"20220529081434:H:0" "20220529081434:H:0" "20220529081434:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

707 件見つかりました
  • Q
    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
  • A
    大濱 貴裕

    新着 お客様からのお話をしっかりとヒアリングさせて頂いて方向性のアドバイスをさせて頂きます!

    初めての不動産探しの方でも、分かりやすいご説明を心掛けております。新築、中古物件についても、それぞれの大きな特徴がございます。(保証、アフターサービス、ローン控除、給付金受給など) お客様のニーズに合った物件をご提案出来る様に、しっかりとお話を伺った上で、わかりやすくご説明させて頂きます! (担当: 大濱 貴裕 / (株)OCEANSHOME川越店 )

  • A

    保証や設備も重要です!

    新築戸建の場合は各設備の保証・建物10年保証や物件によっては地盤保証等もしっかりと受けれます。また、中古戸建の場合は建物インスペクションを受けているかリフォーム済物件なら、建物瑕疵保険に加入しているかを一つの基準にされると良いと思います。 ( (株)クリエイティブハウジング )

  • A

    どちらも見て頂ければ良いと思います

    当社では、主に新築戸建てに関して提案をさせて頂きます。中古住宅に関しては、中古住宅情報館(グループ会社)が中古物件を提案させて頂きます。新築・中古問わずご提案させて頂きますのでご安心ください。ご希望エリアが決まっていれば、そのエリア内でお客様の予算内の新築・中古どちらの物件も検討してみるのが良いと思います。 (担当: 福間 大介 / 茨城グランディハウス(株) )

  • A
    仲野 秀美

    お客様のニーズに合ったプランを提案させていただきます。

    新築物件の場合には、保証があります。最新の建築基準法に基づいて建築されていますので、耐震基準なども安心です。中古物件に比べて、住宅ローンが借りやすかったり税制優遇が受けやすいのが特徴です。中古物件の場合は基本的に保証がありません。自分でカスタマイズしたいなんて方には向いております。中古物件の主なメリットは、大手ハウスメーカー施工物件など新築で建てるより低価格で購入できます。リフォームを加えればとてもいい物件などございます。中古物件の購入で考えたいもう一点が、物件の立地が非常にいい場合がございます。土地の資産価値が高い場所であれば、ゆくゆく建て替えるもよし売却するもよしと考えることができます。 (担当: 仲野 秀美 / 未来こいのぼり不動産(株) )

  • A

    土地の広さなら中古、メンテナンスが安心なのは新築です。

    広い土地の家に住みたい!手ごろな金額で購入して、色々とアレンジしながら住みたい!なら中古戸建。メンテナンスのことなど気にせずに住みたい!最新設備の家が良い!なら新築戸建てですね。中古マンションの場合はマンションの管理状態、メンテナンスの状態など、チェックするポイントがあります。何れにしてもプロとしてのアドバイスをさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。 ( リストインターナショナルリアルティ(株)蒲田支店 )

  • A
    橋本 宏介

    ご面談時にご説明させて頂ければと思います!

    新築であれば、住宅の安全性という面で心配が少ないかもしれません。しかし、中古物件であれば大手ハウスメーカーの建物も購入できるかも。このようなメリット・デメリットがたくさんあります。こちらをご面談時にすべてご説明させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。   (担当: 橋本 宏介 / (株)家どっと足立 )

  • A
    西嶋 光夫

    「計画と感覚」で買うべき家を考えていきましょう!

    新築か中古か迷った際には、まずはご自身のライフプランを考えることをオススメいたします。何年住む予定か、どのような暮らしをしたいか、売却は考えるか、相続はどうするかなどです。この先の人生の計画を考えると、新しい家を買っておくべき、逆に中古にすべきの判断材料が見えてきます。もう一つは、実際の物件を見るのが良いです。上記のように計画上の必要性も大切ですが、実際に住んでみてしっくりくる感触があるのはどちらか、という視点も大切だからです。このように計画と感覚、両方の要素で考えていくことをオススメいたします。 (担当: 西嶋 光夫 / (株)イエハチ )

  • A
    矢島翼

    重要視するポイントによって変わります。

    どちらにもメリットデメリットがありますので、一概にどちらがいいとは言い切れません。まずはご予算でどちらにするか決める方が多いかと思います。新築でないときれいな家には住めないと考える方も多いですが、中古物件をリフォームするという選択肢もあります。理想のライフスタイルで重視するポイントはなんですか?一緒に理想のお住まいを見つけましょう。 (担当: 矢島翼 / (株)UNCOLORED JAPAN )

  • A

    一番はご予算だと思います。

    ご予算が決まっていない場合は住宅ローンを借りる場合頭金はいくら出せるのか。毎月の返済額はどのくらいか。何年返済か。またいくらまで借りられるのかで予算は決まります。予算の次は土地の予算から建物の予算が大体決まります。新築か中古か?新築でもハウスメーカーや建築仕様によって金額がだいぶ違います。新築より高い中古住宅もあります。仕様が良くグレードが高い住宅は築年数・立地等により中古でも高くなります。まず予算をおよそ決めてから物件をいくつか見学して検討していきましょう。 ( ハウスドゥ川越新河岸(株)ビビット )

