それゆけ、壁紙リフォーム大作戦!壁紙専門店で出会う世界の壁紙

 

前回、腰の重い家族にお風呂のリフォームをプレゼンすべく、ショールームに見学に行った私、つむぎ。

 

つむぎプロフィール

都内の実家で暮らすピチピチ(死語)のOL。一人暮らしをしたいと思いつつ、実家ののんびりした雰囲気が大好きで、休日には畳でごろごろするのが日課。ママのつくるごはんが大好き。

 

プロのアドバイスのもと、無事に家族会議を成功させることができたのですが…

 

それゆけ、浴室リフォーム大作戦!ショールームで出会う理想のお風呂

 

ここも!

 

ここも!

今度は、壁紙が気になって気になってしょうがなくなってきちゃったんです。

 

もう〜! 築50年で年季が入ってるとはいえ、あちこち壁の傷やハゲてるところが気になるなあ。私の砂壁の部屋も、もう少し女の子っぽいきれいな壁紙に変えたいし…。 

壁は日常生活でも目につくところ。家丸ごとのリフォームは難しいけど、お直ししたいわ!

 

よぉし…!

 

こうなったら、今回も家族会議を開いて壁紙リフォームをプレゼンあるのみ!

 

行くぞ! リフォーム for壁紙!

 

 

 世界中のユニークなデザイン大集合!輸入壁紙専門店「WALPA 銀座」

というわけで、やってきたのは、おしゃれなブランドやショップが集結する「キラリトギンザ」、3階の輸入壁紙専門店「WALPA銀座店」。

“洋服を着替えるように気軽に「壁紙」も着替えてみる。” をコンセプトに、世界中のユニークなデザインやテクスチャーの壁紙を取り揃えている人気セレクトショップです。

 

今日は、壁紙リフォームを実行に移すべく、ここで情報収集したいと思います。

 

うわ〜。入り口からきれいな柄がいっぱい並んでる…!

「こんにちは〜…」

 

▲店長の小野田さん(以下、担当者)

「いらっしゃいませ〜! どんな壁紙をお探しですか?」

 

つ「実は、実家の壁紙をリフォームしたくて…。家族に素敵な壁紙をプレゼンしたいんですけど、手伝っていただけますか?」

 

坦「もちろんです。店頭だけでも500種類の壁紙を取り揃えているんですよ。取り寄せを含めて3万点以上なので、きっと理想の壁紙に出会えると思いますよ」 

ほらっ!

つ「わ〜、これ全部壁紙なんですね…! いろんな柄があってワクワクしちゃう! どういった柄が人気ですか?」

 

坦「こちらはオランダのNLXL社の SCRAPWOOD WALLPAPER という壁紙で、廃材をモチーフにしたヴィンテージ感のあるデザインが特徴です」 

 

坦「このテーブルも、実は表面に壁紙を貼っているんですよ」 

つ「あ、ほんと! 継ぎ目や色合いまで、見た目は木の板を合わせた本物の机みたいにリアル…。触るとつるつるして、まるでトリックアートですね(笑)!」

 

坦「ふふ。ありがとうございます。このシリーズは結構人気がありますね。あと、質感といえば、こちらはビニールの壁紙で柄に合わせて凸凹をつけています」

つ「もこもこして肌触りがおもしろ〜い」

 

坦「ユニークなものでいうと、生地全体にラメを施していて、キラキラ光るタイプなんかもあります」

 

つ「わ〜、ハデハデですね(笑)! 自分の部屋に貼るとなるとなかなか勇気がいるけど、トイレとかに貼ったら楽しいかも!」

 

坦「個人的におすすめなのが、こちらのリアルなサボテンを並べたタイプ。一面でなくても、机の前の壁に一段分だけ貼れば、本物の鉢を置いているみたいにも演出できます。ほかにも本棚や引き出しをデザインに落とし込んだシリーズもあるんですよ」 

つ「工夫次第でいろんな活用法があるのね。こんな壁紙の部屋で過ごせたら楽しそう!」

 

