「ひとりで楽しむこと」を学べる街、西荻窪。小説家・角田光代が語る“小さな文化”の魅力

多くのクリエイターに愛される街、西荻窪。小説家・角田光代さんも、この街に魅了されたひとりです。1990年にデビュー後、直木賞を受賞した『対岸の彼女』、映画化でも話題になった『八日目の蝉』『紙の月』など数々の代表作を持つ角田さんは、西荻窪で暮ら…

静かに元気な西荻窪【銀座に住むのはまだ早い 第3回 杉並区】

家賃5万円弱のワンルームに住みつづけてうん十年。誰よりも「まち」を愛し、そこで生きるふつうの「ひと」たちを描く千葉在住の小説家、小野寺史宜さんがいちばん住みたいのは銀座。でも、今の家賃ではどうも住めそうにない。自分が現実的に住める街はどこな…

からっぽの独り身を救った西荻窪の探検

学生時代に住んでいた「西荻窪」に、結婚後再度住み始めた本人さん。しかし離婚の際、前妻から伝えられた一言は「西荻には住みたくなかった」ーー。独り身になり、改めて感じた西荻窪の魅力を綴ったエッセイです。

酒と銭湯と古本と。三浦展さんが西荻窪を離れられない理由

街に求めるものは、「古本屋」、「古道具店」、「銭湯」、そして「酒と美味しいご飯」だという社会デザイン研究者の三浦展さん。現在お住まいの「西荻窪」の魅力を伺いました。