"20170227112216:H:0" "20170227112216:H:0" "20170227112216:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

482 件見つかりました
  • Q
    買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?
  • A
    新井 紀仁

    新着 購入先行型・売却先行型・同時並行型などがあります。

    購入を先行するか、売却を先行するか、同時並行か、買い替えの方法は人それぞれです。それぞれメリットとデメリットがありますので、ご事情や目的について具体的にお聞かせください。お客様に合った進め方をわかりやすくご提案させていただきます。 (担当: 新井 紀仁 / (株)ファイブイズホーム )

  • A

    新着 買い替えについて

    ご質問ありがとうございます。お買い換えの際のポイントですが。まずは資金計画を正確に定めることからスタートです。売却がいくらで売れるのか、しっかり正確な査定が必要です。そのうえで、新たな新居のイメージを作ることができます。また売却からご購入まで信頼できる仲介人(パートナー)選びが最も重要だと思います。 ( 明治地所(株)大船本店 )

  • A

    まずは市場に出しましょう。

    最近の市場の動きや過去の事例だけで判断できないことありますので、まずは売却物件として地元の不動産会社へご相談し市場に出されるのが良いと思います。その反応によって、所有物件がいくらぐらいで売れそうかが見えてきます。その際の注意点として、引渡時期を少し未来に設定しておくことです。これをしておかないと、「売れたけど、次に住む家がみつからない!」という状況を招いてしまいます。また、住宅ローンが一時的に重複することもあるかと思いますが、そういったことも事前に不動産会社や金融機関に相談することをオススメ致します。 (担当: 辻空 / (株)グットハウジング )

  • A
    中西 諒

    ローンや収入など資金計画の観点から考えることをお勧めします。お気軽にご相談ください。

    既存の住宅ローンが多く残っている場合、先行的な購入は難しい場合が多いです。その際には売却重視で進められた方が良いかと思います。お買い替えの際には、お客様それぞれに合った資金プランが必ずございます。まずはお気軽にご相談ください。 (担当: 中西 諒 / 大成有楽不動産販売(株)川崎センター )

  • A
    内山 健二郎

    住まいの買い替えを行う時、「売却」と「購入」のタイミングが大事です

    【売却を先にする場合の長所(逆は購入を先にする場合の短所)】物件売却により資金が決まりますので、物件購入の資金計画が立てやすいです。 / 売却を焦り、買主様に主導権を握られる必要がありません。 【売却を先にする場合の短所(逆は購入を先にする場合の長所)】物件引き渡し日までに、新しいお住まいを探さないといけない為、じっくり家を探すことができません。 / 仮住まいに余計な費用がかかる場合があります等、それぞれ良い面、悪い面があります。ただ、「お住まいがどれくらいで売れそうなのか?」、「残債はあるのか?ないのか?」とお客様によって諸条件が変わってきますので、ぜひ当社へお気軽にご相談下さい。 (担当: 内山 健二郎 / センチュリー21タイセーハウジング(株)厚木本社 )

  • A

    お引渡し時期や資金計画等が売却と購入の双方の面から必要になります。

    お買い替えをご検討の方からよくご質問頂くのは既存のローンがある場合です。既存のローンの残債によってはご新居を先に購入できないケースがあります。その場合、一度売却をして賃貸に住居を移し、ご新居探しになると物件が見つかるのか?とのご不安や引っ越し費用の捻出等のご相談が多いです。お買い替えの場合はお引渡し時期や資金計画等が売却と購入の双方の面から必要になります。 ( アイリアルエステート(株) )

  • A

    まずは弊社へお預け下さい!

    弊社では専任物件の売買もお客様の満足度高く受けさせて頂いておりまして、販売活動としては、折り込みチラシ、不動産情報誌、各ポータルサイトなどなど広告費もかけさせて頂いております。お任せいただいた金額で買い手さんも見つけていきますので、並行して購入していただく物件もお探ししていきましょう。仮に持家の方が買い手さんがつかなかった場合にも、弊社で買い取り保証も行っておりますのでその際にはお申し付けくださいませ。 ( グローバルハウジング(株)大山ハッピーロード店 )

  • A
    杉澤彩佳

    1社にお任せいただくと調整がしやすいです。

    当社ではお買い替えで売却と購入をする場合には基本的に間借りが必要ないスケジュールをご案内しています。売却が決まらないと購入を勧めることがむづかしいケースが多いですが金融機関によっては購入を先行させて売却することも可能ですのでそのようなご提案もしています。 (担当: 杉澤彩佳 / (株)クラシア )

  • A
    人見 和之

    まずは売却を優先的に。先に購入が決まった場合はカチタスがお役にたてるかも。

    現在すでに住宅ローンがある場合は、売却が決まらないと頭金も用意できないことが多く、次の住宅ローンが組みにくいので売却を先行させたほうがいいでしょう。とはいえ、売ることが決まっても次に住む場所が無いと困りますよね。そのため、買い替えを考える場合は、欲しい家を探しながら並行して売却の依頼をしておき、購入か売却のどちらかが決まりそうになったら、急いで他方の話を進める、というケースが多いようです。先に購入が決まってしまい売却を進めなければならない場合など、カチタスのような買取会社がお役に立てると思います。弊社は直接買取も行っておりますのでご購入と一緒に売却のご相談もぜひカチタスまで! (担当: 人見 和之 / (株)カチタス藤岡店 )

  • A

    お客様のご希望をお伺いさせていただきご提案させていただきます!

