維持管理対策等級

維持管理対策等級(イジカンリタイサクトウキュウ)の意味・解説

維持管理対策等級とは、「住宅性能表示制度」の“配管の清掃や補修のしやすさ、更新対策(維持管理・更新への配慮)”という分野で評価される項目の一つです。

具体的には、給排水管やガス管の日常の維持管理をしやすくするための対策、排水管の更新工事を軽減するための対策を評価したものです。評価項目は、屋内(住戸内)の専用配管および共用配管(マンションのみ)の2種類があり、給排水管、給湯管、ガス管の維持管理をしやすくするため必要な対策の程度を、それぞれ等級1から3で表示しています。

例えば専用配管で、「清掃口及び点検口が設けられている等、維持管理を容易にすることに特に配慮した措置が講じられている」場合には、もっとも高い「等級3」が表示されます。

維持管理対策等級(イジカンリタイサクトウキュウ)に関する物件ピックアップ

維持管理対策等級(イジカンリタイサクトウキュウ)に関する記事ピックアップ

ページトップへ戻る