2018-06-28から1日間の記事一覧

―本屋は世界に必要ないのか― 出版の街「神楽坂」で校閲として考えたこと

著:柳下恭平 バカじゃないのって僕は思った その日、2014年4月7日は月曜日で、僕はいつものように会社に行こうと神楽坂を歩いていた。 坂上の交差点から神楽坂を登れば、道はなだらかに伸びていて、六丁目の角でゆるやかに曲がっている。 毘沙門天の裏、そ…