  • A
    國井 伸

    予算や将来を考慮して、しっかり検討することをおすすめ致します。

    中古住宅は新築住宅に比べ安価ではありますが、住んでみるとリフォームが必要になり費用がかかってしまうケースもあります。予算だけではなく、「希望の立地に新築戸建がない」という場合などは、周辺の環境や立地などを一番に考えてみるのも選択肢のひとつです。また、将来的に売却を考えるのであれば、新築戸建の方が劣化が少なくなるのでメリットがあります。お客様ご自身のライフスタイルや将来設計に合わせて、ご検討ください。 (担当: 國井 伸 / 住協グループ(株)住協朝霞台支店 )

  • A
    関根翔太

    予算や将来を考慮して、しっかり検討することをおすすめ致します。

    中古住宅は新築住宅に比べ安価ではありますが、住んでみるとリフォームが必要になり費用がかかってしまうケースもあります。予算だけではなく、「希望の立地に新築戸建がない」という場合などは、周辺の環境や立地などを一番に考えてみるのも選択肢のひとつです。また、将来的に売却を考えるのであれば、新築戸建の方が劣化が少なくなるのでメリットがあります。お客様ご自身のライフスタイルや将来設計に合わせて、ご検討ください。 (担当: 関根翔太 / 住協グループ(株)住協川越支店 )

  • A
    高橋 智子

    予算や将来を考慮して、しっかり検討することをおすすめ致します。

    中古住宅は新築住宅に比べ安価ではありますが、住んでみるとリフォームが必要になり費用がかかってしまうケースもあります。予算だけではなく、「希望の立地に新築戸建がない」という場合などは、周辺の環境や立地などを一番に考えてみるのも選択肢のひとつです。また、将来的に売却を考えるのであれば、新築戸建の方が劣化が少なくなるのでメリットがあります。お客様ご自身のライフスタイルや将来設計に合わせて、ご検討ください。 (担当: 高橋 智子 / 住協グループ(株)住協飯能支店 )

  • A
    峯松 洋二

    予算や将来を考慮して、しっかり検討することをおすすめ致します

    中古住宅は新築住宅に比べ安価ではありますが、住んでみるとリフォームが必要になり費用がかかってしまうケースもあります。予算だけではなく、「希望の立地に新築戸建がない」という場合などは、周辺の環境や立地などを一番に考えてみるのも選択肢のひとつです。また、将来的に売却を考えるのであれば、新築戸建の方が劣化が少なくなるのでメリットがあります。お客様ご自身のライフスタイルや将来設計に合わせて、ご検討ください。 (担当: 峯松 洋二 / 住協グループ(株)住協狭山支店 )

  • A
    冨田 佑哉

    予算や将来を考慮して、しっかり検討することをおすすめ致します

    中古住宅は新築住宅に比べ安価ではありますが、住んでみるとリフォームが必要になり費用がかかってしまうケースもあります。予算だけではなく、「希望の立地に新築戸建がない」という場合などは、周辺の環境や立地などを一番に考えてみるのも選択肢のひとつです。また、将来的に売却を考えるのであれば、新築戸建の方が劣化が少なくなるのでメリットがあります。お客様ご自身のライフスタイルや将来設計に合わせて、ご検討ください (担当: 冨田 佑哉 / 住協グループ(株)住協大泉支店 )

  • A
    平野和哉

    予算や将来を考慮して、しっかり検討することをおすすめ致します

    中古住宅は新築住宅に比べ安価ではありますが、住んでみるとリフォームが必要になり費用がかかってしまうケースもあります。予算だけではなく、「希望の立地に新築戸建がない」という場合などは、周辺の環境や立地などを一番に考えてみるのも選択肢のひとつです。また、将来的に売却を考えるのであれば、新築戸建の方が劣化が少なくなるのでメリットがあります。お客様ご自身のライフスタイルや将来設計に合わせて、ご検討ください (担当: 平野和哉 / 住協グループ(株)住協東久留米支店 )

  • A
    西野 将太

    予算や将来を考慮して、しっかり検討することをおすすめ致します。

    中古住宅は新築住宅に比べ安価ではありますが、住んでみるとリフォームが必要になり費用がかかってしまうケースもあります。予算だけではなく、「希望の立地に新築戸建がない」という場合などは、周辺の環境や立地などを一番に考えてみるのも選択肢のひとつです。また、将来的に売却を考えるのであれば、新築戸建の方が劣化が少なくなるのでメリットがあります。お客様ご自身のライフスタイルや将来設計に合わせて、ご検討ください。 (担当: 西野 将太 / 住協グループ(株)住協小手指支店 )

