"20171124055510:H:0" "20171124055510:H:0" "20171124055510:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

568 件見つかりました
  • Q
    買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?
  • A

    新着 営業スタッフとしっかりと打合せをしてください。

    売却は決まったけど良い購入物件が見つからない。購入は決まったけど売却が思うように決まらない。どちらも、避けなければならないことです。売却想定額や希望購入物件がありそうかどうかなど、営業マンとしっかりと打ち合わせのうえお話を進めてください。 ( (株)東京シティハウス )

  • A
    金井孝行

    新着 売却と購入を同じ不動産に依頼するとスムーズにお話が進みます。

    当社のような、買い取り・新築の販売をやっている総合不動産ですと御手間取らさずにお話が進みます。買い替えで新築に住まれる際に現在住んでいるご自宅からそのまま引っ越しができますので、アパートに一度引っ越す手間がかからないです。 (担当: 金井孝行 / (株)横尾材木店太田店 )

  • A
    石山 薫

    売却と購入は同時進行がおススメです(詳細な理由は回答欄をご確認ください)

    売却を進めながら購入の情報収集や物件見学をする方法が一番おススメです。そこで心配な事が先に売れてしまったらどうしようといった点ですが購入される方にある一定の期間お引き渡しを待ってもらう方法もあります。場合によっては3ヶ月から1年という期間の設定になります。ただ価格の交渉が入るかもしれませんという事がありますので注意が必要です。現在借入が無いお客様や収入面で余裕があるお客様には買い先行といって購入先に引っ越した後売っていくというスタンスです。その場合ご売却が成立するまでの間金利のみのお支払いという事も金融機関でお取り扱いしておりますので弊社提携先にも確認が出来ます。 (担当: 石山 薫 / (株)グランツホーム )

  • A
    成田 正人

    1社だけではなく複数社のお話を聞いて頂き、地域密着販売力のある会社に任せる事です。

    資金計画に余裕がある場合とご希望の物件に出会った方は、「購入先行」です。また、自宅をできるだけ高く売却したい場合は、「売却」が先行です。売却する前に、希望の物件を購入すると、期限付きの売却期間になる為、やむを得ず、希望の価格以下で手放さないとならない場合があります。またセンチュリー21オールワンでは「買取保証付き」の売却方法もございます。 (担当: 成田 正人 / センチュリー21(株)オールワン )

  • A
    三上 大喜

    【住宅情報館】には【【買取保証制度】】がございます♪

    【買い替え】は色々なリスクが伴います。お持ちの物件がいつ売却出来るのか?次の物件はいつから探せば良いのか?売却損が出てしまったら?当社の【【買取保証制度】】をご利用ください!!まずはお気軽にご相談ください♪ (担当: 三上 大喜 / 住宅情報館(株)高崎店 )

  • A
    近藤 友絵

    「確実な売却技術」と「安心の資金計画」です!

    お買替えには「売却先行」と「購入先行」と2タイプありますが、それぞれの特徴をしっかり把握し、なるべく並行して進める事が負担が少なくスムーズにお買替えが出来ます。しかし、「売却は決まっているのに買い替え先が見つからない」「気に入った物件があるのに自宅を売却しなきゃ資金がない」など様々な要因でうまく進まないことも…そんなリスクを少しでも減らせるよう確実に売却できるシステムと負担を軽減する資金計画をご提案しております。 (担当: 近藤 友絵 / 明治グループ(株)東日本ハウジング )

  • A
    木村和彦

    売却から先にやるのがセオリーです!

    基本的には売却から先にやった方が予算とかもオーバーしませんし無難です。しかし売却先行はセオリーですが、やはりロマンは少ないです、売る時には引渡時期は決まるので、その限りある時間&物件の中で決めないと行けませんから。オススメは買い先行です、しかし売却価格はどうしても下がる傾向にありますし、最後の手段は業者買取なので最終的なローンの金額は増えている感じはあります、しかし!ロマンは十分です。当社が見ている限りは満足度はセオリー無視の買い先行が高い気がします。 (担当: 木村和彦 / (株)グランデ )

  • A
    桜井 修

    何よりもご自身の状況やご予算に合った手法を選択することです。

    現在のお住まいの残債額と自己資金額によっては、買い替えの方法が限定されてしまうことも御座いますが、大きく3つの買い替え手法が御座います。(1)気に入った物件をご購入した後に、現在のお住まいをご売却する手法(2)現在のお住まいを先にご売却した後に、気に入った物件をご購入される手法(3)ご購入とご売却を同時進行する手法どの買い替え手法がお客様に合っているかのご提案をしっかりとさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。 (担当: 桜井 修 / (株)インフィニットスペース )

  • A
    長島 宏樹

    まずは、査定をおすすめします。

    ご希望の金額で販売活動は可能ですが、1、市場や路線価等から算出する方法(一般ユーザーさんへ販売活動)2、不動産会社が買い取る方法(相場値よりも安くなります)大きく2つの査定方法があります。2の場合は相場よりも安い価格になりますが、住み替える方法としては、スムーズです。ケイアイネットリアルティでは、無料で査定を行っております、お気軽にご相談下さい。 (担当: 長島 宏樹 / ケイアイネットリアルティ2nd(株)佐野ハウジングセンター )

  • A
    泉 雄貴

    同時進行が理想です。

    ローンが残っているかいないかで変わってきますが、残っている場合は、売却される物件とご購入される物件が同時進行が理想です。売却だけが先に進み、ご購入物件が決まっていない場合ですと居住場所がなくなってしまいます。また、ローンが残っている状態でご購入が先行してしまいますと、二重ローンが組めないので新居を購入する額のご用意が出来なくなってしまいます。 (担当: 泉 雄貴 / 湘南シーズン(株) )

  • A

    同時に並行することが重要です!

    まずは売り先を見つけてから、まずは購入物件を見つけてから、それでは遅い場合があります。売り先があっても理想の物件が見つからない、購入物件を見つけても買ってくれる人が見つからない、だとすべてが無駄になってしまう場合があります。予算との兼ね合いをしっかりと見極め、両方を並行して進めていくことをオススメします。 ( (株)スリーエイト北綾瀬支店 )

  • A
    水野昌彦

    不動産のプロが進めないと資金ショートになってしまったり、無駄なお金が・・

    買い替えの場合、大切なのは、スケジュールと相場観。契約によって、スケジュールが確定します。いつ、お金を払って権利をいただき、いつお金がもらえて権利を渡すのか。すべてスケジュール化されます。どの契約にも違約金が書かれていることでしょう。いい加減な査定では、買い替えの場合に、痛い目にあいます。金額的に損をしなくても、無駄な、月々の家賃、労力等がかかってしまうものです。販売力の強い会社(販売会社)に依頼する方がよいでしょう。また、資金計画がうまくいくように保険を掛けることもポイントです。プロにご相談くださいませ。 (担当: 水野昌彦 / (株)エステート白馬越谷大袋店 )

  • A
    舟木 誠司

    資金計画や引渡し時期等の検討を事前に行いましょう。

    お買い替えをご検討のお客様からよくご質問頂くのは既存のローンがある場合です。現在ご所有の物件がいくらで売却可能かの査定をまずは行い、新規購入物件はどこまでの価格が購入可能かの目安を算出させて頂きます。新規購入の可能目安がないまま物件探しをしても全く意味の無いこととなってしまいます。また、新規購入物件が未完成物件の場合は一時的に賃貸へお引越しが必要となる場合もございます。様々な事例も踏まえたご提案をさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。 (担当: 舟木 誠司 / (株)レガロリアルティ )

568 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 中古一戸建て > 中古一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
中古一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)中古一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。