"20181024095925:H:0" "20181024095925:H:0" "20181024095925:H:0"

不動産購入Q&A

不動産会社情報:不動産購入Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?

プロの回答をチェック! 購入のプロはあなたの疑問にどう答える?

580 件見つかりました
  • Q
    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
  • A
    久保田

    新着 価格と保証内容が基準の一つです。

    中古は保証期間が短くなり、中には保証なし(瑕疵担保免責)と言う物件もありますので、ご注意ください。大切な財産ですので、保証が長い(約10年)新築を選ぶ方が増えております。中古物件の基本は、現状引渡しとなります。購入者が自己負担でリフォームする事になります。購入後の金額が増加することも考えておかなければなりません。 (担当: 久保田 / センチュリー21(株)Leboth )

  • A

    新着 一番は生活のイメージが持てるかどうかだと思います。

    人生で何度もあるお買い物ではありませんので、新築がいい!という方ももちろんいらっしゃいますし、瑕疵がある程度判明している中古物件の方が購入に際しては安心という方も多くいらっしゃいます。その他にもメリット・デメリットはございますのでお気軽にお問い合わせください。一番は新築にしても中古にしても生活のイメージができる物件や周辺環境なのかというところが重要かと思います。 ( (株)リライフ )

  • A
    横山 祥也

    何を重視するかにより異なります。

    新築の場合、設備は新品であり、最新のものであることが多いですが、価格は中古よりも高いケースが多いです。中古の場合は、設備の面では劣りますが、価格はお求めやすいものが多いです。立地を重視する場合、駅周辺に住宅を建築出来るような土地が無い場合、中古で探す必要がります。中古の中にも室内をリノベーション(内装や設備等を新品にする工事)してある物件もありますので、中古だからといって見送るのではなく、一度内覧をしてみるのが良いかと思います。 (担当: 横山 祥也 / 野村の仲介+小金井センター野村不動産アーバンネット(株) )

  • A

    まずは住みたい地域を教えてください。

    一般的に「最新設備に住みたいなら新築」「好きな街に住みたいなら中古」と言われます。長谷工グループには新築マンション分譲を請け負うグループ会社もあります。お客様のご意向をうかがいながら、ご希望が新築マンションに近いようであれば、近隣の新築マンションの紹介も可能です。まずはご来店いただき、ご希望の条件等を教えてください。 ( (株)長谷工リアルエステート西葛西店 )

  • A

    将来を見据えた長い目線で選択して下さい。

    中古住宅は、建築後の建物の歴史がわかります。居住中に建物の不具合や瑕疵などがなかったか・・・過去の履歴が有る程度わかるという安心感があります。また、新築と比べ価格的に低価格というメリットがあります。新築は、自分で建築するので有れば希望の間取りや設備などを取り入れフレキシブルに対応できる事が最大のメリットです。但し、費用面で中古住宅より大きくなります。現在のライフスタイルや資金計画、将来的な家族構成なども視野に入れて選択すと良いでしょう。 ( 香陵住販(株)駅南支店 )

  • A
    窪 親悟

    メリット・デメリットをご面談時にご説明させていただきます。お気軽にご相談ください。

    新築であれば、住宅の安全性という面で心配が少ないかもしれません。しかし、中古物件であれば大手ハウスメーカーの建物も購入できるかも。このようなメリット・デメリットがたくさんあります。こちらをご面談時にすべてご説明させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。 (担当: 窪 親悟 / ハウスドゥ!松戸中央店(株)岳南不動産 )

  • A
    鬼沢 裕也

    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいいかについて。

    購入価格などにもよると思いますが、住宅は将来に亘って永く住むことが予想されますので、建物の保証についてしっかり確認が必要だと思います。新築住宅であれば、住宅会社が建物の構造耐力上重要な部分については10年間保証がつきましが、中古住宅を個人から購入した場合には保証が付かないケースが多いと思われます。 (担当: 鬼沢 裕也 / プラスワンエステート(株)ひたちなか店 )