  • A
    高橋 和也

    予算や将来を考慮して、しっかり検討することをおすすめ致します。

    中古住宅は新築住宅に比べ安価ではありますが、住んでみるとリフォームが必要になり費用がかかってしまうケースもあります。予算だけではなく、「希望の立地に新築戸建がない」という場合などは、周辺の環境や立地などを一番に考えてみるのも選択肢のひとつです。また、将来的に売却を考えるのであれば、新築戸建の方が劣化が少なくなるのでメリットがあります。お客様ご自身のライフスタイルや将来設計に合わせて、ご検討ください。 (担当: 高橋 和也 / 住協グループ(株)住協新所沢支店 )

  • A

    まずはご自身のご希望条件に優先順位を

    新築住宅か中古住宅か迷い中との事ですが、新築はご予算が高めになり、立地は選べませんが室内は未使用で最新の設備。中古住宅は物件が多いのでご希望の立地は探せますが、築年数や室内状態はさまざまです。まずはご自身のご希望条件で譲れない条件等の優先順位を決めていただき、実際に物件を見学してみましょう。 ( (株)なないろ不動産 )

  • A
    杉山 豊司

    それぞれにメリットやデメリットがあるので事前にしっかり相談を!!

    新築の場合は、当然新しいお家なのでリフォームをしたり手直しをする必要がありません。その分販売価格が新築の相場となります。決まった商品を納得の上で購入し、10年間の保証やアフターサービスなども付いてきます。中古の場合は、販売価格が少し割安にお買い求め頂けますが、商品の現況によっては「内装・外装」のリフォーム費用がプラスで掛ってきます。例えばお子様が小学生の3.4年生になったタイミングで内装のクロス等を張り替えれば、その後汚れる心配は軽減されます。このように、購入時点でのライフスタイルによってどちらがご自分達にあっているかを事前に相談することが大切となります。 (担当: 杉山 豊司 / センチュリー21ホームライフ(株)登戸店 )

  • A
    七字

    実際に「物件の見学」をお薦め致します♪

    新築物件にも 中古物件にもそれぞれの長所や短所があります。新築であればすべてにおいて新しいのでメンテナンスまでの期間もあり、設備も充実しているでしょう。築年数によっては価格の部分で中古物件の方が有利になりそうですが 前の持ち主の方のメンテナンスの有無により 近い将来もしくは、すぐリフォーム代金がかなりかかることもありますので注意が必要です。またリフォーム済みで安価な中古物件もありますので 実際に新築・中古物件を見比べて総合的にご判断されることをお薦めいたします。 (担当: 七字 / (株)ハートフルランド水戸支店 )

  • A
    伊野 弾

    保証の有無・メンテナンスに係る費用など総合的に判断しましょう。

    新築と中古では各々メリット・デメリットが存在します。例えば、メリットとしては一般的には中古の方が同じ金額で検討した場合、土地や建物の大きさが確保できる、駅までの距離が近いなど。デメリットとしては新築には10年保証が付保されていますが、中古(個人が売主)の場合は保証が付保されていないなど。物件ごとに担当者に確認される事をお勧めします。 (担当: 伊野 弾 / (株)クオリティオブライフ )

  • A
    萩原 寛久

    お客様のご希望によって異なります!

    新築住宅はセキュリティー面でも安心ですし、すべての物が新しい状態で使える、また銀行融資を受けやすいというメリットがあります。中古住宅は価格が基本的に低く、解体して注文で新築を建てることもできるというメリットがあります!家をご購入するにあたって、お客様の現在の収入や、自己資金、今後のローンの組み方によってもオススメする物件は変わってきます!お客様の理想のお住まいが見つかりますよう、我々スタッフも全力でサポートさせていただきます! (担当: 萩原 寛久 / ララハウス(株)高崎支店 )

  • A
    大原 勇祐

    立地、間取り、予算、優先順位をしっかりと考えましょう

    内装がキレイで、水回りも新品、気持ちよく暮らせる新築には憧れますよね。でも、不動産を選ぶなら、「動かせない条件」のことも考えるべきです。お部屋の内装や、お風呂・トイレ・キッチンはリフォームで生まれ変わらせることができますが、立地や駅徒歩・陽当たりなどは後から変えることができません。不動産というだけあって、これらの条件を考慮したうえで物件を選ぶことが、失敗しないポイントです。 (担当: 大原 勇祐 / KEIAI東大宮駅前不動産センタープログレアエステート(株) )

  • A

    立地、庭、駐車場、ローン完済後を基準にご検討されてみてはいかがでしょうか。

    立地については、マンションは、駅近くに建てることが多いので、電車を使う方には、もってこいではないでしょうか?庭については、マンションには、1F以外は庭がありません。子育ての際庭で遊ばせたいのか公園に連れて行くか。駐車場については戸建の場合、駐車場は、多くの場合2台以上です。マンションの場合は、1台。近隣に借りるにも良い立地なので、月々1万弱でしょうか。ローン完済後については、マンションは修繕積立金、管理費などで、2~4万円の支払いがありますので、ご注意ください。 ( ケイアイネットリアルティ(株)宇都宮西ハウジングセンター )

707 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 中古一戸建て > 中古一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
中古一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)中古一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。