"20200710123028:H:0" "20200710123028:H:0" "20200710123028:H:0"

不動産会社ガイド

新日本建設

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

新日本建設

エクセレントシティ本八幡駅前サザンライズ(外観完成予想図。分譲済)

総合デベロッパーとして首都圏を中心に事業展開
3年連続、首都圏供給戸数「ベスト5」を実現

1964年の設立以来、公共事業や幕張メッセなどの大型建造物、最近では千葉駅西口再開発事業も手掛ける同社。千葉県有数のゼネコンとして躍進、その後、分譲マンション事業へと展開してきた。2002年に東証一部上場、ここ3年は連続で首都圏供給戸数ランキング第5位を獲得するなど、総合デベロッパーとしての揺るぎない地位を確立。累計供給は全215棟・9400戸を超えた。これからも自社一貫システムを掲げ、自社施工による「駅近立地および適正価格の住まい」を追求していく。

「自社一貫システム」を確立し、累計全215棟、9400戸供給を実現

※1:不動産経済研究所調べ(※ランキング対象には定期借地権マンション、投資用マンションは含まれません)

安定した供給と、堅実な成長を続ける同社は
建設と販売の2分野で事業展開

前身の宮大工、大秀組から始まり、56年前に設立、建設・施工からスタートした同社の歴史。同社オリジナルブランド<エクセレント>マンションが1994年より本格的に展開する以前は、千葉県を中心に幼稚園、小学校、中学校や、若葉区役所など行政施設をはじめとする公共事業、幕張メッセ国際会議場などの大型建造物施工、土地の有効活用なども含めた建設事業が中心だった。その後、ゼネコンにデベロッパー機能を取り入れた、住宅総合開発カンパニーとして成長してきた同社は首都圏へと建設・開発事業を拡大していった。

仕入・施工・販売から長期アフターサービス、
入居後の管理をグループ会社が担う自社一貫システムを構築

「自社一貫システム」によって直接届くユーザーの声を<エクセレントシティ>へストレートに反映できる体制を強化。メリットをユーザーに還元できる多角的な発展を見せている。短いスパンで変化するライフスタイルや住まいへのニーズを的確にイメージし、より性能を向上させ、常に新しい住まいを創造する<エクセレントシティ>。ここ3年は連続して首都圏供給戸数ランキングベスト5の位置をキープしており、同社の近年著しい進化と評価の高まりは、これらが総合し築き上げられた技術を礎としているからといえるだろう。

エクセレントシティブランドロゴ

↑ページの先頭へ戻る

「自社一貫システム」は開発期間の短縮、販売コスト低減など豊富なメリット

自社一貫システム概念図

ユーザーのために、同社内でスピーディーに検討・対応
すべては<エクセレントシティ>ユーザーへ還元

開発期間の短縮、販売コスト低減に加え、自社責任施工、ユーザーの要望を取り入れ、住まいをカスタマイズできる各種セレクトへの対応、自社責任による長期アフターサービスおよび管理といった多彩なメリットを<エクセレントシティ>のユーザーは享受できる「自社一貫システム」。また別のメリットとして企画、設計、建設、販売など各フローを切り離さずにすべて自社内で行われるため、様々な情報を共有、ユーザーのためのスピーディーな検討・対応を可能とするとともに、より進化した<エクセレントシティ>への還元も挙げられる。

すべて自社で完結する【長期アフターサービス】
対応の速さとスムーズさに高い評価

自社一貫システムならではのメリットのひとつ、売主がすべて対応する「長期アフターサービス」。ユーザーが依頼するときの手間を軽減し、「どこに問い合わせたらいいのかわからない」という戸惑いもなく、同社がスムーズに対応する体制を構築。タイムラグや情報伝達の齟齬も発生しづらく、迅速かつストレスフリーでサービスを受けることが可能だ。

長期アフターサービス概念図

↑ページの先頭へ戻る

若手社員インタビュー「良さだけでなく、全てをしっかり伝えることを心がけています」

建築企画部 瀧下氏(入社4年目)

「間取りや設備の決定、設計部、工事部との
連携など、仕事は多岐に渡ります」

同社では設計、建築などのゼネコン事業とマンション分譲事業の2つの事業を橋渡しする建築企画部という部署がある。用地取得後からプロジェクトに参加し、LDの畳数を決めたり、収納の大きさを検討したりと設計に携わりつつも、最終的に購入者が物件を初めて確認する内覧会に立ち会うなど、マンションギャラリースタッフと密接に連携している。「自社一貫システムは対応のスピーディーさが持ち味ともいえます。物件のコンセプト決めも、契約者様のセレクト要望への対応も柔軟で、良い住まいを創造することができると思います。」

