとり”を生み出せる住まいに

上手に設ければ、洗う・干す・畳むなどの洗濯にかかる時間や手間も短縮できるランドリールーム。共働き世帯にとっては、家事の時短による“心と時間のゆとり”を生み出すスペースになるといえます。家のどこに設けるかと、換気・乾燥設備を設置しておくことが、便利で使い勝手の良いスペースをつくるポイントになります。記事を参考にして、わが家のライフスタイルに合うランドリールームをつくりましょう。

注文住宅の会社を探す
土地を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
賃貸物件を探す
リフォーム会社を探す
中古マンションを探す
新築マンションを探す
売却査定する
取材・文/山南アオ
公開日 2019年12月05日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る