媒介契約

媒介契約(バイカイケイヤク)の意味・解説

媒介契約とは、不動産仲介会社など(宅地建物取引業事業者)に、土地や中古マンション、新築・中古の一戸建ての、売買や賃貸借などのなかだちを依頼する契約のことをいいます。

媒介契約に基づく仲介会社の主な業務は、「契約の相手の探索」「重要事項説明書の作成と重要事項の説明(買主の場合)」「契約書の作成」「引き渡しまでの業務の補助」の4つです。

契約の相手の探索は、売主の場合、売却物件の情報を不動産情報サイトや情報誌、折り込みチラシなどに掲載して、広く買主を探すことで、こういった売却活動の報告を定期的に行う旨が媒介契約書に明記されるのが一般的です。

一方、買主の場合、条件に合う売却物件情報の提供や物件見学の手配、物件の調査、重要事項説明などが業務となります。

このほか、物件の申し込みから引き渡しまでの間、売主と買主の間に入って、売買代金や手付金の額、引渡時期などについて、双方の意見を調整して合意に導くのも重要な仕事です。

仲介手数料の金額は「物件価格の3%+6万円+消費税」以下と定められていて、一般的に契約時と引渡時に半金ずつ支払うのが一般的です(契約が成立しない場合、仲介手数料を支払う必要はない)。なお、媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つがあります。

媒介契約(バイカイケイヤク)に関する物件ピックアップ

媒介契約(バイカイケイヤク)に関する記事ピックアップ

  • 媒介契約の3つの種類と各ホイント|SUUMO不動産売却
    ・査定>不動産売却編>売却依頼をする会社の選び方>媒介契約の3つの種類と各ホイント住活のやること・ダンドリをチェックしようSUUMO住活マニュアル賃貸部屋探し編マイホーム購入編注文住宅・土地探し編リフォーム編お金・制度編不動産・…
ページトップへ戻る