"20181114072150:H:0" "20181114072150:H:0" "20181114072150:H:0"

不動産会社ガイド

近鉄不動産

ローレルタワー夕陽丘:エントランスホール(2014年分譲済)

「美しく時を刻む」
40周年を迎えるローレルシリーズ

近鉄グループの組織力を基盤に、安定した実績を重ねる関西有数の総合デベロッパー、近鉄不動産。同社が考える住まい創りは、永く受け継がれた知恵と新しい発想の融合による安心に裏付けられた上質な暮らしと洗練された住まいの実現。2018年度、40周年を迎える「ローレル」マンションシリーズは、近鉄沿線をはじめ幅広いエリアにおいて単なるモノづくりに留まらず、多世代に豊かな暮らしを提案するプロジェクトを展開。一貫して顧客目線での住まいを提供し続けている。

実績を重ねてきたエリアを大切に、立地特性に相応しい『ローレル』を展開

ローレルスクエアあやめ池(2015年分譲済)

「ローレルコート」・「ローレルスクエア」・
「ローレルタワー」・「ローレルアイ」シリーズ

「品質」「安全」「健康」「環境」「未来」「信頼」という6つの視点で住まいをみつめ、安心が支える豊かな暮らしを提案してきた近鉄不動産。外観デザインや共用施設など、それぞれのマンションシリーズに採用されるコンセプトや仕様は、エリア特性やライフスタイルに合わせ、必要なものだけが適切に選び抜かれている。土地が有する特質を見極め、エリアの中で際立つモノづくりを実践し続ける近鉄不動産。それこそがローレルブランドの認知度を高め、多くのエリアにおいて「ローレル」シリーズが拡大を続けている理由だろう。

都心ならではの開放感や眺望も資産価値に。
アクティブな暮らしを提案するタワーマンションも数多く

都心という便利な環境の中で、快適な暮らしをスタートさせたい。そうした人々の希望を叶える住まいづくりは立地選定からスタートする。同社は、駅に近いことはもちろんのこと、都市の中でもゆとりを感じられるよう3方向が道路に面した角地立地にも強いこだわりを持っている。さらに、暮らしのシーンの中で四季を感じることができるオープンスペースを採用するなど、建物が林立する都市部において、いかに快適で安心、そしてゆとりを感じるマンションライフを提供できるか。利便性+αで価値ある都市空間を創造し続ける。

ローレルタワー夕陽丘(2014年分譲済)

↑ページの先頭へ戻る

時を経てこそ深まる美しさ。街の景観をより高める建築美を追求

ローレルスクエア学園前:エントランス(2013年分譲済)

生活環境も含め、トータルに計画。新たな都市機能を付加し、街の価値を高める開発

鉄道事業との連携を取り、長期構想により駅周辺に住宅だけではなく商業施設、文化施設などを融合した複合的な面開発を行うことで、利便性の高い街づくりや住まいづくりを推進する近鉄不動産。街の一画をデザインするという責任から、もともと街が持つ景観の美しさや自然を活かし、街に調和する住まいを創造。圧迫感を感じさせない洗練された表情は、ここに住まう方だけでなく、この街に訪れた人の心をも満たす存在感を放っている。

↑ページの先頭へ戻る

「近鉄グループ」の総合力を結集して豊かな暮らしを創造

2017年度グッドデザイン賞を受賞した「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)【公共用の建築・施設部門受賞】と、大阪市との官民連携により再整備した「てんしば」(2016年度のグッドデザイン賞金賞を受賞)

運輸、不動産、流通、ホテル・レジャーなど、暮らしに関わる多様な事業展開で躍進する「近鉄グループ」

運輸、不動産、流通、ホテル・レジャーなど、暮らしに関わる多様な事業展開で躍進する近鉄グループ。中でも日本一高い超高層複合ビル「あべのハルカス」は今や誰もがその名を知るところだろう。その「あべのハルカス」を背景とする天王寺公園エントランスエリア「てんしば」は今や、あべの・天王寺エリアのにぎわい創出の拠点として、国内外を問わず、老若男女、多世代の方々の憩いの場として利用されている。他にも「近鉄百貨店」など近鉄グループは近鉄沿線を中心に商業施設を多数展開。生活創造企業として地域の人々に認知されている。

↑ページの先頭へ戻る

2017年度グッドデザイン賞にて、2部門3プロジェクトで受賞(5年連続の受賞)

「ローレルコート西葛西」(東京都江戸川区)(2016年分譲済)【住宅・住空間部門受賞】 

街に調和し、街の価値を高めるデザインコンセプトに高評価

直方体が三段にセットバックする抽象的な構成が印象的な、日本一の超高層複合ビル「あべのハルカス」。ガラス張りの透明感あふれる外観は、日本における現代的なランドマークのあり方も示唆するとして高く評価された。また、マンションでは「スローアーキテクチャー」という考え方をコンセプトに、帰ってきた瞬間から視覚的な温もりと安堵感を醸成するエントランスをデザインするなど、街並みとの調和を図りながらも“寛ぎの時間”に徹底的にこだわった「ローレルコート西葛西」などが受賞した。

↑ページの先頭へ戻る

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

近鉄不動産

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る