不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > 家を開く > 実例一覧 > 地域で支えあう「ゆるやかな家族」をつくる家

地域で支えあう「ゆるやかな家族」をつくる家

開いたスペースとオーナー

オーナーアイコン
地域で支えあう「ゆるやかな家族」をつくる家

「笑恵館」。その名の通り、笑顔が絶えない場所だった。

ここはオーナーの田名夢子さんが自宅を改装して開いた、会員制のコミュニティスペース。会員制といっても運営のための年会費500円を払えば、世代に関係なく誰でも参加できる。一人住まいの不安を抱える高齢者や、地域の人々とつながりをもちたい若者など、みんなが寄り合って気兼ねなく過ごせる場所をつくりたい。ここは、そんな田名さんの思いが詰まった空間だ。

「私を含め一人住まいの高齢者にとって、いざというときに頼れるのはめったに会わない身内よりも、気心の知れた近所の他人。高齢者だけでなく、シングルマザーなど地域の中で孤立しがちな人たちが集まって、ゆるやかなつながりの家族になる。そんな場所をつくりたいと思ったのがここを開いたきっかけです」

世田谷区砧にある100坪ほどの敷地内にウッドデッキ付きの趣ある母屋と、2階建ての共同住宅が並んでいる。母屋にはパン屋とふたつの多目的スペースが設けられ、1階では高齢者向け、2階ではママ向けのサロンが定期的に行われているそう。会員にはスペースの貸し出しも行っていて、教室やワークショップを開きたい人へ安価で提供している。

一方、共同住宅には30代の男女数名が暮らし、母屋を訪れる人々と交流を図る。まさに、世代を超えて多彩な顔ぶれが集まる「みんなの家」といった雰囲気。田名さんの願いどおり、単なる地域コミュニティの枠を超えた家族のような温もりが感じられる場所になっていた。

ちなみに田名さんの住居はというと、母屋2階部分のわずか6畳ほどの一間のみ。自宅の大部分を訪れる地域の皆さんに開放し、自らは最小限のスペースで暮らしている。

「二人の娘も家を出て、夫も単身赴任中。今は私一人ですから6畳のスペースがあれば十分なんですよ。たまに娘たちが家族を連れて帰ってきたときは多目的スペースに布団を敷いて寝てもらっています。実家に帰るたびにいろんな人がいるので、『家族が増えたみたいだ』って喜んでくれています」

この日も田名さんと同世代の仲間が10人ほど集まり、にぎやかに交流していた。田名さんいわく「シニアの女子会」。鏡とにらめっこしながらの「咀嚼(そしゃく)体操」など、デイケア的な要素を取り入れたり、みんなでランチをともにしながらワイワイ過ごす。田名さんを中心とした笑顔の輪が広がっていた。

こうした、気心の知れた仲間たちがそばにいてくれることは、実家に母をひとり残す田名さんの娘たちにとっても安心に違いない。

「私自身もそうですが、住み慣れた街で人生を全うしたいと考える人は少なくないはずです。最近では終末期における在宅ケアも推進されていますが、独居老人ではそれも難しい。そういった方でも高齢者施設などに入らず、最後まで地元で生き生きと暮らすためにも、もっともっとこうした場所が必要なのではないかと思っています。ここには共同住宅もありますから、頼る家族のいない高齢者の方も安心して暮らすことができます」

たとえ自分がこの先ここを離れることになっても、「みんなの家」として変わらず存続してほしい。田名さんはそう願っている。そのために協力者とともに協会を立ち上げ、将来的な権利関係の譲渡についても準備しているそうだ。

訪れる人の「笑顔」と「恵み」を生む「笑恵館」。これからも地域の宿り木として、長く愛される存在になっていきそうだ。

  • 家族の思い出が詰まった
    母屋を地域に開放
    数十年もの間家族と暮らしてきた家を開放。母屋は、画家だった田名さんの父親がアトリエとしても使用していた。そのため館内には、至るところに絵画が展示されている。田名さんをモデルにしたものも多い。
    家族の思い出が詰まった母屋を地域に開放
  • ランチしながらおしゃべり気軽な女子会
    ランチしながらおしゃべり
    気軽な女子会
    1階の多目的スペースでは、定期的に高齢者サロンを実施。といっても、ただみんなで楽しく会話を交わす気軽な集まりだ。お昼を食べる前にみんなで鏡を見ながら互いの咀嚼確認をしたりして、和やかな時を過ごす。
  • 多目的スペースでは
    親子のための交流サロンも
    2階では親子のための子育てサロンを定期的に実施。0歳から2歳の子どもとパパ・ママのための憩いの場として、2年間で延べ750人が利用したそうだ。若い世代の人にも愛される空間となっている。
    多目的スペースでは親子のための交流サロンも
  • 思いに共感、運営をサポートしてくれる支援者も
    思いに共感、
    運営をサポートしてくれる支援者も
    田名さん(写真右)の取り組みに共感する支援者のサポートも大きい。一緒に写っているのは立ち上げ期から運営面での支援を行う松村拓也さん。田名さんとともに日本土地資源協会を立ち上げ、空き家活用の取り組みも行っている。
  • 1階にはパン屋さんも入居。お昼時にはおいしそうな焼き立てパンが並び、近所の人でにぎわう。

