家探し耳より情報 アンテナSUUMO

10年12月15日
ブックマークする:
マンション供給の回復が鮮明に 売れ行きも引き続き好調に推移
マンション供給の回復が鮮明に 売れ行きも引き続き好調に推移
首都圏は9カ月連続、 近畿圏は6カ月連続で増加
 不動産経済研究所の調査によると、今年10月の新築マンション販売戸数は首都圏が前年同月比で9カ月連続、近畿圏が同6カ月連続の増加となった。1月~10月の合計では首都圏が前年同期比21.8%、近畿圏が同12.9%増えており、供給の回復傾向が鮮明になっている。
今後は近郊・郊外でも 供給が活発になりそう
 売れ行きを示す契約率は、両圏とも今年は好調の目安となる70%以上の月が多く、首都圏では80%前後の月も少なくない。11月も前年同月を上回る供給が見込まれており、2010年トータルでも前年比2割前後の増加となる可能性が高いという。
 「首都圏・近畿圏ともこれまでは大都市中心部で供給が活発だったが、今後は近郊や郊外でも回復するだろう」と同研究所では予測している。
 郊外でも供給が活発になれば、手の届きやすい物件が増えそうだ。

取材・文/大森広司 イラスト/カズモトトモミ

記事一覧へ戻る

この記事を読んでいる人におススメの物件

    シティタワー所沢クラッシィ

    シティタワー所沢クラッシィ

    • もっと見る
    サーパス松本高宮

    サーパス松本高宮

    • もっと見る
    グランフォーレ千早マークスクエア イーストウイング

    グランフォーレ千早マークスクエア イーストウイング

    • もっと見る
    オープンレジデンシア金山THE COURT

    オープンレジデンシア金山THE COURT

    • もっと見る
    オーベル松戸ヒルズ

    オーベル松戸ヒルズ

    • もっと見る
    • 一覧を更新する

    ↑ページの先頭へ戻る

    ページトップへ戻る