表題登記

表題登記(ヒョウダイトウキ)の意味・解説

表題登記とは、まだ登記されていない土地や建物について、新規で行う登記のこと。
建物の場合は、「新築」した建物には登記記録がないので、完成時にどのような建物であるか、誰が所有者であるか登記する。これを「建物表題登記」という。建物を新築したら、まず最初に行わなければならない登記で、建物の所在・地番・家屋番号・種類・構造・床面積、所有者の住所・氏名などを登録する。なお、申請義務があるのは建物表題登記だけだが、その建物の所有権を他人(第三者)に主張するためには所有権の保存登記をしなければならず、また、銀行から融資を受ける際には抵当権設定登記を行うが、これに先立ち保存登記をしておく必要があるため、表題登記と所有権保存登記はセットで行うのが一般的である。
また、土地の場合は、「土地表題登記」といい、海や河川を埋め立てて新たに土地ができた場合などに行う。
この表題登記はいずれも、建物や土地を取得した日から1カ月以内に行う必要がある。

表題登記(ヒョウダイトウキ)に関する記事ピックアップ

ページトップへ戻る