"20200530060754:H:0" "20200530060754:H:0" "20200530060754:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

654 件見つかりました
  • Q
    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
  • A
    川上 淳

    新着 こだわり と ライフスタイル で  (^O^) 

    新築であれば、設備は最新ですし保証も充実しておりますので 安心ですよね! 何といっても、いい 匂い  しかし、中古物件にはこだわりの ☆逸品、☆大豪邸、☆駅近なのに、この土地の広さ 等々・・。 新築では探せない、お客様のこだわりが、きっと見つかります 。 最近ではリノベーション住宅も多いですし・・。 楽しみながら探しましょう・・。 ひだまりハウスが、全力でお手伝いさせて頂きます。 (担当: 川上 淳 / (株)ひだまりハウス上尾支店 )

  • A
    雄勝 健二

    一番は価格です。又、広さや立地を取るか、室内(最新設備・未使用)を取るかが大きな違いです。

    これからのライフスタイルにあわせたご検討が重要です。マンションは眺望やセキュリティー、維持管理の手軽さ、ワンフロアの暮らし易さ等がありますし、戸建てはペットや音、リフォーム等制限が無いこと、お庭やカースペースなど全てご自分で自由に使えます。駅からの距離を考えるとマンションが立地で勝る物件が多いです。資産性でみると中古マンションの方が流通性は高いですが戸建ては更地にして売却することが出来ますので何時売却するかで違います。ランニングコストはよく「マンションは管理費・修繕費などが高い」という話がありますが、戸建ても10年程度で修繕費用が必要となる場合も多く、将来の修繕費を想定したご予算計画が重要です (担当: 雄勝 健二 / (株)長谷工リアルエステート府中店 )

  • A
    稲垣 亮太

    新品であることと住みたいエリア、どちらを優先しますか?

    住まいるCafeは新築も中古もどちらもご紹介可能です。ご希望条件を整理して、中古、新築に拘らずに探してみましょう。きっと良いものが見つかります。ご希望のエリアが既に決まっている場合は、エリア内にご希望に沿う新築物件が出てくるのを待つのはなかなか難しいので、新築・中古に拘らないほうが選択肢が広がります。 (担当: 稲垣 亮太 / ナイス(株)住まいるCafe湘南 )

  • A
    丹羽 裕

    よりご希望条件に近い物件を、お選び頂くことをお勧めしています

    新築で、駅近で、広ければどのエリアでも良い、というお客様はいらっしゃらないと思います。不動産でございますので、大きなご決断のポイントは立地ではないでしょうか。そうなりますと、ある程度エリアや沿線を絞ってご検討頂くこととなりますが、新築・中古含めて探してみても、お客様のご希望条件に近い物件の件数はそこまで多くはございません。新築・中古それぞれにメリット・デメリットがあり、どちらが良いということではございませんので、それぞれ見比べてみてよりご条件に近い物件は何か、とことん探してみてはいかがでしょうか。お客様のご希望をしっかりお伺いし、ご決断まで一生懸命お手伝いさせていただきます。 (担当: 丹羽 裕 / ナイス(株)住まいるCafe川崎東 )

  • A

    よりご希望条件に近い物件を、お選び頂くことをお勧めしています

    新築で、駅近で、広ければどのエリアでも良い、というお客様はいらっしゃらないと思います。不動産でございますので、大きなご決断のポイントは立地ではないでしょうか。そうなりますと、ある程度エリアや沿線を絞ってご検討頂くこととなりますが、新築・中古含めて探してみても、お客様のご希望条件に近い物件の件数はそこまで多くはございません。新築・中古それぞれにメリット・デメリットがあり、どちらが良いということではございませんので、それぞれ見比べてみてよりご条件に近い物件は何か、とことん探してみてはいかがでしょうか。お客様のご希望をしっかりお伺いし、ご決断まで一生懸命お手伝いさせていただきます。 ( ナイス(株)住まいるCafe菊名 )