「お客様が何を求めているのかを、丁寧な会話から
カタチにすることが私の仕事だと思っています」

学生時代は設計を学んでいたが、設計部ではなく営業部を希望して配属された経歴を持つ。「入社2年目なので、知識はまだまだ先輩に及びません。その分、お客様自身も曖昧な住まいへの要望を具体的にできるよう、丁寧な会話を心がけています。営業スタッフには建築企画部出身のものもいますし、先輩スタッフの設計や法律など知識の豊富さは驚くものがあります。私はまだまだ勉強中ですが、設計部や工事部にすぐ電話をかけて確認できるという、弊社のメリットを存分に活用しています。」

マンション販売部 藤山氏(入社2年目)

↑ページの先頭へ戻る

「無償セレクト」でライフスタイルに合った住まいへとカスタマイズ &「設計変更」

セレクトプラン概念図※間取り図は概念図。室内写真は施工例(すべて分譲済)※無償セレクト、有償設計変更は申込期限有り

プランをはじめ、カラー、カウンター高さなど
様々に無償でセレクト可能

基本間取りをベースにリビングの拡張や和室への変更などのバリエーションを設けた「セレクトプラン」や、住まいの基調となる色を選択できる「カラーセレクト」を用意している。物件により、内容や期限が異なるが、セレクトはすべて無償で対応するのが同社の特長となっている。さらに有償ではあるが、まるで注文住宅のような変更が可能な「設計変更」にも対応。3LDKを1LDKにして広々としたリビングを実現したり、壁一面に収納を設けたり…、といった、個別の理想を実現できるシステムで、夢の住まいを実現可能。

機能性やエコに配慮した充実の設備・仕様
同社の標準仕様スペックにも注目を

キッチン、浴室、洗面室など住まいのすべての蛇口から、体やお肌に優しい浄水を供給する「エクセレントウォーター」をはじめ、生ゴミを粉砕処理する「ディスポーザー」、足元から心地よく温める「床暖房」、ラグジュアリーなバスタイムを演出する「ミストサウナ機能付き浴室換気乾燥機」などを全戸に標準装備。さらに最近では個人の顔を認識し、エントランスの自動ドアを開閉させる先進の「入館管理システム」導入や居室全てのドアを「引き戸」にするなど、標準仕様の充実度を向上させている。※物件により異なります

エクセレントウォーター概念図

↑ページの先頭へ戻る

2組に購入者インタビュー「気になるところを納得するまで対応していただきました」

K様ご夫妻の住まいにて撮影

「スタッフの方からの提案でいろいろな設計変更をしました
こんなことまで出来るのかと驚きました」

「設計変更したのはキッチンと、ダウンライトや間接照明、廊下のコート掛けなど…、あとカラー変更やキッチンカウンターの高さセレクトもしています」。「特にキッチン回りはたくさん変更していて、まずLDとの一体感を出したかったのでコンロ前の壁をなくしています。カウンターの奥行きも標準よりもっと出して、あとフラットな形状にしました。作業スペースも大きく取りたいとの私の要望でカウンター幅を伸ばして頂いて、その分、カウンター下の収納が増えているんですよ。換気扇もカウンターやコンロに合わせたものに変えています」

「打てば響くように質問に答えてくれるスタッフの方に感動
自社一貫システムのすごさも実感」

「静かな住環境なども気に入っていますが、何といっても住まいが素敵。LDは2方向に窓があって、とても明るいんですよ。また収納も多く夫のゴルフバッグやシーズン用品が楽にしまえるトランクルーム、ウォークインクロゼットなど使い勝手が良く、すっきりと片づけることができています」。購入にあたっては「何でも答えてくれるスタッフの方の知識量に驚きました。『後で確認します』という言葉を聞かなかったんです。やはり自社一貫システムだからでしょうか。住まいのことをとても詳しく知っているというのが強く印象に残っています」

H様ご夫妻の住まいにて撮影

↑ページの先頭へ戻る

駅徒歩5分内の駅近立地にこだわる用地取得。利便性と落ち着きのバランスの良さが好評

自社ブランドマンション及びJV事業分譲施工実績例(2019年12月現在)