    お住み替えの場合には、自己資金や住宅ローンを利用して購入できるかの確認が必要です。購入できる場合にはご自宅の売却に制限は無くゆっくりご売却が可能です。購入できない場合にはご自宅を購入物件の引渡し日までに売却しなければ購入できない可能性があります。また、売却を先に行なう場合には、買い手が見つかった場合に一度賃貸に出なければいけない状況が発生する可能性がございます。ご自宅の確実な売却のため弊社にて買取制度のご利用も可能です。弊社買取の場合で、弊社で注文住宅建築のお客様には、建物完成まで弊社で買取後もお住まいいただけます!完成後にお引っ越しできるため負担も少なく済みます! ( 福地建設(株) )

  • A
    竹内 佑樹

    購入が先か、売却が先か、同時に行なうか、になります。

    お住み替えの場合には、新しく購入する物件をすでに決まっている場合には自己資金や住宅ローンを利用して購入できるかの確認が必要です。購入できる場合にはご自宅の売却に制限は無くゆっくりご売却が可能です。購入できない場合(自宅にローンの残債がある場合)にはご自宅を購入物件の引渡し日までに売却しなければ購入できない可能性があります。ご自宅の確実な売却のため買取制度のご利用も可能です。また、売却を先に行なう場合には、買い手が見つかった場合に一度賃貸に出なければいけない状況が発生する可能性がございます。お住み替えは慎重に進めないとトラブルになりますので経験豊富なスタッフにご相談ください。 (担当: 竹内 佑樹 / (株)大京穴吹不動産駒込店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    下中 利文

    お引越し時期と近隣の相場を考慮した販売価格を設定する事が重要です

    ご購入物件が決まり早急な現金化が必要な場合は、当然ですが相場よりお安い販売価格を設定しお買得感を演出して成約率を高めます。逆にお引越しを急でない場合は、もしもを期待してついつい相場価格を考えない高めのお値段にしてしまいがちですが、売却期間が長くなる事により「なかなか売れない物件」という印象が強く根付いてしまう危険性がございます。結果大幅値下げ等をしなくてはならず、購入物件のお値段もそれと共に調整する必要がございますので、当初の計画が狂ってしまいます。ゆっくりしたお住替えをお考えの場合こそ、ご自宅近隣の相場価格をしっかり把握して当初販売価格をご検討する事が非常に重要となります。 (担当: 下中 利文 / (株)マイタウン西武 )

  • A
    萩原 貴光

    現状を把握し、優先順位を決める事です。

    ポイントはご所有不動産の"売却"が優先か、住んだまま"購入"ができるのか、買い替えに対する現状把握が必要です。ご自宅の資料や、既存お借入れの返済予定表、ご収入証明等をご持参下さいますとより具体的にご相談が出来ますので、お気軽にご相談下さい。 (担当: 萩原 貴光 / (株)西武開発立川店 )

  • A
    大矢 耕平

    売却物件の査定をしましょう (^^♪

    お客様のご希望金額をお教えください (^^♪ 経験豊富なスタッフが、☆近隣の相場 ☆ 近隣の販売事例 ☆ 過去10年までさかのぼり、成約事例 等々・・。 色々な角度からお客様の資産価値を、お伝えさせて頂きます。 おおよその売却金額がわかれば、購入するご希望の価格帯が 決めやすいのではないでしょうか? 購入物件を含めた資金計画もさせて頂きますので、ご安心下さい (^O^) 買い取り保証制度も ございますので、安心して、ご相談下さい ☆彡 (担当: 大矢 耕平 / (株)ひだまりハウス久喜支店 )

  • A
    櫻井 亮人

    まず、買い替えのスタイルを決めることです。

    買い替えには大きく2つのスタイルがあります。(1)購入を先行するスタイルと(2)売却を先行するスタイルです。(1)に関しては「切り離し型」と「買い取り保証型」に分かれます。買い替えのスタイルはお客様が購入と売却のどちらを優先させるか、また既存の住宅ローンの残高などによって左右されます。場合によっては仮住まいの必要もでてきますので、不動産会社とよく打ち合わせて決める必要があります。弊社には買い替えを応援する「売却保証制度」や「つなぎ融資制度」がございますので、ぜひ私にご相談ください。 (担当: 櫻井 亮人 / 大成有楽不動産販売(株)成増センター )

  • A
    杉内 信久

    「引渡し猶予期間」を設けてみてはいかがでしょうか。

    物件探しを先に始められる方が多いですが、まずは売却活動から始め目処が立ったら物件探しを始めましょう。コツは売却の際に「引渡し猶予期間」を設けることです。その間に物件探しや引越しを行えば仮住まいの賃料も発生せず、スムーズなお住み替えが可能です。 (担当: 杉内 信久 / (株)ワッフル/九段下ショールーム )

  • A
    杉内 信久

    「引渡し猶予期間」を設けてみてはいかがでしょうか。

    物件探しを先に始められる方が多いですが、まずは売却活動から始め目処が立ったら物件探しを始めましょう。コツは売却の際に「引渡し猶予期間」を設けることです。その間に物件探しや引越しを行えば仮住まいの賃料も発生せず、スムーズなお住み替えが可能です。 (担当: 杉内 信久 / (株)ワッフル/九段下ショールーム )

  • A

    売却に重点を置きながら購入も同時並行をオススメします

    売却後の資金を購入資金に充てたい場合や、売却物件の住宅ローンが残っている場合は売却を先行して進めていきましょう。一般的に売却の方がこれから買主を探す分、購入よりも難しいです。しかし、売却だけに焦点を当てているといざ売却完了後に住まいがなくなってしまいます。弊社では売却の話を進めながら購入物件を検討し、無駄のないスケジュールをご提案させて頂きます。 ( (株)TK・ハウジングセンター宇都宮店 )

482 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 中古一戸建て > 中古一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
中古一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)中古一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。