2020-09-16から1日間の記事一覧

洗練と野暮がまざりあう汽水域・池上。30歳を過ぎて気づいた「いなたさ」について

著者: 山中康司 「次の休み時間、廊下にきて。話があるから」 高校生だったある日、隣のクラスのA子からメールで呼び出された。ピュアな男子高校生だった僕は、「告白」の二文字が頭に浮かんでソワソワした。だけどいかんせん、僕が好きなのはA子の親友なの…