共同住宅がよくわかる!共同住宅の定義、集合住宅やタウンハウス・テラスハウスの違いは

共同住宅がよくわかる!共同住宅の定義、集合住宅やタウンハウス・テラスハウスの違いは

「共同住宅」って実際に何を指しているのかご存じでしょうか?テラスハウスやタウンハウスなど、住宅の呼び方は昔よりも多様化しています。「長屋って古いイメージがある」「コーポラティブハウスって、聞いたことはあるけれどどんなものなの?」「二世帯住宅は戸建てと読んで間違いない?」そんな素朴な疑問にお答えしつつ、土地活用に必要な、住まいの定義や共同住宅にまつわる基本的な知識をお話していきます。

共同住宅と集合住宅って違うもの?!

「集合住宅」という用語は、建築基準法で使われない

建築基準法では「集合住宅」という用語は定められていません。「集合住宅」に該当する法律上の建築物用途としては「共同住宅」と「長屋(テラスハウス・タウンハウス)」という2種類に分けられています。

「共同住宅」はひとつの建築物に2戸以上の住宅があるもので、「一戸建ての住宅」と区別されています。「共同住宅」は、2戸以上の住宅が、階段、廊下、エントランス、エレベーターを共有している、マンションやアパートを指しています。

タワーマンションのイメージ
低階層マンションのイメージ
(画像提供/PIXTA)

また「長屋」は、2戸以上の住宅が、廊下、階段等の共用部分を持たないもので、各住戸から道路又は敷地内通路に直接出入りが可能な建築物のことをいいます。
建築基準法では「集合住宅」という言葉に規定はありませんが、「共同住宅」とほぼ同じ意味で使用されています。

マンション、アパート、長屋のイラスト
(画像提供/PIXTA)

「共同住宅」はエントランス(集合玄関)や通路・階段、エレベーターなど共有部分のある2戸以上の住宅で、各戸の玄関、出入口の位置、火災報知器や避難器具の設置など、多くの規制がある建物です。一方、「長屋」は共用部分のない2戸以上の住宅で、各戸に独立した玄関があり、避難経路などは個々に確保されています。

(用語一覧)
用語 基準と意味
共同住宅 ひとつの建築物に2戸以上の住宅があり、共同廊下または階段がある建物。
長屋住宅 ひとつの建築物に2戸以上の住宅があり、共用の廊下や階段などの共用部分がなく、道路や敷地内通路から直接出入りできる建築物。
テラスハウス 独立した住宅が、連続してつながる低層集合住宅。隣家との境界となる壁を除いて、建物に共有部分はない。各所有者は、自身の住宅とその下の土地に対して、100%所有権がある。分類としては戸建てに近いイメージ。
タウンハウス テラスハウスと同様に、独立した住宅が境界壁を挟んで連続してつながる低層集合住宅。所有権はマンションに似ていて「建物は個々の所有、敷地は共有での所有」の場合と「建物は区分所有で、真下の土地は個人所有」のバターンがある。分類としてはマンションに近いイメージ。

共同住宅と長屋の違いは?

次に「共同住宅」と「長屋(テラスハウス・タウンハウス)」の違いを見てみましょう。

共用の廊下やエントランス、階段があるかないか

ひとつの建造物に2戸以上の住まいがある場合には、「共同住宅」と「長屋(テラスハウス・タウンハウス)」の2種類に分けられています。

「共同住宅」は階段、共用廊下・エントランス・エレベーター等の共用部分があるマンションやアパートで、外出するときにこれらの共用部分を通ります。住宅内部にも内階段があるメゾネットタイプ、内階段がないワンフロアのフラットタイプがあります。

「共同住宅」の場合、階段や通路が共有部分になるため、消防法で誘導標識、火災報知器などの設置が義務づけられており、50人以上が暮らす場合には防火責任者も必要になります。

外出するときに共有部分を通らない2戸以上の住まいは「長屋」になります。つまり「長屋」は独立した玄関があり、道路や敷地内外部通路に直接出入りできる建物です。

マンションのイメージ
(画像提供/PIXTA)

