省エネルギー対策等級

省エネルギー対策等級(ショウエネルギータイサクトウキュウ)の意味・解説

省エネルギー対策等級は、「住宅性能表示制度(※)」の評価分野のひとつ。住宅の断熱措置などを工夫して、冷暖房などに使うエネルギーの消費量が減らせるかを審査し、3段階から4段階の等級で評価する(等級の数値が高いほど性能が高い)。省エネルギー対策等級は、次の2項目について評価している。

■省エネルギ―対策等級の評価項目

(1)温熱環境(断熱等性能等級)
住宅の断熱性能について、暖房器具に使用するエネルギーの削減量をどの程度減らせるかという指標で評価する。等級1から等級4まである。

(2)エネルギー消費量
住宅で使用する電気、灯油、都市ガスなどのエネルギー消費量を削減するための対策がどの程度とられているかを示す。等級1、等級4、等級5の3段階で評価される。

新築住宅の場合、「断熱等性能等級」の等級4の住宅と「一次エネルギー消費量等級」の等級4の住宅は、長期固定金利型の住宅ローン「【フラット35】」より当初一定期間の金利が引き下げられる「【フラット35】S(Bプラン)」を利用できる。

※住宅の性能を同一基準で審査し、一般人にも分かりやすい形で表示する制度。住宅品質確保の促進等に関する法律に規定されている。

省エネルギー対策等級(ショウエネルギータイサクトウキュウ)に関する物件ピックアップ

省エネルギー対策等級(ショウエネルギータイサクトウキュウ)に関する記事ピックアップ

ページトップへ戻る