リフォームの常識【お金・会社選び編】

リフォームの常識【お金・会社選び編】

リフォームの「お金」に関する、必要な費用や支払うタイミング、ローンについて把握しておこう。さらに、依頼先を選ぶ際も、事前知識がものをいう。見積もり額だけで判断せず、費用の内訳や、会社の対応をよく見て、相性のよい会社を見極めてから依頼したい。この記事では、リフォームの「お金」と「会社選び」について、解説する。

リフォームで支払うお金を知っておく

工事以外に必要な費用や支払うタイミングを知る

リフォームでは工事にかかる費用のほかに、税金や各種手続きの費用、家具やカーテンの購入費用などが必要になる。さらに、大規模な工事で仮住まいするなら、家賃やトランクルーム代、往復の引越し費用も準備しておく必要がある。
費用の支払時期は工事の規模や会社によって異なる。大規模な工事で現金で支払う場合は、「契約金」「着手金」「最終金」と3回程度に分けて支払うことが多く、小規模な工事では完成後に一括支払いという場合も。見積もりをもらう際に、支払いスケジュールや費用の割合なども確認しておこう。

現金での支払い例(大規模リフォームの場合)
イラスト

低金利の今だから!ローンで支払うという選択肢も

最近は低金利なこともあり、若い世代を中心にローンを利用する人が多い。大規模なリフォームを検討中の人、貯蓄を手元に残しておきたい人は要チェックだ。ローンには住宅ローンとリフォームローンがあり、それぞれ特徴がある。例えば、住宅ローンはリフォームする住宅を担保にして借りるもので、低金利のローンを最長35年の長期返済が可能。大きな額を借りやすい。一方のリフォームローンは無担保な場合が多く、手続きは簡便。ただし、金利はやや高めで、返済期間は短め。借入額は数百万円~1000万円程度の場合が多い。

それぞれのローンの違いを知り、自分に合ったローンを選ぼう
住宅ローン リフォームローン
金利 変動型や固定型など種類が選べる 住宅ローンより高い
担保 リフォームする住宅 無担保でも可能
借入限度額 多い 少ない
審査期間 2~3週間程度 数日程度
返済期間 最長35年 5~15年
諸費用 十数万円~ 数千円~

どのリフォーム会社に依頼するか決める

安心して任せられるか 担当者の対応や相性を見る

リフォーム会社にはそれぞれ得意分野があるので、自分たちのやりたいリフォームが得意そうな会社をカタログなどでピックアップし、複数社に問い合わせてみよう。要望のヒアリング、プラン提案などを通して、相性のよい会社や担当者を見極めたい。例えば、時間にきちんとしている人は、工事の工程管理もしっかりしていることが予測できる。靴など身に着けているものが清潔かどうかも、きれいに工事を進めるか、後片付けをきちんと行ってくれるかを予測する材料になるだろう。担当者の対応は会社の姿勢を見る判断材料になる。気軽に相談でき、信頼できる会社・担当者を選ぼう。

2016年11月16日 SUUMOリフォームより転載

取材・文/木村寿賀子 イラスト/平田利之 写真/川田雅宏 デザイン/ベター・デイズ
2017年5月25日
この記事の感想を投票する
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る