サイディングとは?塗装などのメンテナンスのタイミングや費用、最新の機能まで徹底紹介

家の外観デザインは素材や色の選び方で印象を大きく変えることができます。外壁材の中でも耐用年数が長く、人気のサイディング材。塗装や張り替えメンテナンスの周期や費用の目安、最近のサイディングの進化などについて、外装材メーカー、ニチハの日高康雄さんに聞きました。

サイディングボードにはどんな種類があるの?

主流は窯業(ようぎょう)系サイディング。軽量な金属系サイディングも人気

外壁に張る仕上げ用の板材のことを「サイディング」や「サイディングボード」といいます。以前はモルタル(砂とセメントと水を練ってつくられる外装材)仕上げが主流でしたが、1990年代以降はサイディングが主流になりました。
「一般的なモルタルを塗る場合に比べて、乾式工法のサイディングは工期が大幅に短くなるため工事費用を抑えることができます。また、デザインが豊富で、工業製品であることから製品の品質が安定していることも大きな特長です。そして、重要なのが軽さです。モルタルに比べ、窯業系サイディングの重さは2分の1以下、金属系サイディングは約10分の1です。軽い方が建物への負荷を減らせますし、耐震性も上がります」(日高さん、以下同)

住宅の外壁の主流となったサイディングは、材質によって大きく分けて4種類。
・窯業系
・金属系
・木質系
・樹脂系

窯業系はセメント質と繊維質が主な原料にして板状に形成したもの。金属系はガルバリウム鋼鈑などの金属を成型したものです。
「今の主流は窯業系サイディング。一般的な戸建て住宅の約75%超は窯業系サイディングを外壁に使用しています。次に多いのが金属系サイディングです」
木質系というのは、その名の通り「天然木」を材料にしたもので、木ならではの雰囲気を重視する住宅に使われるそう。ただし、天然木は水に弱く、こまめなメンテナンスが必要なため、今は木目模様の窯業系サイディングが使われるケースが多いそうです。樹脂系サイディングはプラスチックを板状に加工したもので、日本ではあまり馴染みがありません。

左 窯業系サイディングの家。右 金属系サイディングの家(画像/PIXTA)

家のイメージに合わせて色や質感、張り方を変える

サイディングにはさまざまな質感や色の商品がありますから、家の外観デザインやイメージに合わせて選ぶ楽しみがあります。色はシンプルなモノトーンからカラフルなもの、質感や模様はタイル調やレンガ調、木目調のものなど多彩です。複数の色や質感のサイディングを使えばデザインのバリエーションも広がります。

「一般的にサイディングはヨコに張るケースが多いですが、金属系はシャープなイメージを生かすためにタテに張るケースも目立ちます」

タテに張る場合と、ヨコに張る場合、どちらがコストがかかるかは、家の形状やデザインによって違うためケースバイケースだそう。一般的には材料に無駄が出ず、凹凸の少ない家やシンプルなデザインのほうがコストは抑えられる傾向にあるそうです。

タイル調のサイディングがアクセントになった外観デザイン(画像/PIXTA)
色や模様の違う3種類のサイディングをタテに張り分け(画像/PIXTA)

「窯業系と金属系を併用することもできます。質感の違うサイディングを組み合わせることで、個性的な外観のコーディネートが楽しめます。ただし、窓に接する部分の処理方法が窯業系と金属系では異なるため、雨仕舞い(建物に雨が浸入しないようにする細部の処理)をきちんと行うことが大切です」

サイディングの再塗装や張り替えなどのメンテナンスは、どれくらいの周期で必要?

定期点検のほか、自分でも年に1度はチェック。早めのメンテナンスも重要

紫外線や雨風、暑さ寒さにさらされ、排気ガスやホコリなどの影響を受けるサイディング。耐候性のある塗装がされていても、その効果は永遠ではありません。同じ外壁材でも日がよく当たる面の劣化スピードが速いなど、立地や家の形状、気候、外壁塗料の種類などによって状態は違ってくるため、最適なメンテナンス周期はケースバイケースです。既存の家の場合、新築から5~10年で塗り替えが、25~30年程度で張り替えが必要になる場合もあります。

また、サイディングの劣化はなくても、サイディングとサイディングの間に施工されているシーリング(コーキング)が紫外線などで劣化していることもありますから、施工会社による定期点検はもちろん、地震や台風の後のほか、年に1度は自分の目で確認して早めのメンテナンスをすることが大切です。

一般的なサイディングのメンテナンススケジュール例(資料提供/日本窯業外装材協会)

自分で点検するときには、まず目で見て触ってみる

サイディングの劣化や不具合などは、自分でもある程度確認することができます。
まずは、経年による反りやうねりがないか、目視で確認してみましょう。また、触ったときに手が白くなったら要注意。これはチョーキング(白亜化現象)といって、外壁に塗られている塗料に含まれる顔料が粉化したものです。表面にクラック(ひび割れ)がないかもチェックしましょう。これらは、補修か張り替えが必要なサインです。

サイディングをなぞったときに粉が付いたらそろそろ補修を検討(画像/PIXTA)

「サイディングに劣化の症状が見られた場合、補修がいいのか、張り替えたほうがいいのかは状況によります。例えば、多少の反りが見られる場合には、必要に応じて浮いてきている箇所をビスやクギを打って抑えるだけですむこともあります。あまりにうねっている場合は下地状況の確認も兼ねて部分的な張り替えをおすすめしています。そのままにしておくと、隙間から雨水がまわり、サイディングの裏面からの吸水や乾燥の繰り返しで反りを助長する原因にもなります。今は躯体とサイディングの間に通気層が設けられているため、雨水が躯体の中に浸入することは抑えられますが、サイディングの美観と性能を保つためにも、日常のお手入れや適切なメンテナンスが重要です」