今人気の「コーポラティブハウス」「テラスハウス」「タウンハウス」とは

「コーポラティブハウス」「テラスハウス」「タウンハウス」といった、おしゃれなイメージのあるこれらの住宅は、どんな建物を指すのでしょうか。

「コーポラティブハウス」は住まいの購入希望者が集まって組合をつくり、土地購入からハウスデザイン、施工まで購入希望者が共同で行います。入居希望者のイメージで家づくりができる自由度の高い集合住宅で、新しい住まいのつくり方として提案されているものです(つまり、建物の構造を示す呼び方ではありません)。

コーポラティブハウスのイメージ
(画像提供/PIXTA)

「タウンハウス」「テラスハウス」は、上記の「コーポラティブハウス」にあたります。どちらであっても、基本的に共有の廊下や玄関があれば「共同住宅」、なければ「長屋」です。

タウンハウス・テラスハウスの違いは、土地の所有区分にあり

「タウンハウス」は、横につながった分譲マンションをイメージするとよいでしょう。土地は共有のもので、建物は各戸で区分所有しています。「テラスハウス」は独立した住まいが壁を接して連続して建っており、建物も土地も区分けして個々に所有しています。カテゴリーでは、「テラスハウス」は「一戸建て」、「タウンハウス」は「マンション」とされることが多いようです。

タウンハウスのイメージ
(画像提供/PIXTA)

おしゃれなイメージで知名度を上げた「テラスハウス」は、庭付きの低層分譲住宅です。庭にガレージがついている場合もあります。不動産の募集では主に「一戸建て」と表記されることが多いです。住まいが連なっていながら、一軒家に近い感覚で住めるという特徴があります。

「集合住宅」の「マンション」と「アパート」の違い

「共同住宅」の代表格である、マンションとアパート。この2つは何を基準に区別されているのでしょうか。

不動産広告ではマンションとアパートの違いは、建物の構造で分けられています。コンクリート造りはマンション、木造や軽量鉄骨(プレハブ)はアパートとなりますが、はっきりした基準はないので、業者さんの判断次第で同じ建物であっても表記が違うことがあります。

ちなみに、マンションの広告などに表記されているSRC造、RC造という用語は、それぞれ鉄骨(S = Steel)、鉄筋コンクリート(RC = Reinforced Concrete Construction)、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC = Steel Reinforced Concrete Construction)を意味しています。

アパートは家賃がリーズナブルですが、築年数が長くてもリノベーションが施されておしゃれに生まれ変わった物件も増えています。また、マンションはエントランスにオートロックがあるなど、セキュリティの面で安心感があり、防音性が高い傾向があるといえます。

マンションのイメージ
(画像提供/PIXTA)

二世帯住宅の定義は、「戸建て住宅」と「長屋」

二世帯住宅は、おおまかに「戸建て」と「長屋」の2種類に分けられます。
建物の内部で行き来が可能であれば、玄関がいくつであっても「戸建て住宅」です。一方、建物内部はつながっておらず独立しており、それぞれの玄関が設けられていれば「長屋」と定義できます。

二世帯住宅における「長屋」は「共同住宅」として扱うこともできますが、あえて「共同住宅」とすることはほとんどありません。これは建築基準法や東京都建築安全条例などにおいて条件が厳しくなるためです。

法規制の厳しさから言えば、最も厳しいのが「共同住宅」。次に「長屋」、「一戸建て住宅」と続きます。

イラスト
(画像提供/PIXTA)

長屋と聞くと、江戸の庶民のイメージがあり、時代劇で見た隙間風が吹き抜ける住宅をイメージされるかもしれませんが、構造的には今注目されているテラスハウスやタウンハウスも長屋なのですね。
長屋は共同住宅と戸建て住宅の中間であり、上手に活用すれば、狭い土地も活用できるうえ、プライバシーも確保できます。二世帯住宅やコーポラティブハウスなど建て替えや住み替えを検討されているなら、長屋のメリットも考慮に入れると良いでしょう。

まとめ

集合住宅は「共同住宅」と「長屋」に分けられる

共同住宅と長屋の違いは、共用の廊下・エントランス・階段があるかないか

二世帯住宅には一戸建ての住宅になる場合も共同住宅、長屋になる場合もある

新築マンションを探す
中古一戸建てを探す
新築一戸建てを探す
賃貸物件を探す
中古マンションを探す
土地を探す
注文住宅の会社を探す
リフォーム会社を探す
売却査定する
カウンターで相談する
ハウスメーカーを探す
工務店を探す
取材・文/大竹香織
公開日 2020年09月04日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション選びと会社選びをサポートします。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る