    1階にはパン屋さんも入居。お昼時にはおいしそうな焼き立てパンが並び、近所の人でにぎわう。

  • そよ風が心地よいウッドデッキ。デッキの底をくり抜いた「掘りごたつ」もあり、憩いの場となっている。左は共同住宅。

    そよ風が心地よいウッドデッキ。デッキの底をくり抜いた「掘りごたつ」もあり、憩いの場となっている。左は共同住宅。

  • 庭の手入れも田名さん自身が行う。戦時中の防火水槽を使ったミニビオトープなど、美しい景観が広がる。

    庭の手入れも田名さん自身が行う。戦時中の防火水槽を使ったミニビオトープなど、美しい景観が広がる。

  • サロンのない日も多目的スペースでは多彩なイベントが開催。笑恵館会員に、安く貸し出している。

    サロンのない日も多目的スペースでは多彩なイベントが開催。笑恵館会員に、安く貸し出している。

かかった費用は?

母屋の改修費用などで約2000万円

アドバイスとこれからの展望

「オープンから半年ほどがたち少しずつ訪れる人も増えていますが、もっともっと地域のみなさんが気軽に入っていける場所にしていきたいです。例えば、老後の悩みについて気軽に相談してもらったり。民家ではありますが、半ば公共的な場所として使ってもらえるのが理想です。また、ここだけでなく近隣に第2、第3の笑恵館が増えていくといいですね。このあたりには空き家もたくさんありますし、そういう場所をうまく活用していけたら地域のコミュニティもさらに活発になるのではないかと思います」

間取りとDATA

間取り1

空いてるスペース

施主名 田名夢子さん
構想期間 10年
開いているスペースの面積 約100m2+庭
開いているスペースの% 約80%
住所 東京都世田谷区
ホームページ http://shokeikan.com/
建物形態 一軒家+共同住宅

取材・文/榎並紀行<やじろべえ> 撮影/飯田照明 間取りイラスト/tokico

情報掲載日/2014年11月19日

ほかの実例を見る

  • 近隣住民も集う
    マンションの日曜喫茶

    近隣住民も集う マンションの日曜喫茶

    マンション居住者だけでなく、地域の人にも開かれた「日曜喫茶」。100円モーニングでマンション内外の交流を図る。

  • おうちでコンサート!
    室内楽を気軽に楽しむ

    おうちでコンサート!室内楽を気軽に楽しむ

    築30年超のコーポラティブマンションの集会所ではじまったコンサートが前身。プロの音楽家を招き、無料演奏会を自宅で開催。

  • 住人、地域をつなぐ
    マンション内の名物マルシェ

    住人、地域をつなぐマンション内の名物マルシェ

    茅ヶ崎市のマンションで、第4日曜に開催される「アイランズマルシェ」。月1回、マンション前の広場が近隣住民の社交場になる。

  • 妻との約束に導かれた、
    自宅「子ども食堂」

    妻との約束に導かれた、自宅「子ども食堂」

    山田和夫さんが主宰する「要町あさやけ子ども食堂」。子ども1人でも入れる食堂として、第一・第三水曜日に自宅を開放している。

  • 大切な人と大好きなパンに
    囲まれて生きる

    大切な人と大好きなパンに囲まれて生きる

    実家の空きスペースを改装して自宅パン屋を開業。自身も3人の子どもを育てている。

  • ママもRUNしたい!
    をかなえる場所

    ママもRUNしたい!をかなえる場所

    ママを対象に、託児機能付きランニングステーションを自宅に開業。自身も3人の子どもを育てているママ。

「家を開く」関連記事を見る

SUUMOジャーナル

近年、子育て世帯の貧困が問題になっています。さらに、地域とのつながりをもたず孤立する家庭が増えたことで、虐待や引きこもりといった子どものSOSも見逃されがちです。そうしたなか、地域が共同体として ... 続きを読む

自宅の庭を公開し、訪れる人は誰でも見学出来るオープンガーデンをご存じだろうか? オープンガーデンは1927年にイギリスで始まったといわれており、近年日本で取り組む地域も増えてきている。今回はそんな ... 続きを読む

メディア掲載履歴

2013年11月28日
TBS「Nスタ」で紹介されました。
2013年10月19日
「“自宅で自分らしく働く”ワーキングスタイル&マネー術」公開セミナーを開催しました。

一覧はこちら

更新情報

2016年6月15日
【実例追加】 近隣住民も集う マンションの日曜喫茶
2016年5月25日
【実例追加】 おうちでコンサート!室内楽を気軽に楽しむ
2016年4月28日
【実例追加】 住人、地域をつなぐマンション内の名物マルシェ
  • 住活マニュアル 賃貸部屋探し編
  • SUUMO引越し見積もり

地域で支えあう「ゆるやかな家族」をつくる家| 家を開く | SUUMO

不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > 家を開く > 実例一覧 > 地域で支えあう「ゆるやかな家族」をつくる家

ページトップへ戻る