劣化対策等級

劣化対策等級(レッカタイサクトウキュウ)の意味・解説

劣化対策等級とは、住宅性能表示制度による建物の「評価項目」のひとつ。建物の構造躯体の部分に用いられる木材のシロアリ対策や鉄筋の錆び対策など、住宅を長持ちさせるための対策の程度を、3段階の等級で評価する。
「等級1」は、建築基準法が定める対策が講じられている場合。「等級2」は、通常想定される自然条件および維持管理条件の下で2世代(50年~60年程度)まで長持ちするように対策が講じられている場合。さらに、3世代(75年~90年程度)まで長持ちするように対策が講じられている場合、「等級3」と評価される。

劣化対策等級(レッカタイサクトウキュウ)に関する物件ピックアップ

劣化対策等級(レッカタイサクトウキュウ)に関する記事ピックアップ

ページトップへ戻る