地形と暗渠で読み解く谷中・根津・千駄木の本5冊【街を読む】

谷中・根津・千駄木という三つの地域は、昨今「谷根千」の愛称で多くの人に親しまれています。しかし、地形や土地の歴史まで深く知っている人はまだ少ないのではないでしょうか。そこで、ライターの三土たつおさんに「地形と暗渠」から谷根千を読み解くこと…

ライムスター・宇多丸さん「原風景は、誰もいないポツンとした後楽園」【東京っ子に聞け!】

ラッパーとして、『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ)のパーソナリティとして、八面六臂の活躍を続けるライムスターの宇多丸さん。その全方位的なカルチャーに対する造詣の深さは、どのような東京との交わりを通してつくりあげられたのでしょうか。幼…

ぼくは両さんになりたかった。 ★谷根千ラプソディーの巻

著者: 弁当丸 両さんになりたかった。小学生のときに友達に借りた「こち亀」の自由な世界に憧れた。駄菓子屋を巡ったり、学校にベーゴマやメンコを持ち込むくらいこち亀にはまっていた。なんなら、鉛を溶かしてベーゴマを自作すらしていた。その中心には、…

D坂の嘘【坂の記憶】

著: TUGBOAT 麻生哲朗 「都心に住む by SUUMO」で、2009年10月号~2018年1月号まで連載されたTUGBOAT・岡康道氏と麻生哲朗氏による東京の坂道をテーマにした短編小説「坂の記憶」をお届けします。 ◆◆◆ 周りの連中が就職活動に勤しみ始めた大学の後半、先輩…