わたしには程よいまち「滋賀県彦根市」

このまちで古本屋をしようと思ったのは、まちのことが漠然と好きだったからだ――。そう語るのは、彦根旧城下町で古本屋「半月舎」を営む御子柴泰子(みこしばやすこ)さん。御子柴さんが好きな彦根での暮らしについて、お気に入りの場所をたっぷり紹介いただ…

ただの銭湯好きだった僕だけど、滋賀県大津市の膳所にある小さな銭湯を引き継いで、猫と一緒に頑張っています【いろんな街で捕まえて食べる】

ライターの玉置標本さん(@hyouhon)が、いろんな街でさまざまな暮らし方をする人に会って、話を聞く連載「いろんな街で捕まえて食べる」。今回は、滋賀県大津市の膳所にある小さな銭湯を引き継いで、猫と一緒に頑張っている原俊樹さんにお話を伺いました。

自然の素晴らしさを教えてくれた琵琶湖畔で暮らす【滋賀県大津市】

滋賀県の何が素晴らしいかというと、滋賀県の「控えめな美しさ」にあると思っている--。そう語るのは翻訳家・エッセイストの村井 理子(@Riko_Murai)さん。村井さんが住む「滋賀県大津市」の魅力、村井さんの好きな滋賀の風景についてたっぷり綴っていた…

心地よさと湖のさざめく町【滋賀県大津市】

著: ごはんとアパート 郵便局へ手紙を出しに行くために、いつもの道を歩く。通りに立ち並ぶのは、ドラッグストア、歯科医院、ホームセンター、保育園、クリーニング店……。なんてことはない、ありふれた町の風景だ。けれども、そのどれもが人々の暮らしを支…

大阪でマイホームを買うはずだった僕が、滋賀県暮らしを楽しんでいるワケ

大阪でマイホーム購入を検討していたところ、結果的に滋賀県で一戸建てを購入し、移住したという、エッセイ漫画やイラストを描く吉本ユータヌキさん。想像以上に快適だった交通の便、移住後にできた縁、滋賀の美味しいもの、近江鉄道の魅力など、さまざまな…

私に「故郷」をくれた街、長浜

ここで生まれ育っていなくたって、今の私にとって長浜は「故郷」なのだと思った--。そう語るのは編集者・ライターの菊池百合子(@kikuchi410)さん。2年半近くを過ごした滋賀県の長浜市の魅力、思い出をたっぷり綴っていただきました。

宿場町だった滋賀県「草津」は今もやすらぎを与えてくれる【関西 私の好きな街】

取材・執筆: 吉村 智樹 関西に住み、住んでいる街のことが好きだという方々にその街の魅力を伺うインタビュー企画「関西 私の好きな街」をお届けします。 ◆◆◆ 31年にわたって草津市内でバーバーを営む理容師の蔵田潔さんに、この街の魅力をうかがった 住み…

家族が欲しくなる街 滋賀県野洲市

著: きょーちか 野洲から見るびわ湖 「滋賀県野洲市」 学生時代は埼玉にいた自分が、就職を機に住むことになったその地名を見たとき、「滋賀ってびわ湖以外に何かあるのか」、「野洲ってどこだ、なんて読むんだ」といった感想しかなかった(ちなみに野洲は…