  • A
    茅野 一生

    よりご希望条件に近い物件を、お選び頂くことをお勧めしています。

    新築で、駅近で、広ければどのエリアでも良い、というお客様はいらっしゃらないと思います。不動産でございますので、大きなご決断のポイントは立地ではないでしょうか。そうなりますと、ある程度エリアや沿線を絞ってご検討頂くこととなりますが、新築・中古含めて探してみても、お客様のご希望条件に近い物件の件数はそこまで多くはございません。新築・中古それぞれにメリット・デメリットがあり、どちらが良いということではございませんので、それぞれ見比べてみてよりご条件に近い物件は何か、とことん探してみてはいかがでしょうか。お客様のご希望をしっかりお伺いし、ご決断まで一生懸命お手伝いさせていただきます。 (担当: 茅野 一生 / ナイス(株)住まいるCafe蒲田 )

  • A
    鈴木 健吾

    よりご希望条件に近い物件を、お選び頂くことをお勧めしています

    新築で、駅近で、広ければどのエリアでも良い、というお客様はいらっしゃらないと思います。不動産でございますので、大きなご決断のポイントは立地ではないでしょうか。そうなりますと、ある程度エリアや沿線を絞ってご検討頂くこととなりますが、新築・中古含めて探してみても、お客様のご希望条件に近い物件の件数はそこまで多くはございません。新築・中古それぞれにメリット・デメリットがあり、どちらが良いということではございませんので、それぞれ見比べてみてよりご条件に近い物件は何か、とことん探してみてはいかがでしょうか。お客様のご希望をしっかりお伺いし、ご決断まで一生懸命お手伝いさせていただきます。 (担当: 鈴木 健吾 / ナイス(株)住まいるCafe武蔵小杉 )

  • A
    石若 正敏

    住まいるcafe川崎は皆さまのご希望に寄り添ったご提案をさせていただきます

    新築と中古、それぞれいいところがあるので、悩みますよね。新築はだれも住んだことのないキレイなお部屋ですが、完成してみないとわからない、左右上下どうゆう人が住むのかわからないという不安もありますね。中古は実際のお部屋を見れたり、管理状況が確認出来る、左右上下の居住者がある程度わかるといったメリットがありますね。それぞれ一長一短、大切なのはわからないこと不安に感じたことは遠慮なさらずスタッフに質問することです。住まいるcafe川崎のスタッフは新築マンション販売も経験しているので、色々お答えできると思いますよ。 (担当: 石若 正敏 / ナイス(株)住まいるCafe川崎 )

  • A
    五十嵐 達也

    まずは、条件を整理してみましょう。

    中古物件のメリットは、そのエリアに既に完成しているという点です。エリアを限定してお探しの方にとっては、希望エリアに新築マンションや新築戸建てが建つ土地があるかないかによっても変わります。特にマンションは大きな土地がなくては建設が難しい傾向にありますので、エリアを絞っておられる方は、中古でのご検討をお勧めいたします。戸建てにおいてもチェックポイントは多くございますのでまずは一度ご相談下さい。 (担当: 五十嵐 達也 / ナイス(株)住まいるCafe VINICE大崎 )

  • A

    新築・中古の基準は、やはりお客様のニーズです。

    新築と中古で迷うお客様は多いですね。欧米では中古を自分流にリフォームする楽しみが流行しているように思いますし、新築だって保証等さまざまな安心が付随してます。やはりこちらもお客様のライフスタイルから私どもがアドバイスしご紹介したいと思いますので、お気軽にご相談ください。 ( (株)コームラ企画 )

  • A
    野村 真都

    それぞれの特徴で考えていくのが良いかと思います。

    例えばですが新築物件には次のようなメリットが御座います。1.未完成物件に限りますがお客様のお好きな間取りを相談可能です。 2.キッチン・洗面など設備が全て最新かつお客様の好みで仕様書からお選びでき、使い勝手が良いです。 3.保証やアフターフォローが中古に比べて充実している。次に中古物件には次のようなメリットが御座います。1.既に建築されている物件ですので未完成物件に比べて早く入居が出来ます。2.価格が新築物件に比べると安価です。 (担当: 野村 真都 / ピタットハウス東大和市店(株)エメラルドホーム )

