木質パネル工法

木質パネル工法(モクシツパネルコウホウ)の意味・解説

木質パネル工法の画像

木質パネル工法とは、住宅の床・壁などの構造体をパネルとして、工場で生産したものを現場にもちこんで組み立てるプレハブ工法の一種。
パネルは、格子組フレームにプレス合板を接着して製造される。構造原理としては「2×4工法」と同じである。また現在は、国内のハウスメーカーでも自社開発を行い、工場で生産したパネルを使用して住宅を建設するケースが増えている。
高気密・高断熱で耐震性に優れ、工場生産の利点を生かし短工期で住宅を建てることも可能だ。

木質パネル工法(モクシツパネルコウホウ)に関する物件ピックアップ

50音で探す

あ行 |  か行 |  さ行 |  た行 |  な行 |  は行 |  ま行 |  や行 |  ら行 |  わ行 | 
ページトップへ戻る