そのほか、サイディングにクラックや欠け、汚れなどが見られた場合はパテで埋めたり、部分的な張り替え、塗装補修が行われます。またシーリング(コーキング)に亀裂やはく離、目地やせ、汚れなどが見つかったら、部分補修や洗浄が必要です。

また、建て替えも視野に入れている古い家の場合、費用がかかる張り替えよりも、補修にとどめておくのも現実的な選択。あと何年住むのかも考えて、メンテナンス方法を選択するのもいいでしょう。

補修のコストはいくらくらいかかるもの?

サイディングに塗装を行う場合、いくらくらいかかるものなのでしょうか。

費用は塗料のグレードや家の形状、施工地域など条件によって違ってくるので、ここで挙げるのはあくまでも目安ですが、2階建てで外壁面積約170m2の住宅(延床面積は約120~150m2)の場合、一般的なアクリルシリコン塗料を使用しサイディングの塗装を行うと、費用は約125万円。内訳はシーリング(コーキング)の打ち替え約30万円、再塗装約60万円、仮設足場代約35万円となります。

(資料提供/ニチハ)

築年数が古い家で、サイディングを一新する場合は、外壁材のグレードのほか、施工方法によってコストが大きく違ってきます。

サイディングを「張り替え」する場合は、既存のモルタルや古いサイディングを撤去して新しいサイディングを設置します。張り替えずに、既存の壁に直接サイディングを張る「重ね張り」という方法もあります。重ね張りは、張り替えにかかる既存の外壁材の撤去・処理費用がないためコストや工期が抑えられるメリットがありますが、その一方で、施工前よりも建物が重たくなること、施工後に水漏れなどのトラブルが起きた場合に原因を見つけるのが難しくなるなどの難点もあります。

最近のサイディング、どんな進化をしているの?

最近のサイディングの進化には、大きく3つのポイントがあります。それぞれのポイントを見ていきましょう。

ポイント1:耐久性がアップし、メンテナンスコストもダウンする傾向に

「今は住宅そのものの寿命が長くなっています。ロングライフ住宅が主流の時代、外壁材も寿命の長いものをつくり、長期保証もしようというのが、業界全体で当たり前の流れになっています。昔は10年保証が一般的でしたが、30年保証の商品も出ています。窯業系や金属系サイディング等は何十年使っても、大きな穴があいたり、崩れ落ちたり、ということはありません。しかし、これまでのサイディングは塗料のこまめな塗り替えが必要でした。高耐久性をうたう最近のサイディングは塗膜の変色・褪色やひび割れなどに強く、塗装の塗り替え費用が抑えられます」

最近のサイディングは耐久性がアップ。色あせや塗膜のひび割れに強く、塗膜の変色・褪色30年保証の「プレミアムシリーズ」(ニチハ)(画像提供/ニチハ)

ポイント2:デザインのバリエーションが増えた

むく材を使った木製の外壁だと思ったら実はサイディングだった、ということがあります。最近のサイディングは塗装の技術が進化して、よりリアルな質感が再現されているのです。
「次世代インクジェットによる塗装で、細かな模様や絵柄を印刷できるようになりました。木目柄やレンガ柄など、奥深い色調と自然な凹凸感で、本物の木やレンガなどと区別がつかないくらいです」

また、サイディングとサイディングをつなぐシーリング(コーキング)材が不要な商品も登場。
「サイディング同士を直接つなぐシーリング(コーキング)レスは、どこがつなぎ目なのかが分かりにくく一体感のある美しい仕上がりになります。シーリング(コーキング)の打ち替えが不要なので、メンテナンスコストの削減にもつながります」

つなぎ目が目立ちにくいシーリング(コーキング)レスのサイディング材。「Fu-ge(フュージェ)」(ニチハ)(画像提供/ニチハ)

ポイント3:セルフクリーニング機能が標準に

「雨が当たると外壁に付いた汚れが落ちるセルフクリーニング機能のあるサイディングが、今では一般的です」

空気中の水分子で外壁表面に薄い膜をつくり、雨が降ると水分子膜についた汚れごと洗い流すものや、太陽光が外壁の汚れを分解して付着力を弱め、雨水で洗い流すものなど、メーカーや商品によって仕組みは違いますが、新築時やリフォーム後の美しさが長い間保てるのがメリットです。

【まとめ】サイディング

サイディングの主流は耐久性が高く、デザインも多彩な窯業系サイディングと金属系サイディング

定期点検で不具合が出る前にメンテナンスを。補修や塗り替え、張り替えで家を守ろう!

サイディングは進化中。デザインのバリエーションが広がり、メンテナンスコストは抑えられるように

注文住宅の会社を探す
新築一戸建てを探す
中古一戸建てを探す
取材・文/田方みき
公開日 2019年03月29日
関連する最新記事を見る
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格

お役立ち講座・個別相談のご案内無料

住まい選びで「気になること」は、人それぞれ。スーモカウンターのアドバイザーは、新築マンション・建築会社選びをサポートするプロ。講座や個別相談を通じて、よかった!と思える安心の住まい選びをお手伝いします。
カウンターアドバイザー

住み替えサポートサービス

ページトップへ戻る