  • A
    三木健史

    そのまま新築と中古両方で考えれば良いと思います。

    新築と中古どちらもいいところがあります。多くの場合建物の保証期間が長いのは新築です。新築では買えないグレードのものが中古であれば買えるかもしれません。価格の安めの中古であれば新築では通らなかった住宅ローンが通るかもしれません。新築・中古・土地全て弊社にお任せください。 (担当: 三木健史 / (株)三木ハウス )

  • A
    山中 健吾

    まずは、条件を整理してみましょう。

    中古物件のメリットは、そのエリアに既に完成しているという点です。エリアを限定してお探しの方にとっては、希望エリアに新築マンションや新築戸建てが建つ土地があるかないかによっても変わります。特にマンションは大きな土地がなくては建設が難しい傾向にありますので、エリアを絞っておられる方は、中古でのご検討をお勧めいたします。戸建てにおいてもチェックポイントは多くございますのでまずは一度ご相談下さい。 (担当: 山中 健吾 / ナイス(株)住まいるCafe綱島 )

  • A
    小西 涼太郎

    選択肢を広げるなら中古も。新品に拘るなら新築を。

    住まいるCafeは新築も中古もどちらもご紹介可能です。ご希望条件を整理して、中古、新築に拘らずに探してみましょう。きっと良いものが見つかります。ご希望エリアに新築が出てくるのを待つのはなかなか難しいので、ご希望エリアがある場合は拘らないほうが選択肢が広がります。 (担当: 小西 涼太郎 / ナイス(株)住まいるCafe鶴見西 )

  • A
    佐々木 裕

    その建物に住みたいですか?その場所で住みたいですか?

    基準はありません。住みたい場所に新築がご予算内で買えるなら、絶対買った方がいいです。ところが、なかなかそううまくいきません。一般的には中古の方が立地が良いケースが多いので、立地がどうしても、という方はそのエリアの物件、新築中古関わらず選ぶべきですね。そうではなく、建物自体が古いのに抵抗があったり、そこまで立地にこだわらなければ、新築物件が変えるエリアで選ぶべきでしょう。なぜなら新築は全部新品なので、住んでしばらくはお金がかかりません。保証もついてます。当然その分高いのですが。 (担当: 佐々木 裕 / イオンハウジングイオン品川シーサイド店(株)フォーメンバーズ )

  • A
    横山 紀文

    よりご希望条件に近い物件を、お選び頂くことをお勧めしています

    新築で、駅近で、広ければどのエリアでも良い、というお客様はいらっしゃらないと思います。不動産でございますので、大きなご決断のポイントは立地ではないでしょうか。そうなりますと、ある程度エリアや沿線を絞ってご検討頂くこととなりますが、新築・中古含めて探してみても、お客様のご希望条件に近い物件の件数はそこまで多くはございません。新築・中古それぞれにメリット・デメリットがあり、どちらが良いということではございませんので、それぞれ見比べてみてよりご条件に近い物件は何か、とことん探してみてはいかがでしょうか。お客様のご希望をしっかりお伺いし、ご決断まで一生懸命お手伝いさせていただきます。 (担当: 横山 紀文 / ナイス(株)住まいるCafe星川 )

  • A

    ライフスタイルやご希望に合わせてご提案いたします。

    新築の良い点、中古の良い点、また両方のデメリット等物件によって各々です。一緒にお探ししながらお客様のお探しの基準を明確にしていきましょう。 ( SAZAIE(株) )

