目通り直径

目通り直径(メドオリチョッケイ)の意味・解説

目通り直径とは、立木に人間が並んで立ったときに、人の目の位置に当たる樹幹の部分を「目通り位置」といい、その直径を「目通り直径」あるいは「目通り周」と呼んでいる。目通り直径や胸高直径、根元直径を比較することで、その樹木の大体の完満度(樹幹の根元から枝下までの細り具合)を推測することができるといわれている。

50音で探す

あ行 |  か行 |  さ行 |  た行 |  な行 |  は行 |  ま行 |  や行 |  ら行 |  わ行 | 
ページトップへ戻る