"20170823231445:H:0" "20170823231445:H:0" "20170823231445:H:0"

不動産会社ガイド

山根木材ホーム

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

山根木材ホーム

世代を超えて大切に暮らせる家づくりを目指し、長期優良住宅や低炭素住宅の施工にも力を入れている。ZEH対応の躯体を積極的に提案し、人と環境にやさしい家を創っている(長期優良住宅の認定を受けた施工例の完成予想図)

常に一歩先を見つめ、永く住み継ぐための家づくりを推進
健康に配慮した「ZEH」対応の躯体を積極的に導入

木材の仕入れ販売からスタートした同社は、木の専門集団として木材加工、住宅建築へと事業を拡大。福岡支店では、同じ気候・風土で育った九州の木材を積極的に使用。丈夫で長持ち、住み続けて安心できる木造住宅づくりを目指している。
「健やかで快適な暮らし」にこだわる同社は、省エネと断熱仕様の住まいを追求。2016年から「ZEH(ゼッチ)」対応の躯体を導入し、これから求められる住まいを先駆けて提供。「ママらく収納の家」や「オーダーメイド家具」など快適で暮らしやすい空間づくりへのこだわりにも余念がない。また引き渡し後のアフターメンテナンスにも力を入れており、購入後もハウスドクターが暮らしをサポートしている。

「家は風土」住み継がれる家を創り、その家が風土となる

その土地の気候・風土で育った木でつくる、快適な家

木造建築は古くから日本人の生活を支えてきた。断熱性能や調湿作用など木材が日本の風土に適していることだけでなく、木の質感が心地よさをもたらすという特長があるからだ。
山根木材ホームが使用するのは、地域産木材。木造住宅の理想の建て方は、裏山で採れた木を、生えていた向きに揃え、光と風の当たり方を変えずに使用して家を建てることだと同社は考えている。福岡支店で展開する分譲住宅は、九州の木材を使用。「その土地の気候・風土で育った木でつくる家こそ、四季を通じて快適で丈夫で長持ちする」という、木の専門集団ならではのこだわりだ。そして、ずっと家族に住み続けられる家となり、いつか家そのものが風土となる、という考えがある。

熊本産の構造材を使い、家作りを行っている(木材同仕様)

↑ページの先頭へ戻る

永く健康的に暮らしてほしい。エネルギーもストレスもゼロの家を目指し、「ZEH」対応の躯体を提案

同社が目指すのは、省エネと断熱仕様の家で家族みんなが永く健康的に暮らせる家(概念図)

健康で快適な暮らしを追求した、先進的な住まい

人生でいちばん永く過ごす場所を、いちばん心地よい場所にするために。

家全体の気温差が少なく、夏は涼しく冬は暖かい住まいを提案。少ない暖冷房エネルギーで快適に過ごすことができ、室温・湿度が適した状態を保つことでカビ・ダニの発生を抑制。ヒートショックの原因でもある温度変化を少なくした住まいは、健康的な暮らしにもつながる。快適性だけでなく、家族みんなが永く健康的に住み続けられる家づくりを追求している。

さらに同社は、政府が2020年に標準化を目指しているZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の対応躯体を導入。健康的でさらにエコノミーな暮らしを先駆けて提案している。ZEHは、省エネに必要な高い断熱性と気密性、それにともなう換気システムによって、部屋ごとの空気清浄や結露などのわずらわしさを解消してくれることが魅力。住まいで感じるストレスも、ゼロに近づけることができる。

その快適性を知りたい方は、モデルハウスで体感してみてはいかがだろう。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

ZEHとは、住まいの消費エネルギーを減らす「省エネ」と、エネルギーを新たに創る「創エネ」によって、年間の一次エネルギー消費量を「ゼロ」にする住宅のこと。日本政府は「2020年までにZEHを標準的な住宅にする」という目標を発表している。
同社は2020年の本格導入に向けて、2016年からZEHを導入。高い断熱性・気密性と省エネ設備を組み合わせて消費エネルギーを減らし、さらに太陽光発電やエネファームなどでエネルギーを創り出す、人と環境にやさしい家を提案。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)概念図。ZEHとはNet Zero Energy Houseの略。1年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明)を住まいの高断熱性能や省エネ性能を上げることに加えて、太陽光発電などでエネルギーを創ることによってその収支のプラスマイナス『ゼロ』を目指す

↑ページの先頭へ戻る

注文住宅で培った設計のノウハウを建売住宅にも生かす

建売住宅の社内「プラン検討会」の様子。各部門の担当者が意見を出し合って、1棟1棟のプランが仕上がっていく

「プラン検討会」で、建売のコンセプトを1棟1棟決定。
注文住宅のようなオンリーワンの住空間を創造する

注文住宅ではもちろん、建売住宅の場合も、1棟1棟コンセプトに基づいて、「プラン検討会」を行う。設計士、営業、工事課、責任者が参加し、プランが決定するまでに3回ほど話し合い、その後は現場監督、営業、コーディネーターで内装、外観カラーを決めたり、設備業者も同席して、設備仕様についても決定する。その家に住む人々の暮らしを想像して、家事動線、設備の機能性、色の選択、収納率など様々な要素に配慮しながら、最適な住まいを創造する。注文住宅と変わらぬ性能やプランが購入者から高評価な理由だろう。