  • A
    金子 ひろみ

    三つの違いをご紹介します

    購入価格は中古の方が安いけれど、その分建物が劣化しているかもしれないし、コミュニティーのルールが煩雑そうだし……と、あれこれ調べるほど心配事ばかり増えて、余計に混乱してしまいます。重要なのは、基礎知識として新築と中古の違いを頭に入れ、そのうえで一物件ずつ検討することです。そのための「基礎知識」として、三つの違いをご紹介します。 違いその1:情報収集の方法が違う 違いその2:物件価格は当然中古が安いが… 違いその3:コミュニティーへの関わり方 詳しい内容:https://www.juchi-h.co.jp/new-or-used/ (担当: 金子 ひろみ / (有)住地ハウジング )

  • A
    神山竜

    ご予算・保証・アフターサービス・場所などを基準に考えましょう。

    新築住宅と中古住宅で大きく違いが出る部分は『価格・保証・アフターサービス』の3点だと考えられます。もし新築住宅の価格自体が考えているご予算から大きく上回ってしまうようであれば中古住宅も視野に入れたご検討が宜しいかと思います。その際には保証・住んでからのアフターサービスが充実しているものを選定して頂いた方が宜しいかと思うのですが、中古住宅ですと新築に比べて保証制度が非常に限られているものもございますので住んでからも末永く安心してお住まいになれるのは新築住宅かと思われます。 (担当: 神山竜 / (株)横尾材木店熊谷店 )

  • A
    田崎 麻美

    ご予算を基準にしてみるのはいかがでしょうか?

    中古物件の場合、考えなくてはならないのが改装費用です。購入時に最初からリフォームをする方もいらっしゃいます。(リフォームローンもご相談下さい)新築の場合はこの費用が最初のうちは必要ございませんが価格は当然、新築の価格設定になっています。ずっと先の売却した場合も視野に入れる方はエリアの中古市場も把握しておいた方が良いと思います。こちらの方は私たちプロにお任せ下さい! (担当: 田崎 麻美 / (株)ベルカリーナ )

  • A
    関口 和寿

    広い間取りや、大手で作られた建物が安く購入できる中古住宅もいいですよね。

    一般的な不動産会社に相談をされると新築住宅の方が手間もかからず、性能もいいから新築をと、新築戸建てを進められてしまうと思います。ただし、探している場所やライフスタイルに合わせていくと、中古の方が気持ちよく済むことが出来るということも多くございます。新築、中古と一方的に探しをするのではなく、家を購入してからのイメージを考えて探していった方がよいかと思います。当店でも新築の方がコスパがいい!と、いうスタッフもいますので、スタッフとの相性にもなりますが、お客様のイメージを具体化するのが私の仕事かと思いますので、遠慮なく相談ください。 (担当: 関口 和寿 / センチュリー21幸和住宅販売(株) )

  • A
    石塚幸介Kousuke Ishizuka

    新築は10年保証、中古は基本保証無し、あっても2年。安心して住める物件がどうかが重要です。

    宅地建物取引業において、瑕疵担保責任というものがあります。新築の場合、宅建業者は10年間建物の主要構造部に10年間担保責任を負います。簡単に言うと、建物の主要部分に瑕疵(いわゆる欠陥)があった場合、売主で面倒を見ますよ。という保険です。中古の場合売主が業者の場合は2年間が義務付けられておりますが、売主が個人の場合はほとんど保証が付きません。築年数が浅い建物でも、保険というものは大切なことなので、保険の内容や重要事項説明に記載されている条文、または購入する際にどういった所を保証してくれるのか?をよく確認しましょう。 (担当: 石塚幸介Kousuke Ishizuka / スカイエステート(株) )

  • A
    渡辺匠

    予算・ライフスタイル・エリアを中心に選定しましょう!!

    ◆新築住宅のおススメポイント(1)なんと言っても新しくて誰も住んだ事ない真新しい住まい(2)新しいコミュニティを形成しやすく住み易い(3)保証・アフターサービス・メンテが充実している◆中古住宅のおススメポイント(1)費用が新築より抑えられる(2)前住者が安全に暮らせていた実績がある(3)リノベーションで理想の住まいを実現出来る (担当: 渡辺匠 / (株)横尾材木店大宮店 )

654 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 中古一戸建て > 中古一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
中古一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)中古一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。