デビュー20周年! 「花*花」こじまいづみの心を癒やした「京都・北山」【関西 私の好きな街】

取材・執筆: 吉村 智樹 関西に住み、住んでいる街のことが好きだという方々にその街の魅力を伺うインタビュー企画「関西 私の好きな街」をお届けします。◆◆◆「二十歳を過ぎて、『ひとり暮らしをしながら音楽をやりたい』って思ったときに選んだ場所が、京都…

京都で学生生活を送り、東京で就職した人間の身に起こること

著者: 夜衰 私は大学の学部入学から大学院(修士課程)修了まで、京都で過ごした。年で言うと2004年から2010年初頭までの話だ。いまのところ、人生の中で、もっとも長い期間住んでいた場所になる。だから京都について紹介しようと思うのだが、ここSUUMOタウ…

最近は“僕の京都”を壊しにかかっているんです――小説家・森見登美彦さん【ここから生み出す私たち】

『夜は短し歩けよ乙女』『有頂天家族』など京都を舞台にした作品で知られる、奈良出身の小説家・森見登美彦さん。大学時代を過ごした京都と、生まれ育った奈良郊外の街への思いを通して、「住むこと」と「書くこと」のかかわりについて伺いました。

二条に住んで、今日もヨーロッパに思いを馳せる。

著者: 上田誠 ヨーロッパ企画という劇団をやっていながら京都に住んでいる。 京都に生まれ、京都に育ち、京都の小中高大学に通い、始めたのがヨーロッパ企画である。 劇団名だけはエキゾチックだけれど、それは詐欺で、そこで作・演出をやっている男はヨー…

まゆげを描いたら鴨川へ。京都の「ひとりごはん天国」清水五条 【暮らす街を「食べる」で選ぶ。】

著: 山口祐加 毎日帰ってくる街だからこそ、おいしくて敷居の低いお店があるとうれしい。住んだことのある人ならではの視点で、普段着でひとりでもかろやかに通える街の名店をご紹介します。 ◆◆◆ 住む街を決めるときの条件は、立地や交通の便利さ・街の雰囲…

「おやつ」のように小さな幸せが見つかる京都の「桂」【関西 私の好きな街】

取材・執筆: 吉村 智樹 関西に住み、住んでいる街のことが好きだという方々にその街の魅力を伺うインタビュー企画「関西 私の好きな街」をお届けします。 ◆◆◆ 今回は、桂駅から徒歩圏内に雑貨店を営むトノイケミキさんに、この街の魅力をうかがった 居住者…

「住職として町とともに生きていく」京都・久御山町のお寺の後継ぎが町を愛するまでの話

著:稲田ズイキ 「アイドルと結婚したい」 本気でそう思っていた12歳の自分は、「住職としてこの町とともに生きていく」ことが、まさか現実になるとは思っていなかった。 でも、僕はあるきっかけで、この現実を正面から捉え、この町を愛そうと思えた。 今回…

いつだって出町柳の鴨川デルタに助けられている

著: ゆりりー 十八の春、大学進学のために初めて訪れた出町柳。京阪電車の京都側の終点であることは知っていたけれど、行ったことはなかった。期待感とすこしの不安を持って駅の薄暗い階段を上ってゆく。地上に出るとぱっと明るくなる。目の前には立派な橋…

普通のOLが京都駅周辺に住み続ける理由

著: にゃんこ 京都駅八条口 京都にある大学に通っていたけれど、京都自体に思い入れはなかった。 実家のある大阪は、特に仲良くしている友達もいないし、良い思い出もなく、京都より好きになれなかった。 これまでは親が育った大阪で私も育てられ、大学は家…

出戻り京都、あっという間に自分の街になってくれた「西院」

著: ふくもりみほ 突然ですが、最初に西院のめっちゃいいところ言ってもいいですか? 駅前に鳥貴族が2軒あるんですよ!しかも道路を挟んで向かい同士で。いや~いいでしょう。トリキが2軒ある駅前!写真をよーく見ると看板が写っています。京都なので黄色じ…

京都には世界の全てがあった

京都で過ごした日々はとても豊かで「文化的引き出し」をつくってくれたと記すphaさん。学生時代を京都で過ごしたphaさんならではの視点で、京都を語ります。

京都駅は観光都市京都の主要駅 古き良き街並みと近代的施設が共存するエリア

京都駅のアクセス 京都駅は、JR東海道本線をはじめとするJR在来線が4本と、東海道新幹線、近鉄京都駅、京都市営地下鉄の計7路線が乗り入れています。JR東海道本線の新快速で大阪駅まで30分弱、大阪駅からはJRが3本、私鉄が4本、地下鉄が3本と各方面へのアク…