採光・通風、プライバシーの確保を大切に考え、狭小・変形や、理想の方角ではない土地でも、最適な設計をする(プラン概念図)

隣地や方位、土地のポテンシャルを引き出す設計力。
自由度が高いオリジナルプランで満足度アップ

山根木材ホームでは設計の際、隣家との窓の位置を緻密に計算する。窓が外の景色を取り込み、光や風の通り道になっているか。窓越しにお隣さんに暮らしが見えてしまわないか。購入時には気づきにくいプライバシーの配慮も、プロの目線で厳しくチェック。また、どんな土地条件であれ、注文住宅で培ったノウハウで魅力的な設計が可能だ。
例えば土地が西向きの場合。建物を土地に対して45°にふって南向きに。広がった庭を有効活用するアイデアなども提案している。建売住宅でも常に新しいことに取り組む姿勢が購入者を楽しませてくれる。
これから求められる家はどのような家なのか。同社では購入者アンケート調査を行い、意見や要望をひとつひとつ分析。その声を吸い上げた商品開発やプランニングを行っている。そこで誕生した企画の代表例が「ママらく収納の家」だ。

↑ページの先頭へ戻る

自慢の我が家にする秘訣。「ママらく収納の家」と「オーダーメイド家具」

構造・性能だけでなく、快適に暮らせる家づくりを追求している。写真はパントリーの施工例

収納は大きいだけではダメ。
誰もが片付け上手になれるプランを提案

「家の中がすっきりして心地よい。家で過ごす時間が好き」と思ってもらいたい、と同社の建売スタンダードになったのが収納率を12%に設定した「ママらく収納の家」である。購入者の声を取り入れ、生活者目線で収納があるべき場所を吟味し、出し入れのしやすさやサイズに徹底的にこだわっている。シューズクローク、ウォークインクローゼット、大型パントリー…。その他、掃除道具を収納するための大きなクローゼットや家族の本を収納できる造りつけの本棚など、立地やコンセプトに合わせた提案を行っている。

家のサイズに合わせた、オーダーメイド家具の注文が可能

思い出を刻むのは、家そのものだけではなく、家族みんなで使う椅子やテーブル、照明も。暮らしの豊かさは新しく手に入れたものだけでははかれないと考える山根木材ホームは、福岡県内で良質な家具の生産を行うメーカーと提携し、ずっと愛着をもって使えるオーダーメイドの家具をお求めやすい価格にて提供している。子どもが成長し、独立して孫を連れて遊びに来ても、温もりを宿したまま迎えてくれる手づくりの家具は、家族の絆を深めてくれそうだ。
ご家族の目線に立ち、暮らしやすさや心地よさを追求する同社の取り組みに今後も期待が高まる。

テイストもサイズも空間にぴったり合わせたオーダーメイド家具は、住みやすさの要!家具付き物件もある(同社施工例)

↑ページの先頭へ戻る

「家族の時間を育む家を、ずっとずっと大切にしたい」という思いをサポート

山根木材ホームオリジナルのsmile(いえかるて)ASPサービスの管理内容は、いわば「住まいの履歴書」だ。住まいも人の身体と同じ。「いつ・どこを・どのように」を管理することで家が長持ちする

我が家の財産として、10年後、20年後も価値ある住宅に

新築購入時はすべてがピカピカの家も、家族の成長と共に経年変化していくもの。家族の思い出が増えていく家。いつまでも大切にしたいと思うのではないだろうか。そこで、山根木材ホームでは、smile(いえかるて)のASPサービスを導入し、建築現場での工程から入居後の定期点検・補修・リフォームの情報を一括管理。同社からも、ご家庭からも家の履歴を確認できるので、早めに対処する効率的なアフターメンテナンスが可能だ。
目に見えないところまで家の状況が分かるため、時を経て、家を子ども世帯に引き継ぐときも安心だ。

アフターユニット「山根の家守り隊」の中尾氏。「自分がお客様の家に住んでいるという目線でいつも考えています。お客様の家をお守りしている。そんな気持ちです」

定期点検などで、月約100件のフォローを実施。
引き渡し後も安心の体制、家守り隊「アフターユニット」

「山根の家守り隊」は、建物完成後、1年、2年、5年、10年、15年と定期点検を実施。外構、内装、設備まで丁寧に点検し、必要な箇所には補修を行うことで品質と性能を維持している。時には、1年点検前から家に訪問し小さな手直しを行うこともあるという。
本来であれば、お客様からメーカー等に直接連絡をしてもらう案件も、できるだけ山根木材ホームで対応することを心掛けている。
その積み重ねが、引き渡し後の信頼を築いていく基礎になっているようだ。このような人と人との繋がりや安心感が同社の大きな強みの一つといえるだろう。

↑ページの先頭へ戻る

この会社が売主、または販売代理・仲介している物件

山根木材ホーム

※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。

※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。

山根木材ホーム

↑ページの先頭へ戻る

ページトップへ戻る