つ「ただ、うちは築50年の古い日本家屋で、今時のおしゃれな洋室のお部屋じゃないんです。畳に砂壁だったりするんですけど…。そんな部屋にもマッチするのってあるのかな…」

坦「それなら、こちらの壁紙はいかがですか?」

つ「うわ!時代劇で出てくるお殿様の部屋みたいでゴージャス! すごい和風ビンテージですね…!」 

坦「ふふ。実はこちらもオランダの作家さんによる作品なんですよ。でもつむぎさんのおっしゃる通り、和室のお部屋に使っていただいてもぴったりだと思います」

ほかにもバリエーション豊かな “和” を感じるデザインが…!

すべて紙の自然素材なので、畳や障子にも合いそうです。これなら主張しすぎずに和室にもなじみそうだし、着物の柄にしても良さそうなくらい。

 

壁紙というと淡いシンプルな一色ってイメージだったけど、ほんとにいろんな模様があるんだなあ。海外のものでも、日本家屋にもマッチするのがわかって新発見だな。

それに…私、ぜひともお殿様のお部屋に住みたいかも…! 家族にはさっきのゴージャスな壁紙をプレゼンしよ〜っと。(派手好き)

 

 

いざ伝授!上手な壁紙の選び方

でも、やっぱりお店で広げて見たのと、実際に部屋の壁に貼ってみたのとでは違うかなってちょっと心配…。小野田さんに、失敗しない選び方のコツを聞いてみました。

お「お店では、なるべく家の壁と近い状態で見るのがポイントです。カタログを見るときは机に広げてみるだけでなく縦に立ててみたり、こんな風に壁にさげて離れて見ると、雰囲気が掴みやすいですよ」

 

お「また、プロジェクションマッピングを使ったシミュレーションもできるんですよ。こちらへどうぞ」 

つ「わ〜、真っ白な部屋ですね」

お「タッチパネル上で好きな色や柄を選んでいただくと、壁紙と床、ソファの色を変えることができるんです」

ピピピ

 

 

ほらっ!

パッ!

つ「すごい! 壁紙ひとつでお部屋の印象ってこんなに変わるんですね。やっぱり、絶対リフォームをプレゼンしなきゃ! それにしても、最先端技術を使ってお部屋をシュミレートできるなんて、もはや未来ですね」  

 

※WALPA store GINZAのみのサービスになります

 

※ほかにも、VRヘッドセット「オキュラス」を使ったシミュレーションもできるそう

 

つ「それにしても、今シミュレートしたものの中にもありましたが、2種類以上の壁紙を組み合わせるのも素敵ですね。相性のいい組み合わせ方とかあるんでしょうか」

お「四面のお部屋で2種類の柄を組み合わせるとしたら、まず主役になる壁を決めてください。その主役の壁に柄ものを貼るなら、ほかの面もベースの色を合わせて、同じ色味が使われている壁紙を選ぶといいですよ」

お「あとはこんな風に、壁を上下でわけて、上は柄もので下は無地とかにしてもおもしろいですね」

 

つ「上下で違うなんてまた斬新…! その発想はなかったです。ああ、また迷ってきちゃった!(笑)」

いろいろ見て知ることができて、来てよかった〜! 今の壁紙を変えるだけでおしゃれな部屋にできそうだし、ついでに棚や机も壁紙を使っておしゃれにアレンジしても良さそう。家の中の表情がひとつ変わると、ほかの部分もどんどん手をかけたくなるわね。

 

坦「あとは、お部屋のお写真や間取り図を持ってきていただけると、さらに詳しくご提案できると思いますので、今度はぜひ、家の様子がわかるものをご家族皆さんでお持ちくださいね。プレゼン、応援しています!」

よ〜し! 私きっとプレゼンを成功してみせるわ!

 

お風呂だけじゃなく、壁紙のリフォームもきっと叶えてみせる!

さあ、今夜も家族会議よ!

 

 ~fin~