  • A
    鈴木 慎吾

    それぞれメリットデメリットがございます。

    中古物件の場合、実際に陽あたりや眺望等が確認でき、物件にもよりますが多くが3~6ヶ月前後で入居できる点はメリットですが、設備面では中古ですので改修費用等が別途必要になるケースが多くございます。逆に新築(マンション)の場合、実際のお部屋を確認できないケースが多く、また購入の契約後入居が1年以上先になるケースは多くございます。ただし設備面では新品ですので、設備を重視するのであれば新築になるかと思います。 (担当: 鈴木 慎吾 / 東京建物不動産販売(株)武蔵小杉支店 )

  • A

    中古住宅のよさ、新築の良さがあります。

    ☆中古住宅と言いましても、様々です。言えることは、築年数分、目減り分が安くなっております。将来中古住宅をご購入された場合どうしたいかをお考えになってください。どうしてもメンテナンスがかかってきます。☆新築の良さは、もちろん10年保証はありますので、10年はメンテナンスがかからないと思うところが大きな違いとなります。 ( (株)尾張屋武蔵浦和マーレ店 )

  • A
    岩井 丈尚

    こだわり と ライフスタイル で (^^♪

    新築であれば、設備は最新ですし保証も充実しておりますので 安心ですよね (^^♪ 何といっても、いい 匂い ☆彡 しかし、中古物件にはこだわりの ☆逸品、☆大豪邸、☆駅近なのに、この土地の広さ 等々・・。 新築では探せない、お客様のこだわりが、きっと見つかります (^^♪ 最近ではリノベーション住宅も多いですし・・。 (^O^) 楽しみながら探しましょう・・。 (^^♪ ひだまりハウスが、全力でお手伝いさせて頂きます ☆彡 (担当: 岩井 丈尚 / (株)ひだまりハウスつくば支店 )

  • A
    吉原

    お客様の価値観次第ですが・・・

    お客様の価値観やご要望次第ということが大前提です。二世帯住宅をお考えなら新築建売はないので中古物件を探すことになります(または土地を購入しての注文建築)。現実問題としてご予算が十分でなければ中古になりますし、建物の広さを重視するなら新築より中古物件のほうがチャンスがあります。普通に3~4LDKをお求めでご予算もあるなら新築一戸建がお勧めです。 (担当: 吉原 / 京急不動産(株)大森店 )

  • A
    難波 佑介

    何が1番大事なご希望条件なのかなど、ご希望を整理してみましょう!

    新築の1番のメリットは保証面です。中古の場合には新築と同じ価格であれば駅から近い、土地が広いなどのメリットがあります。また、中古の場合は築年数に応じて税制優遇なども変わります。それぞれのメリット、デメリットも理解した上で比較検討していきましょう。 (担当: 難波 佑介 / (株)ファステストホーム )

  • A
    神尾 正行

    お客様のご希望によって異なります!

    新築はセキュリティー面でも安心ですし、すべての物が新しい状態で使えるというメリットがあり中古は価格は基本的に低く、解体して注文で新築を建てることもできるというメリットがあります!家をご購入するにあたって、お客様の現在の収入ですとか、自己資金、今後のローンの組み方によってもオススメする物件は変わってきます!お客様の理想のお住まいが見つかりますよう、我々スタッフも全力でサポートさせていただきます! (担当: 神尾 正行 / ララハウス(株)高崎店 )

  • A
    山本 拓弥

    設備面のリフォームがどれくらい必要算出しましょう。

    どちらかに一方に偏ることなく、中古住宅と新築住宅の両方を見ることでおのずと答えがでてくるかと思います。この仕事に従事して4年目ですが、中古住宅を見ていた方が建売住宅へ検討を切り替えたのを何度か見ております。口々に言われるのは「リフォームの総費用を考えると建売の方が」という意見です。新築に比べて劣ると思われる設備面、そのリフォーム費用や使い勝手を比較することが大切だと思います。 (担当: 山本 拓弥 / (株)飯田産業前橋営業所 )

  • A
    小野真隆

    基準などありません。

    新築も中古も、良いところ悪いところはあります。新築、中古の違いを分かりやすく、丁寧にご説明させて頂きます。しっかりとお客様自身の目で見てご判断頂き、納得して進まれる事が大切だと考えております。何千万円というお買い物をされるわけですから。 (担当: 小野真隆 / 住宅情報館(株)横浜店 )

