"20201023124429:H:0" "20201023124429:H:0" "20201023124429:H:0"

不動産会社ガイド

第一交通産業グループ

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

第一交通産業グループ

第一交通産業 北九州本社ビル

快適な暮らしを創造するマルチカンパニー
大きな包容力で「人」の未来を考える

日々、加速度をつけながら進化し続ける社会。その中で、今本当に求められているものは「快適ーアメニティ」だと同社は考え、社会の単位である「人」に視点を合わせ、時代のニーズに応えた快適な生活環境を創造することを使命としている。旅客運送事業を核としながら、不動産関連事業、介護・医療事業など多岐にわたって事業展開をする第一交通産業グループだからこそ可能な大きな包容力で、これからの「人」の未来を考えていく。

全国175社の第一交通産業グループの力を結集し、明日の快適生活を創造するマルチカンパニー

第一交通産業グループ事業図

全国ネットワークとグループ力で
地域社会の快適な生活環境を創造

1960年に5台のタクシー事業からスタートした第一交通産業は、旅客運送事業を核としながら、不動産関連事業、国際事業、ファイナンス事業、介護・医療事業など多岐にわたって事業を展開。第一交通産業グループ内会社数は175社、全従業員数は約15000人(2019年3月31日現在)。快適な生活環境を創造するマルチカンパニーとなった。人とともに地域とともに歩み、社会に貢献する企業として着実に発展を遂げている。LANS(ローカル・エリア・ネットワーク・サービス)カンパニーとして、地域社会に根ざし、地域におけるオンリーワンを目指す同社は「世の中の役に立つこと」こそが、同社のアイデンティティー(存在理由)であると確信し、快適な生活環境を支える存在でありたいと考えている。

総合生活産業として
活躍の場は日本全国、そして世界へ

今後は、世の中のスピードに乗り遅れないようにタクシーを中心とした旅客運送事業を核として同社の関連事業とのシナジー効果を高めていき、より質の高いサービスを提供しながら、地域社会への大きな貢献を目指している。真のアメニティを追求するために、総合生活産業として「人の生活を大切にする」という原点を念頭に置きながら、これから先も多方面な事業に領域を拡大する予定。その活動範囲は日本国内に留まらず、中国やミャンマー・インドでも活動するなど世界へと広がっている。

福岡支社ビル

↑ページの先頭へ戻る

人間第一主義の思想が息づく、全国トップクラスのタクシーグループ

タクシー・ハイヤー事業

地域の人々に欠かせないドア・トゥ・ドアのサービス産業として発展

核となる旅客運送業においては、地域の人々に欠かせないドア・トゥ・ドアのサービス産業として発展し、グループのタクシー・バス他総合保有台数は9080台(2019年5月31日現在)と全国トップクラスを誇る(自社調べ)。全国にネットワークを持つタクシー事業では、普及が進むスマートフォン向けに画面タッチの簡単操作で配車が可能なスマホアプリ「モタク」の提供、公共交通機関がない交通空白地帯に「おでかけ乗合タクシー」を運行、助産師から講習を受けた乗務員による「ママサポートタクシー」、忙しい保護者の代わりに塾や幼稚園の送迎を行う「子どもサポートタクシー」、増大する海外観光客に対応した「多言語通訳サービス」といった時代のニーズに応えたサービスを提供。

バス事業

タクシー事業は全国へ展開、さらにはバス事業も

同社の「人間第一主義」の思想から生まれたサービスが全国各地へと広がっている。また、タクシー業界のリーディングカンパニーとして研修センターの設立・開校や事故防止研修、損害保険会社と共同で自動車事故防止の研究、衝突警報装置の導入など、事故を減らす活動にも積極的に取り組んでいる。
バス事業は1997年より貸切バス事業に本格参入、2004年には沖縄県で路線バス事業も開始。現在では、九州・四国・近畿地方に拠点を設けている。特に、沖縄県においては、県トップクラスの規模を誇るバス企業グループに成長している。

↑ページの先頭へ戻る

グループ全体で地域のために快適な生活環境を創造する

那覇バスターミナル

各事業の相乗効果で
より一層地域に密着した事業を展開

沖縄県では、2004年に開始した路線バス事業を皮切りに、タクシー事業、不動産分譲・賃貸事業、船舶事業など各事業の相乗効果で、より一層地域に密着した事業を展開。2018年10月に開業した那覇バスターミナルでは、商業施設とバスターミナルを同社が運営するなど、街の発展の一翼を担っている。北九州エリアにおいてはカジュアルと賑やかをテーマにした食の発信地「ウオマチヒカリテラス」を開業。地元の食文化を楽しめるラグジュアリーな空間を提供。生活総合産業として、第一交通産業グループの力を結集して、地域に貢献する企業としての役割を果たしている。