近年の供給実績を見ても、駅徒歩5分以内の
立地が圧倒的に多い<エクセレントシティ>

首都圏供給戸数ランキングで3年連続第5位を獲得している同社はその多くの物件で駅徒歩5分以内の立地の取得を実現している。駅近の良さはスムーズな通勤・通学をはじめ、高い生活利便性の享受など様々にあるが、<エクセレントシティ>は駅近に加え、住宅街らしい落ち着きも持ち合わせた立地に展開することが多い。変わらない価値を保ちつつ、暮らしやすく満足のいく住環境にこだわった用地取得は、同社の基本理念である。1プロジェクト、1デザインという個性を反映しながらも、恵まれた立地特性を持つ同社の物件に注目してほしい。

浦安で計11棟、市川で計18棟展開するなど、
同じエリアでの供給の多さも印象的

同じエリアで複数棟分譲するということは、1棟目から築き上げた街との信頼が現在も続き、その街から信用と評価を得ているという証だ。浦安エリアで計11棟、市川市エリアで計18棟と、<エクセレントシティ>の創造は継続され、首都圏を中心に2019年、累計215棟・9400戸超を達成。ファミリーユーザーからは「通勤が楽になったのに、子育て環境も整っていて、とても暮らしやすい」、シングルの方からは「遊びの幅も広がり、毎日が楽しい」など高い評価をえている。

エクセレントシティ自由が丘(外観完成予想図、分譲済)

↑ページの先頭へ戻る

新しい街づくりの一端を担う、千葉駅西口再開発事業もいよいよ大詰め

千葉駅西口再開発事案B工区(案)完成予想図

2023年の開業(予定)を目指す
「千葉パルコ跡地」の自社開発も進行中

大規模再開発事業が活発な千葉駅周辺。街の整備が進むなか、再開発ビルや公園、ペデストリアンデッキが創られる千葉駅西口地区再開発事業(B工区)(竣工2020年3月予定)の施工は同社が担っている。完成に向けて工事もいよいよ大詰めとなり、西口からはその全容を確認することもできるようになってきた。また千葉駅にほど近い「千葉パルコ跡地」を同社が買い取り、商業施設などからなる複合ビルを建設し、2023年の開業(予定)を目指す。新しい街づくりというフィールドでも事業を拡大していく同社の取り組みに注目したい。

自己資本比率が60%の大台に乗り、
実質無借金経営の安定的な企業経営

同社の自己資本比率は2019年3月期に60.5%(連結)と、昨年の54.5%(連結)より約6%も増えた。これは現預金が有利子負債を大きく上回る『実質無借金経営』の安定経営といえる状況で、顧客にとっては大きな安心材料となるだろう。また同社は他社大手デベロッパーのプロジェクトにも施工会社として多数参加。<エクセレントシティ>の展開に加え、施工という事業があることでより強固な経営基盤を築いている。

同社の売上高、経常利益のグラフ

↑ページの先頭へ戻る

幕張メッセや千葉ホームスタジアムなどの象徴的建造物から、行政施設施工にも携わる

幕張メッセ国際会議場

56年の歴史が紡ぐ技術と知識の蓄積
県などの行政からも表彰を受ける

設立以来、同社の柱のひとつである建設業においても、誇るべき歴史を紡いできた。1989年に完成し、1991年に建築業協会賞をはじめ多くの賞を受賞した幕張メッセ国際会議場や、ジェフユナイテッド市原・千葉ホームスタジアム(共同開発事業)といった、千葉県内でもシンボリックな大型建造物を創造。大規模ショッピングセンター、ビジネスビル、ホテルなども次々に建設。さらに1996年に千葉県建築文化賞(主催:千葉県)を受賞した千葉県立幕張総合高等学校の施工など学校施設も数多く手がけている。

関連会社が長野オリンピックスタジアムに
「プレキャストコンクリート」部材提供!

同社では幅広い分野で活躍する関連会社とも連携し、更なる進化を継続している。<エクセレントシティ>の管理を担う(株)新日本コミュニティーは「分譲マンション管理事業」の他に、「賃貸管理事業」「リフォーム事業」「損害保険代理事業」など幅広く展開。また(株)建研では厳しい品質管理体制(ISO9001認定工場)のもと、長寿命な建物を支える高強度、高品質なプレキャストコンクリート部材を提供。長野オリンピックスタジアムでもその部材が採用されるなど、多彩な建物での実績を積み重ねている。

長野オリンピックスタジアム

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

新日本建設

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

新日本建設

分譲実績のあるエリアから会社を探す
店舗所在地から会社を探す
ほかの不動産会社を探す

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る