  • A
    湊 大樹

    ◆ご希望のご予算・エリアなどの要素の中から、ベストな選択をお手伝いします!◆

    新築か中古かも多くのお客様のお悩みのひとつです。新築は未入居の状態なので印象がよく、住宅ローン減税額も中古住宅(消費税課税物件を除く)よりも大きいので、メリットも多くあります。一方で、既存中古住宅は立地条件に優れている物件が数多くあったり、新築に比べ価格が安いのがメリットですので、ご予算やエリアなどお客様にとって物件選びに大きな要素の希望をかなえられる物件に出会える可能性が高まります。こちらも、お客様のご希望予算やエリアによっても様々ですので、営業担当がお客様に寄り添い最適な物件をご提案いたします。 (担当: 湊 大樹 / 東急リバブル(株)武蔵小杉センター )

  • A
    芳賀 誠

    これも大切な判断の一つです。

    新築か中古・・・悩まれる方は多いですね。新築の方がその物件で一番にお住まいになるわけですし、すべてが新品で新し物好きの日本人からすると気持ちが良いものですよね。ただ、欧米や海外では中古の方がリフォーム等で付加価値が付き、新築時より高値で売買されることも御座います。また、新築の基準は誰かが一回住むか、一年以内の入居があるかないかです。なので誰かが一日でも住めば中古ですし、物件が建って一年すればみな中古になります。もちろん選べる幅の広さもあります。 (担当: 芳賀 誠 / (株)ルクラス )

  • A
    藤井 健嗣

    基本新築をお勧めしますが、条件によって中古住宅も有りかと思います。

    新築の最大のメリットは「保証とアフターサービス」があることです。またすべて新品なのでしばらくの間は大きなメンテナンス費用がかかりません。中古の場合、保証やアフターは原則ついておらず、購入してから数年で大きなメンテナンスが必要になるケースがよくあります(外壁塗装や給湯器交換など)。よって立地や価格の条件がほぼ同じなら新築をお勧めします。ただ、希望エリアに新築物件が無く、これからも出なさそうな場合や新築よりも大きい家や広い部屋・敷地が欲しい場合は中古住宅を購入し、リフォーム・リノベーションする、というのも有りかと思います。 (担当: 藤井 健嗣 / (有)ひかり住販 )

  • A

    新築は保証やきれいさ、中古は価格面が魅力的ですね。

    新築は入居後の保証がしっかりしていますし、やはり誰も住んでいないのできれいさ・清潔感がありますね。住宅ローンや税制の面でメリットが多いということもあります。中古は新築と比べて価格の安さが最大のメリットですが、保証の継承に検査や費用が必要だったり、そもそも継承ができないケースもよくありますし、瑕疵担保免責でのご契約となると、なおのこと何も保証がないという状態にもなりかねません。築年数によって税金の控除がなくなり負担が多くなるということもありますし、リフォーム費用も考慮した上でどちらが良いか、トータル的にお考え頂くのが良いかと思います。 ( センチュリー21(株)クレド )

  • A
    八木 圭太

    新築・中古、それぞれの長所・短所を確認しましょう

    【新築の長所】中古より諸制度が有利 / 誰も使ったことがないので、まずキレイ 【新築の短所】同じ立地・設備条件だと販売価格が高い場合が多い 【中古の長所】同じ立地・設備条件だと価販売価格が安い場合が多い 【中古の短所】中古より諸制度が不利 / 一度使われたことがあるので、使用感がある場合がある等、それぞれ良い面、悪い面があります。「新品だけど、販売価格が高い新築」「劣化があるけど、販売価格が安い中古」と言ったところでしょうか。ご自分やご家族の好みに合う方を選ばれるといいでしょう。 (担当: 八木 圭太 / センチュリー21タイセーハウジング(株)桜新町店 )

580 件見つかりました
まだちょっと不安・・・不動産会社のこと・物件選びのこと、もっと聞きたい!

※「不動産購入Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?:不動産売却・査定情報

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)トップ > 中古一戸建て > 中古一戸建て 関東 > 良くある質問一覧 > QA事例

エリアから探す
主要都市から探す
沿線から探す
中古一戸建てを探すなら|SUUMO(スーモ)中古一戸建て
ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。