介護・医療事業

街づくりから社会福祉まで
地域に密着したサービスを提供

介護・医療事業においては、病院運営だけでなく、訪問介護・居宅介護支援をはじめ、介護老人ホーム・サービス付き高齢者住宅の提供など、これからの福祉社会に向けたサービスを提供。福祉タクシーや介護タクシーは、グループ内での連携も行い、同社ならではの強みを発揮。介護事業を通じて、誰もが安心して心豊かに暮らしていける福祉社会を創造していく。
その地域の人々が欲しいと思っているもの、足りないと思っているものを交通サービスを中心に展開し、「なにかあったら、第一交通産業に頼もう」と言われる会社を目指して、これからも第一交通産業グループは前進し続ける。

↑ページの先頭へ戻る

誰もが快適に暮らせる生活環境づくりを大切に、心をこめた家づくり

〈アーバンパレス長丘ヒルズ〉(完成予想図・分譲済。2016年5月、現地10階相当の高さから撮影した画像に外観完成予想図を合成したもので、実際とは多少異なります)

グループ全体の力を結集して、快適な生活環境を創造する

1964年、不動産事業に進出し今日の分譲事業の母体である「第一通産(株)」を設立。以来、長い歴史の中で、ただ居住空間のみを提供するのではなく、誰もが快適に暮らせる生活環境づくりを大切にしてきた。その視点から、テーマを家づくりから街づくりに求め、自然とともに都市景観や都市機能が融合した優しい時代のライフステージを創造。不動産管理事業も自社で展開しているので、迅速で細心のアフターケアを行うことができ、強い信頼を得ている。

↑ページの先頭へ戻る

エリアのニーズに応えながら、個性と快適性を大切にしたマンションを提供

全国に展開するマンション事業

〈アーバンパレス別府パークビュー〉エントランスアプローチ(完成予想図・分譲済)

〈アーバンパレス九大学研都市〉外観(完成予想図・分譲済)

〈THE TOSU TOWER TWENTY〉ホール(完成予想図・分譲済)

住む人の身になった住まいづくりをモットーに「アーバンパレス」「グランドパレス」のマンションブランドを中心に展開。福岡・北九州をメインに、東京・埼玉・山梨・長野・宮城・大阪・兵庫・山口・広島・大分・熊本・佐賀・長崎・宮崎・鹿児島・沖縄に進出。変わらぬ価値と感性の注入にこだわり、心地よい居住空間だけでなく、豊かな緑化空間やゆとりの共同空間も大切にした、やすらぎのリビングステージを提案。時代のニーズやその地域にマッチしたマンション開発を推進している。

↑ページの先頭へ戻る

〈ユニ エクセラン〉だからこそ「できる」。嬉しい価格と個性的なデザインが魅力

永く愛着が持てるよう、暮らしやすさとデザイン性を両立した空間設計を採用(福岡住宅展示場にて撮影)

グループの力を結集して、マイホームを手の届きやすい価格で実現

第一交通産業グループの中で、戸建て住宅の販売を担う第一ホーム。家づくりのテーマは「暮らしを潤す高品質な土地付き住宅」。多くのファミリーが、安心して土地付き住宅を手に入れることができるように、第一交通産業グループの信用・経験・組織力を結集。床材・建具・キッチン・水まわりなど、各メーカーから選び抜いた素材や資材を同社ならではの一括大量購入とすることで、より良い素材を嬉しい価格で仕入れ、そのままユーザーに還元。より多くの家族にマイホームの夢を実現してもらうために、家計に嬉しい価格で提供する努力にも余念がない。

マイホームだからこそ、永く愛着が持てるように「個性」を大切に

同社が展開する「ユニ エクセラン」の特徴は「個性」。特に空間設計は、営業チームがユーザーから高評価を得た間取りや仕様などを設計時に提案できる環境が整っているので、より自由な発想が可能。また、家事負担を軽減する動線、調理が楽しくなる開放感のあるキッチン、室内がすっきりと片付く豊富な収納など、女性目線で配慮されたプランも購入者に好評。デザイン性の高さや、プランの機能性の高さが評価され、個性を求めるユーザーだけでなく、注文住宅を検討していたユーザーが現地を見学して、購入するケースも珍しくないという。

設備・仕様にもこだわる(福岡住宅展示場にて撮影)

↑ページの先頭へ戻る

性能や安心感の先にある「家族の幸せ」「居心地の良さ」を目指して

一棟一棟のデザインが異なる〈ユニ エクセラン〉。今後は、省エネルギー性や耐震性を高めて、さらに魅力的な住まいを提供していく(福岡住宅展示場にて撮影)

「家づくり」から「街づくり」へ。さらなる高みを目指して挑戦

省エネルギーで環境にやさしい住宅や、より耐震性を高めた住まいの提供など、現状に満足せず、家族の暮らしがより快適になるように、「ユニ エクセラン」も日々進化を続けている。「個性を大切にする」という建売住宅の新しいスタイルを確立した同社が次に目指すのは、幅広い世代の心がやすらぐ環境づくり。住まいを供給するだけでなく、販売後の「家族の幸せ」「居心地の良さ」を大切にした街づくりが次なる目標。「家づくり」から「街づくり」へ。第一ホームの新しい挑戦とともに、新しい街に家族の笑顔が広がっていく。

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

第一交通産業グループ

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

第一交通産業グループ

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る